カンクン旅行

セノーテ・ドスオホスに行ってきた。【おすすめツアーや行き方を紹介】

セノーテドスオホスの情報まとめ

これまでに、何度か(合計5回)カンクンから「ドスオホス(Dos Ojos)」という透明度が最高なセノーテに行ってきました。

この記事では、カンクン周辺で最も美しいといわれるドスオホスについて、

  • ドスオホスの4つの魅力
  • おすすめの時間帯
  • ツアーや行き方

など、詳しく紹介していこうと思います!!

ドスオホスは、実はカンクンから日帰りで行けるセノーテの中では人気No.1

日本人の間では、ツアーの多い「グランセノーテ」のほうが有名ですが、ドスオホスもとても綺麗な一押しセノーテです!

(しかも外国人人気はNo.1です!)

セノーテ・ドスオホスの4つの魅力

カンクンにやってくる観光客が、競ってドスオホスを訪れる理由とは何でしょうか?

実際に行って感じた、「ドスオホスの魅力」をまとめました!!!

1.圧倒的な透明度


まず、ここの圧倒的な透明度。

ドスオホスのセノーテの水は、本当に透明で美しいです。

セノーテの水は、ユカタン半島の石灰質の地層が数千年かけて雨水をろ過し、不純物が限りなく取り除かれたことによって、ここまで透明な淡水泉になっています。

なんと透明度は100mを超えるといわれており、ここドスオホスでもその透明度を実感することができます。

2.綺麗な光のカーテンが見られる


ドスオホスは、最も美しい光のカーテンが見られるセノーテの一つ。

この光のカーテンが見たくてセノーテを訪れる人も多いと思いますが、実際に目にすると、写真よりもずっとずっと美しいです!


水面のうごきに合わせて揺らめき、まるで青いオーロラのよう。

午後よりも午前中の方が、角度的に日光が差し込みやすいので、光のカーテン狙いの人はなるべく訪れるようにしましょう!

朝なら、他の観光客も少ないので「貸切セノーテ」のような感じ。写真も撮りやすいです。

 

3.大規模な鍾乳洞も見られる


あまり知られていないのですが、ここドスオホスでは美しい鍾乳洞も楽しめます!

ダイビングをすれば水中の巨大鍾乳洞を数えきれないほど、シュノーケリングでも写真のような鍾乳洞の林を冒険できます。

ただし、鍾乳洞の先で頭を打たないように注意!めちゃ痛いです。。

4.広い!

セノーテ(ドスオホス)のシュノーケリング
あとは、ドスオホスは他のセノーテと比べて、圧倒的に広いです。

グランセノーテよりも広いし、セノーテも大きいセノーテが2つあるので、観光客でごった返すこともあまりないです。

狭いセノーテだと泳いでいてもすぐにぶつかってしまう&写真に他の人が入ってしまうので、広々楽しめるのは、大事!

 

ドスオホスの楽しみ方と、おすすめアクティビティ4つ

ドスオホスを100%楽しむために知っておきたい「楽しみ方」をまとめました。

1.ドスオホスでシュノーケリング


ドスオホスのセノーテでのアクティビティで一番おすすめなのは、お手軽なシュノーケリングです。

水はかなり冷たいですが、水中の景色に見とれているうちにあっという間に時間が過ぎます。

魚はあまりおらず、光のカーテンや水の透明感を楽しむためのシュノーケリングです。

持ち物について

シュノーケリングセットは、現地でも有料ですが安く貸し出されているので、わざわざ持っていく必要はありません。

ただ、もし自分のこだわりのシュノーケル機材があるなら、持参してもOK!

個人で行く場合は、入場料650ペソ(約4,000円)のガイド付きツアーがかなりお得です!

  1. 鍵付きロッカーの利用
  2. 防寒用のウェットスーツ
  3. シュノーケルセット(マスク・フィン・シュノーケルの3点セット)
  4. 「Bat Cave(コウモリの洞窟)」へのミニツアー

がすべて含まれています。(Bat Caveにはガイドツアーでしか訪れることができません。)

水温が低いので、30分以上セノーテで泳ぎたいのであれば、ウェットスーツの貸し出しを利用した方がいいです。

2.ドスオホスでダイビング


ドスオホスでのダイビングでは、シュノーケルとはまた違ったドスオホスの美しさを知ることができます。

実はドスオホスは奥の方でほかのセノーテの入り口とつながっていて、入り組んでいます。

光のカーテンを潜り抜けたら、巨大な鍾乳洞がぶらさがる真っ暗な洞窟をさまよい、また別の出口に到着したり、突然大きく開けたドーム型の空間に出てきたり。

ダイバーにとって忘れられない体験になります!

セノーテでのダイビングでは、ライセンスが必要。ある程度の経験がないと潜れません。(洞窟ダイビングは結構危ないので、ある程度のダイビング技術が必要なため。)

初心者や体験ダイビングはダイビングではなく、シュノーケルを楽しみましょう!

わたしも何度かドスオホスでダイビングしましたが、正直、「光のカーテン」を楽しみたいのであれば、シュノーケル&素潜りで十分だと思います!

それか、せっかく高いお金を払ってセノーテ・ダイビングするならドスオホスではなく「ダイバー限定のセノーテ」をリクエストした方が良さそう。

 

3.ドスオホスの洞窟探検


ガイドが必要ですが、ドスオホスでは洞窟探検もできます。(シュノーケルでOK!)

「Bat Cave(コウモリの洞窟)」という、その名の通りコウモリがたくさんいる鍾乳洞の洞窟まで案内してくれるのですが、ここがかなり圧巻。

他では体験できないような水中洞窟での冒険を楽しむことができます!


↑ふと天井を見上げると、コウモリたちがぶら下がっていました。ネズミのような毛皮にくるまれています。

4.幻想的なセノーテで記念写真の撮影

やっぱり、セノーテに来るなら写真撮影は欠かせません!

ドスオホスはセノーテの範囲が広いので、あまり観光客のいない朝であれば広い空間を独り占めして、とっても素敵な写真が撮れます。

早朝には、白いドレスで水中撮影しているカップルもいてとても素敵でした。

セノーテの中は、普通の水中(ビーチなど)よりもずっと暗いので、暗所でも撮影に強いカメラがおすすめです。

私がセノーテで使っていたカメラは、オリンパスのTGシリーズです。(↓)

OLYMPUS Tough TG-5
暗いところに強いので、綺麗な写真が撮れます!

あとは、GoProとかでも綺麗に撮れそうですね。

自分の好きな水中カメラを使ってください♪

 

ドスオホスに行くのにおすすめな時間帯(綺麗に見えるのは朝)

カンクンのセノーテ(水中写真)4

ドスオホスに行くなら、晴れた日の朝がベストです!!

濁りにくいので「早朝」じゃなくても楽しめる

ただ、グランセノーテのように「オープンと同時に入らないと濁って見えなくなる」ということはありません。

実はドスオホスは、グランセノーテよりも濁りにくいので、めちゃくちゃ頑張って早朝に行かなくても楽しめます。

100%楽しみたいなら、光が多い午前中が◎

ただ、ドスオホスの美しさを存分に楽しみたいのなら早めに来た方がいいです。

「ドスオホスはお昼がおすすめ」という情報もありますが、正直なんでだろう?という感じ…。わたし的には午前中がおすすめです。

午前中の方が、差し込む光が多い

わたしが行った時は、8時〜12時くらいまで滞在していましたが、朝の方が明らかにたくさん光が差し込んでいました。

帰る直前の12時ごろには、差し込む光の量がかなり減っていました。(太陽の位置が移動するため)

午後になると、光はほとんど差し込まなくなると思います。綺麗な光のカーテンが見たいなら、やっぱり午前中に行くべきです。

透明度は昼でも綺麗なまま

「午前中に行かないと濁ってしまってカーテンが見えない」という話を聞いていましたが、「カーテンが見えない」のは、太陽の位置の問題じゃないかなと思います。

実際は、透明度はあまり悪化せず、ずっと綺麗でした。水が深いので、観光客がたくさんきても水底の砂が舞い上がらないんだと思います。

「早起きしたくないけど、透明なセノーテを見たい!」

という人は、グランセノーテじゃなくドスオホスがおすすめです!

ドスオホスの入場料、営業時間

ドスオホスのエントランスは道に面しているので、エントランスまで行き入場料を払って入ります。

ドスオホスについて

  • 営業時間:毎日8:00~17:00
  • 入場料:(エリア内に2つセノーテがある)
    ・1つだけ:250ペソ(1500円)
    ・2つとも:350ペソ(2100円)
    ・ガイド&レンタル付きツアー:600ペソ(3600円)←おすすめ。

さらに詳しい情報は以下の記事で。

セノーテでダイビング(CC BY-SA 4.0)photo by Ggerdel
【2019版】カンクンの5大セノーテの入場料&営業時間まとめ。今の記事では、セノーテの基本情報(入場料・営業時間・設備・注意点など)を紹介します。情報は、2018年10月時点(最新版)のものです。 ...

 

 

ドスオホスに行ける、一番おすすめなツアー

実は、「グランセノーテ」に行けるツアーはたくさんあるのですが、ドスオホスに行けるツアーはとても少ないんです。

数少ないドスオホス行きツアーの中で、現在一番おすすめなのがこれ。(↓)

ツアーの行き先 ・グランセノーテ(シュノーケリングOK)
カンクンのセノーテ
・ドスオホス(シュノーケリングOK)
カンクンのセノーテ8
・プラヤデルカルメン(ビーチ沿いの繁華街を散策)
プラヤデルカルメン
出発地 カンクン
送迎
宿泊しているホテルまで迎えにきて、帰りも送ってくれる
レンタル シュノーケル器材&ウェットスーツレンタル無料
日本語ガイド
必ず一緒にきてくれる
ランチ 含まれている
メモ 水中写真を無料でプレゼントしてもらえる!

このツアーでは、有名な「グランセノーテ」にも行けるので、

  • 「カンクンではセノーテをがっつり楽しみたい!!」
  • 「ずっと、セノーテに行くのが夢だった!」

という人には特におすすめ。しかもちゃんと、「①濁りやすいグランセノーテ→②濁りにくいドスオホス」という順番で巡ってくれます。

「プラヤデルカルメン」は、買い物が楽しい賑やかな繁華街ですし、かなり充実のセノーテ巡りツアーです。

水中カメラを持参しなくても、ガイドさんが水中カメラで写真を撮ってくれるのも嬉しい!

わたしが知る中では、一番コスパの良いドスオホス・ツアーです。

ツアーの値段を見る icon

 

 

カンクンからドスオホスへ「自力での行き方」2つ

カンクンからドスオホスまでは、自力でもいけます。

ドスオホスの場所

ドスオホスは、プラヤデルカルメンという街とトゥルムという町の間にあります。どちらかというとトゥルム寄りですね。

どちらのセノーテもカンクンから100㎞以上離れたところにあり、直行のバスはないので、バスやタクシーを乗り継いで向かうことになります。

まずはカンクンダウンタウンの「ADOバスターミナル」へ

ADOのバスターミナルは、カンクンのダウンタウンの中心地にあります。

どの行き方でも、まずはここに行くところから始まります。

ホテルゾーンからADOバスターミナルまで行く場合、少し面倒ですがタクシーか「R1」のバスに乗っていきます。

【ホテルゾーン⇔ADOバスターミナル】

タクシーの場合

  • 値段:200~250ペソ/台
  • 所要時間:15~25分
  • 乗り方:ホテルマンに頼んで呼んでもらうか、ホテル前の道で捕まえる(事前に値段を確認・交渉する)

バスの場合

  • 値段:12ペソ/人
  • 所要時間:20~30分
  • 乗り方:ホテル前の通りで、ダウンタウン方面のR1かR2バスを捕まえる。
    運転手さんに「Quiero ir al terminal de ADO(キエロ・イル・ア・テルミナル・デ・アデオ)」と伝えれば、着くときに教えてくれます。

バスに乗るなら、詳しくはこちらの記事で(↓)

カンクンのバスの乗り方と、バスで行けるスポットまとめ
カンクンホテルゾーンのバスの乗り方。路線図や行ける見所も!【2019最新】カンクンのバスの乗り方を徹底紹介。 路線図や「ダウンタウン↔︎ホテルゾーンの移動方法」も、わかりやすく解説します。 バスの乗...

 

行き方その1:ADOバス+タクシーで行く方法(安全)

一番安全に行きたいなら、この方法がおすすめ。

流れとしては、こんな感じ。

  1. カンクン→トゥルム(街)2時間
  2. トゥルム→セノーテドスオホス 20分
  • ADOバス往復:約550〜600ペソ(約3,300〜3,600円)/人
  • タクシー往復:一台400ペソ(約2,400円)
  • 所要時間:片道 約2.5時間(往復5時間)

①カンクン→トゥルム(街)

カンクンのADOバスターミナルから、トゥルム行きのバスに乗ります。

カンクン発トゥルム行きのバス情報は以下の通り。(2019年9月時点)

タイムテーブル

5:30 6:00 7:10 7:30 7:50 8:00 8:45 9:30 9:45 10:30 11:00 13:15 14:30 15:45 16:35 16:45 17:30 16:45 18:00 18:30 19:45 20:10 20:50 21:30 22:15

参考:Horarios de Autobuses en Cancun(2019年9月8日確認)

値段

181~274ペソ/人(出発時間による)

所要時間

2時間~2時間30分

②トゥルム→セノーテドスオホス

ドスオホスは、トゥルムの街のちょっと手前にあるので、トゥルム・バスターミナルからタクシーかコレクティーボに乗って行きます。

  • タクシーの場合
    「セノーテ・ドスオホス」と頼みます。乗る前に値段を聞いておきましょう。200ペソくらいだと思います。
  • コレクティーボの場合
    プラヤデルカルメン行きに乗ります。ただ、すぐ降りるのにプラヤデルカルメンまでの料金(45ペソ/人)を払わなきゃいけないので、人数が多いならタクシーの方が楽

 

行き方その2:コレクティーボで行く方法(早くて一番安い)

  1. カンクン→プラヤデルカルメン(街)1時間
  2. プラヤデルカルメン→セノーテドスオホス 40〜50分
  • コレクティーボ往復の交通費:約150ペソ(約900円)/人
  • 所要時間:片道 約2時間(往復4時間)

①カンクン→プラヤデルカルメン(街)

カンクンからプラヤデルカルメンまでは、庶民の足である「Colectivo(コレクティーボ)」という、ハイエースのような大型バンが毎日たくさん出ています。

カンクンのダウンタウンにあるADOバスターミナル前の駐車場から乗れて、バスより安いです。

カンクン⇔プラヤデルカルメンのコレクティーボ情報

  • 料金:38ペソ(2018年11月時点)
  • 所要時間:1時間
  • 乗り場:ADOバスターミナルの建物の前の駐車場から発着。(地図参考)いつも人が並んでいます。

乗り込む前に、運転手や他のお客さんに

A Playa del carmen?(プラヤデルカルメン行き?)

と一応確認しておきましょう。

コレクティーボは、プラヤデルカルメンの町の中心地近く(地図参考)に到着します。

 

② プラヤデルカルメン→セノーテ・ドスオホス

プラヤデルカルメンに到着したら、そこから「トゥルム行きのコレクティーボ」に乗り換えます。

トゥルム行きのコレクティーボはすぐ近くの乗り場から出ているので、到着したらコレクティーボ乗り場の人に

Donde esta el colectivo a Tulum?(トゥルム行きのコレクティーボはどこですか?

と聞くと、案内してくれます。

プラヤデルカルメン⇔トゥルムのコレクティーボ情報

  • 料金:45ペソ(2018年11月時点)
  • 所要時間:1時間
  • 乗り場:カンクンから来たコレクティーボの降り場の近く

セノーテドスオホスはトゥルムに到着する直前の通り道にあるので、ドライバーに言って途中下車します。

トゥルム行きのコレクティーボが出発する前に、運転手さんに「Quiero ir a Dos Ojos(ドスオホスに行きたい)」と伝えましょう!

ドスオホスの目の前の道で、途中下車させてくれます。(エントランスへの道は、大通りに面しています。)

ほとんどの運転手さんは、ちゃんと覚えていて前で止まってくれますが、もし不安な場合は、Maps.MeなどのGPSマップで現在地を確認しながら行きましょう。

プラヤデルカルメンからトゥルムまでは1時間の距離なので、プラヤデルカルメンを出発してから40~50分くらいでドスオホス前に到着するはずです。

ドスオホスからカンクンへの帰り方

ADOバスで帰る場合

ドスオホスの入り口でタクシーが客待ちしているので、トゥルムのバスターミナルまで送ってもらいます。(だいたい1台約200ペソ)

そこから、行きと同じようにバスでトゥルム→プラヤデルカルメン→カンクンと帰ります。

コレクティーボで帰る場合

行きで下されたドスオホス前の道の反対車線(プラヤデルカルメン方面)で待っていると、プラヤデルカルメンに行くコレクティーボが通りかかります。

見つけたら、手を挙げて止まってもらいましょう。席が空いていれば、止まって乗せてくれます。

プラヤデルカルメン行きのコレクティーボは多いので、最長でも10分くらい待てばつかまります。

わたしがドスオホスに行くときは、いつも5分くらいでつかまえれてます。

プラヤデルカルメンに到着したら、またカンクン行きのコレクティーボに乗り換えて、カンクンのADOバスターミナル前に到着です。

まだ元気のある人は、帰りに乗り換えの「プラヤデルカルメン」の街を散策してみてもいいかも。

夕方以降は繁華街が賑やかで、美味しいタコス屋やレストラン、カンクンより安いお土産屋も多いです。

 

自力で「セノーテ・ドスオホス」に行く時の注意点

コレクティーボに乗る時の注意点

  1. 観光客向けではなく庶民が利用します。持ち物の管理に注意。
  2. 濡れた状態では乗車できません。
    ちゃんと着替えを持っていこう(セノーテに着替える場所あります)

コレクティーボの中では、身の回りのものをしっかり管理しましょう。

わたしは、セノーテで遊び疲れて帰りのコレクティーボの中で寝ていたら、カメラを盗まれました( ノД`)。

寝てた自分が悪いのですが…。その時セノーテで撮った写真が全滅してしまい、とても悲しかったです…。

水の中で遊ぶのは想像以上に疲れるので、特に帰りは注意が必要です。

これを読んでいる人は、わたしのように帰り爆睡しないように!!不安な人はADOバス使いましょう。

 

 

まとめ

絶景セノーテでシュノーケリング

以上、セノーテ・ドスオホスに行った時の体験から学んだこと、行き方やツアーのまとめでした。

ドスオホスは、ユカタン半島に数千あるセノーテの中でも屈指の透明度を誇る本当に美しいセノーテです。

カンクンからは自力で行くと「往復4時間+乗り換えあり」と少しハードル高めの道のりですが、時間のある人はぜひ行ってみてください✨

今回紹介した情報が、これからドスオホスに行く人の役に立てば嬉しいです!!

カンクンには、セノーテ以外にもたくさんの見所があります。

こちらもチェック。↓

カンクン観光におすすめな見所ランキング
カンクン観光で、本当におすすめな見所+穴場15選。(2019版マップ)メキシコのリゾート地「カンクン」には、美しいビーチに加え、たくさんの観光地や絶景スポット、アクティビティがあります! 細かく回ると...
【2019年10月】カンクンのキャンペーン情報

メキシコ用レンタルWi-Fiの、特別キャンペーン情報!(10月限定)

ここから予約で半額割引&クーポン適用されます。(2019年10月限定のクーポンです)

・6日間…2,790円〜
・8日間…3,290円〜
・10日間…4,450円〜

コレ、本当にお得なので、今年の秋〜冬にメキシコに行く人は要チェックです。

10月までの予約で割引価格になります