カンクン旅行

バジャドリッドの情報まとめ。行き方、見所、治安、ホテルを紹介!

メキシコのバジャドリッド

カンクンから西(内陸)に160kmほど行ったところにある、ユカタン半島のValladolid(バジャドリッド、バジャドリド、バジャドリードなど読み方は色々)。

世界遺産の「チチェンイッツァ遺跡」へのアクセスも良く、最近話題の見所ピンクラグーンやセノーテ・イキルにも近いことで、ここに滞在する人も増えているんです。

メキシコのバジャドリッド
(↑)バジャドリッド中心地の教会

そんなバジャドリッド、意外と情報が少ない。特にガイドブックにはほとんど情報が載っていません。

というわけで、今回はこの街に実際に行きたい人に向けて、必要な情報をまとめました。これから行く人の参考になれば幸いです!

 

この記事は、お問い合わせいただいたこの質問に答える形で書かせていただいています^^(↓)

お問い合わせいただいた質問

「ピンクラグーンとチチェンイッツァ遺跡とセノーテは絶対行きたいんですが、カンクンに泊まると高くて…。
バジャドリッドに泊まりたいのですが、治安とアクセスについて調べても書いてある事がバラバラで…よかったら教えていただきたいです!」

カンクンからバジャドリッドへの行き方(バスで2時間)

バジャドリッドは、メキシコのユカタン半島にあります。

地図(Google Map)で見ると、ここにあります。(↓)

カンクンから西へ160m行った内陸部の都市で、おそらくほとんどの人はまずカンクンに行ってからバジャドリッドに行くことになります。(ユカタンの他の都市「メリダ」から行く場合もあります。)

カンクンで行く場合、バスで片道2時間です。

1日に何本も直行長距離バスが出ているので、それに乗ればOK!とても簡単です。

まずはカンクンのADOバスターミナルへ

バジャドリッドに行くバスは、カンクンの「ADOバスターミナル」から出ています。なので、まずはここを目指します。

カンクンのADOバスターミナルは、カンクンのダウンタウンにあります。

カンクン空港からそのままバジャドリッドに行きたい場合は、「空港→ADOバスターミナルへの行き方」の記事で、「カンクン空港→ADOバスターミナル」への行き方を紹介しているので、そちらを参考にどうぞ。

すでにカンクンにいる人は、ローカルバス(R1, R2)かタクシーに乗って、ADOバスターミナルを目指しましょう。(タクシーで行く場合、「ADO(アデオ)」と言えば通じます。)

ADO発のバジャドリッド行きバスのタイムテーブル

カンクンのADOターミナルから、バジャドリッド行きのバスは1時間に1本程度出ています。

バスの種類 値段 本数 所要時間
1等バス 192ペソ 1日:15本
1時間に1本
直行(1時間50分)
2等バス 138ペソ 1日:18本
1時間に1本
停車がある場合もある(2時間)

安全なのは1等バス

おすすめなのは、1等バス(ADO社のバス)です。

2等バスでは、ローカルの乗客も多く、たまにスリが出るのであまりおすすめしません。

2等バスと1等バスはたったの50ペソほど(300円)しか変わらないので、ぜひここでは安全をお金で買ってください。

1等バスの出発時間

  • 4:00
  • 8:15
  • 8:45
  • 9:30
  • 9:45
  • 10:45
  • 11:20
  • 12:30
  • 13:00
  • 14:00
  • 16:30
  • 17:30
  • 17:45
  • 20:00
  • 21:30

※値段やタイムスケジュールは、2019年5月時点の情報です。最新の情報はADOの公式サイト(スペイン語)からチェックすることができます。

当日バスチケットを買う場合

出発時間の30分前までにはADOバスターミナルに着いているようにしましょう。(夏休みやクリスマスなどのハイシーズンには、1時間前までには行きましょう。)

カウンターで直接チケットを購入することができます。(スペイン語オンリーですが、「バジャドリッド&人数」と言えればなんとか買えるはず!)

事前に予約したい人は、こちらの記事→「メキシコの長距離バスを予約する方法」を参考にどうぞ。(ハイシーズンでない限り基本的には不要ですが。)

バジャドリッドでの到着場所

カンクン発の1等バスは、バジャドリッドのバスターミナルに到着します。

地図で見るとここ。(↓)

バスターミナルはバジャドリッドの中心地にあるので、とっても便利!!

滞在するホテルも、この辺りから探すのが◎。

バジャドリッド周辺の見所まとめ

バジャドリッド自体、可愛いコロニアル調の街並みが美しい街です。

町歩きも楽しいですが、町自体小さいので一瞬で見終わります。笑 せっかくなので、町の中だけでなく周辺の見所を巡るのがおすすめです!

1. チチェンイッツァ遺跡(世界遺産)

チチェンイッツァ遺跡と朝日
チチェンイッツァ遺跡
【2019版】カンクンからチチェンイッツァ遺跡の行き方&ツアー情報まとめ2018年9月、カンクンからChichén Itzá(チチェンイッツァ)の遺跡に行ってきました。 カンクンを訪れる旅行者で「チチェ...
ピンクレイクとチチェンイッツァに行くならこのツアー一択。(体験談)今年の夏は、母とカンクンに滞在してきましたー! これで通算5回目のカンクンでは、今までに行ったことのないカンクンの見所にも行けて大...

(↑)遺跡内の見所もまとめてます。

2. セノーテ・イキル

セノーテイキル

セノーテイキルは、チチェンイッツァ遺跡の隣にあるので遺跡とセットで訪れることができます。行き方などについては、チチェンイッツァの記事を参考にどうぞ。

また、こちらの記事でもこのセノーテにツアーで寄った時のことを書いています。

3. ピンクラグーン

ピンクラグーン(カンクンの近く)2
ピンクラグーンの絶景を100%楽しむための5つのコツ(2019保存版) (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({ ...
なぜピンク?知っていたらより楽しめる、ピンクラグーンのマメ知識ピンクラグーンにあるのは絶景だけではありません。 実はこの辺、絶滅危惧種や「生きている化石」まみれの、天然博物館でもあるのです! ...
カンクン→ピンクラグーンの行き方(バス)&確実に帰れる方法!2019版メキシコのカンクンからアクセスできる絶景「ピンクラグーン(ピンクレイク)」。 カンクンに行ったら絶対に行きたいと考えている人もとて...

 

4. サムラ・セノーテ

サムラセノーテ(バジャドリッド)
セノーテイキル
【2019版】カンクンで絶対行くべきセノーテ5選&おすすめツアーまとめカンクンのあるユカタン半島には、どれくらいの数のセノーテが存在するかご存知ですか? なんと、確認できているだけで実に約4,000か...

(↑)サムラセノーテについても、この記事内で詳しく紹介しています。

5. セノーテ・スイトゥン

スイトゥン・セノーテ

最近、インスタグラマーの間で話題になっている秘境セノーテ。

サムラセノーテとよく似ていますが、こちらは中心に円盤のような人工舞台があります。太陽が真上から差し込むタイミングで写真を撮ると、とても幻想的な写真になります!

詳しくはこちらの記事で。(↓)

スイトゥン・セノーテ
セノーテ・スイトゥン(Cenote Suytun)への行き方最近、インスタを中心に話題になっているセノーテ「セノーテ・スイトゥン(Cenote Suytun)」。 まだ知られざる「秘境スポッ...

バジャドリッドの治安は大丈夫?(安全?危険?)

バジャドリッドを起点にユカタン半島の見所を巡る際、一番気になるのが「治安面」という人も多いのではないでしょうか。

しかし、安心してください。バジャドリッドは、メキシコ全体で見ても世界レベルで見ても、非常に安全な町だと言われています。

バジャドリッドは女性一人旅でも安全な町。

その証拠に、海外トラベルウェブサイト「SmarterTravel」のこちらの記事→The 13 Safest Places in Mexico for Travelersでは、バジャドリッドは「メキシコで最も安全な13の町」のうちの1つとして紹介されています。

また、別のこちらのブログでも、女性トラベラーによって以下のように紹介されています。

Valladolid is not a very big city and it is easy to get around on foot, to and from anywhere in the central area. I felt very safe walking the streets alone as a solo female traveler during the day and in the evening.

訳:バジャドリッドはそんなに大きな街ではなく、全ての場所に中心地から歩いていける規模。私は女性の一人旅だったけど、日中も日没後でも、散策中はとても安全に感じました。

わたしも、この人の意見に賛成派です。

とてものんびりした街なので、日中はもちろん夜でも遅くなりすぎなければ(人通りの多い道を歩いていれば)安全に過ごせます。(むしろ、カンクンのダウンタウンよりも安全な雰囲気でした。)

唯一の注意点

世界No.1のガイドブックである「LonelyPlanet(ロンリーポラネット)」の公式サイトには、バジャドリッドの治安について以下のように説明されていました。

While Valladolid is generally safe, there have been reports of theft or assault on the remote biking and walking routes to/from cenotes. Be cautious if you’re traveling alone.

ロンリープラネットのバジャドリッドについてのページ

訳:基本的にバジャドリッドは安全な町ですが、周辺のセノーテに向かう歩道・自転車道では、スリや窃盗の被害にあった報告もあります。もし一人で旅行するのであれば、気をつけてください。

つまり…セノーテに行く際は、必ずレンタカーかタクシー(=車)で向かうべき!

たまに、バジャドリッドの近くにあるセノーテまで、徒歩やレンタル自転車で行く人がいます。が、ここで書かれているように窃盗被害に会う可能性があるので、避けたほうが無難です。

というわけで、これ以外には事件はほとんど報告されていない(=バジャドリッドの町の中ではほぼ犯罪は起こらない)ので、町の中では安心して滞在できます。

おすすめのホテル&ホステル

バジャドリッドで滞在するのであれば、できるだけ便利な中心地のホテルやホステルを選ぶのがおすすめです。(治安面でも、人通りの多い中心地が安心。)

おすすめのホテル

おすすめのホステル

  • Hostel La Candelaria
    バジャドリッドで一番人気の、立地抜群で評価も高い格安ホステルです。ドミトリーであれば、一人1,500円程度。

 

まとめ

チチェンイッツァ遺跡3

以上、メキシコ・ユカタン半島の町バジャドリッドについてでした。

バジャドリッド周辺には、ピンクラグーン、セノーテ、チチェンイッツァ遺跡など、メキシコを代表する見所が豊富で起点としては最高の町なので、ぜひここに滞在して、ユカタン半島を満喫してください♪

今回紹介した情報が、これからバジャドリッドに行く人の役に立てば嬉しいです!!

メキシコで使えるクレジットカード(愛用中のおすすめ3つ)

こちらの記事もおすすめ