カンクン旅行

カンクンのおすすめセノーテ26選。【人気Top5〜穴場まで紹介!】

おすすめセノーテ(カンクン周辺)まとめ

メキシコ・カンクンのあるユカタン半島には、なんと約4,000か所以上ものセノーテが存在します。

観光客が訪れることのできるセノーテは一握りなので、初めてわたしがカンクンに行った時は、「行けるセノーテは全制覇するぞ!!」と息巻いていたのですが、行ける範囲内でも「一生かけても制覇できるものではない」と悟り、諦めました…。

それくらい、セノーテまみれのユカタン半島。

タクベハセノーテ

今回は、色々なセノーテを自分で巡ってきた経験から、その中でもおすすめ&個性的なセノーテを23か所を紹介します!!

これから、カンクンに遊びに行く人・セノーテについて知りたい人の役に立てば嬉しいです!

シュノーケルにおすすめな人気&有名セノーテ5選

カンクン周辺から行ける、有名&定番の5ヶ所のセノーテを紹介します!!

1. グランセノーテ

by dronepicr CC BY 2.0

日本人に一番人気&有名なセノーテと言えば、ここ「グランセノーテ」!

日本のメディアでも何度も取りあげられているので、日本人の間では一番有名なセノーテでもあります。

透明度100mを越す限りなく不純物の少ない淡水と、そこに差し込む太陽の光が、とても幻想的な空間を作りあげます。

入場料 180ペソ
営業時間 8:00〜16:45
行き方 こちらの記事で紹介してます
おすすめツアー 早朝グランセノーテのシュノーケリングツアーicon

 

2. セノーテ・ドスオホス


セノーテドスオホスは、カンクン周辺で一番大きく、かつ一番美しいセノーテです!!

セノーテの敷地が広い(グランセノーテの約4倍)ので水が濁りにくく、綺麗な青のカーテンを楽しめます。日本人以外の観光客にとっては、セノーテといえばココが一番有名です。

鍾乳洞や洞窟も楽しめて、見所いっぱいです。洞窟ダイビングもできますが、どっちもやってみたら「青いカーテン狙いなら、シュノーケルで十分かも」と思いました。洞窟ダイブが好きならダイビングもおすすめです!

入場料 350ペソ
※カンクン周辺では、入場料が一番高いセノーテです。
営業時間 8:00~17:00
行き方 こちらの記事で紹介してます
おすすめツアー ドスオホス&グランセノーテ&プラヤデルカルメン散策ツアー

 

3. セノーテ・イキル

セノーテイキルは「メキシコで最も美しいセノーテ」としても有名な、珍しい井戸型のセノーテ。ユカタン半島を代表する絶景スポットです。

ジャングルの真ん中にぽっかりと空いた巨大な穴の下に地下水が湧き出ていて、天井の穴からはジャングルの木々の根が垂れ、そこからポタポタと水が流れ落ちています。太陽の光が洞窟の中を照らすと、水面模様がキラキラと反射して、とても幻想的な雰囲気です。

グランセノーテやドスオホスのように「水の透明度」はあまりないのですが、それよりも地形を楽しむためのセノーテです。(→透明な水のセノーテが見たい!という場合にはグランセノーテやドスオホスに行きましょう。)

このセノーテを目の前にすると、ユカタンの自然の壮大さについため息が漏れます!

入場料 80ペソ
営業時間 8:00~17:00
行き方 こちらの記事で紹介してます
おすすめツアー 3ヶ所セットツアー(ピンクレイク+チチェンイッツァ遺跡+セノーテイキル)icon
※ツアーによっては穴の下まで降りられず上から写真を撮るだけ、というパターンもあるので、必ず「下まで降りられるツアー」に参加しましょう!下から見た景色が圧巻なので^^

 

4. セノーテ スイトゥン

スイトゥン・セノーテ
「セノーテ・スイトゥン」は、天井に空いた穴から落ちる光がスポットライトに照らされたステージを生み出す、幻想的なセノーテです!

みやぞんさんが2019年6月の『イッテQ!』番組内でここで一曲歌っていたこともあり、日本でも有名になりました。(なぜかハリーポッターファンの間では「映画に出るシーンに似てる!」と話題になっているそうです。)

ツアーはまだ少ないですが、遺跡と合わせて訪れるツアーが出ています。

入場料 80ペソ
営業時間 9:00~17:00
行き方 こちらの記事で紹介してます
おすすめツアー チチェン・イッツァ遺跡+セノーテイキル+セノーテスイトゥンを巡るツアー

 

5. セノーテ サムラ

お昼頃の光が差し込むサムラセノーテ

セノーテサムラは、最近旅人たちの間で人気の高まってきている秘境セノーテの一つ。地下空間に広がるセノーテの泉に天井から一筋の光が差し込む、とても幻想的で美しいセノーテです。


ディズニーピクサー映画『リメンバーミー』でも、ここにそっくりな場所が出てくるシーンがあり、話題になりました!

ほかの多くのセノーテは「早朝がベストタイム」なのに対して、セノーテ スイトゥンやサムラでは、天井の小さな穴からしっかり太陽が入る10:00~15:00ごろが一番美しいです。

セノーテサムラのエリア内には、「Cenote Xkeken」というもう一つのセノーテがあり、そちらでは、巨大な鍾乳洞を楽しめます。

入場料 120ペソ
(2つのセノーテに行ける)
営業時間 8:00~19:00
行き方 こちらの記事で紹介してます
おすすめツアー ツアーはまだないので、自力で行こう!

 

テーマパーク内のセノーテ2選

次は、テーマパーク内にある美しいセノーテを紹介します!

テーマパークは、入場料が高めなのでハードルも高いですが、他のセノーテと比べて安全にとても配慮されているので、子連れには安心です!

1. リオセクレト

リオセクレト
鳥肌が立つほど素晴らしい、鍾乳洞の泉(セノーテ)を探検できるテーマパークです!

セノーテをそのままテーマパークにしたので、普通のセノーテに行くよりかなりお高めですが、お値段以上の価値あり!カンクン周辺でもっとも美しい地下洞窟を楽しめます。

入場料 79ドル〜
さらに詳しく 記事執筆中

 

2. シカレ

シカレのアンダーグラウンドリバー (1)
シカレは、カンクン周辺で一番人気の自然系テーマパーク。ファミリーにもおすすめです。

アンダーグラウンドリバー」と呼ばれるエリアは、天然の水路で、洞窟のようなセノーテエリアや、海に繋がっています。

マヤの村(再現したもの)や豪華なナイトショーなどもあり1日中楽しめます。

入場料 99ドル〜
さらに詳しく こちらの記事で紹介してます

 

ダイビングにおすすめなセノーテ9選

ダイバーにおすすめのセノーテを7つ紹介します!

それぞれ個性があり、楽しめる水中世界も違うので、時間が許す限りいろんなセノーテで潜ってみてください^^

1. チャックモール

チャックモール・セノーテでダイビング2

チャックモール(Chacmool)には、エントリーポイントが「ククルカン」と「チャックモール」の2ヶ所あり、それぞれ個性的なセノーテを楽しめます。

しかし、チャックモールは数年前から「写真撮影禁止」になってしまったので、カメラ派のダイバーは物足りないかも。

レベル 初心者〜
場所 プラヤデルカルメンから約30分(地図)
おすすめの時期 秋〜初春

 

2. チキンハ

セノーテ・チキンハのダイビング1

チキンハ(Chikin Ha)は、エントリーの近くにできる光のカーテンがとても美しい巨大なセノーテです。

地形や光のカーテンがチャックモールに似ていて、観光客が少ないのでのんびりと「セノーテ貸切ダイビング」のように楽しむことができます!

そして、ここには「Cenote Rainbow(セノーテ・レインボー)」というポイントがあり、水中から地上を見上げた時に、光の入り口がまるで虹のように七色の光に輝くんです!本当に虹色で、感動的でした。

レベル だれでも
場所 プラヤデルカルメンから約30分(地図
おすすめの時期 いつでも

 

3. エデン

セノーテ・ハルディン・デル・エデンでのダイビング1

ハルディン・デル・エデン(楽園の庭)とも呼ばれるこのセノーテ、その名前に恥じない美しさで、シュノーケルもOKのセノーテです!

ここの目玉は、巨大な水中空間に広がる鏡張りの光の巨大カーテン。光のカーテンマニア(?)ならぜひ行って欲しいポイントで、わたしも大好きなセノーテです!!

淡水と海水のまざる「ハロックライン」というポイントもあり、シロップを入れた紅茶のようにモヤモヤしていて入ってみると何も見えなくなります!ちょっと怖いけど面白い体験です。

レベル だれでも
場所 プラヤデルカルメンから約30分(地図
チキンハの近く
おすすめの時期 いつでも

 

4. タージマハ

タージマハのセノーテダイビング

タージマハ(Tajma Ha)は、緑の光、黄色の光、青の光と、カラフルな光のカーテンを楽しめる見所いっぱいのセノーテです。

水の中にはジャングルの木々の根が張り巡らされ、地上を見上げると森が目の前にあるように広がります。自然の中にいる〜!と感じれられるスポットです。

夏の晴れた日には、レーザービームのような不思議な光が差し込む場所も!

レベル だれでも
場所 プラヤデルカルメンから約30分(地図
おすすめの時期 夏・晴れている日

 

5. アンヘリータ

セノーテ アンヘリータ

アンヘリータ(Angelita)は、不思議な光景が見られるセノーテとして有名。水深30m付近に「硫化水素の層」があり、まるで雲のように見えるんです。(中に飛び込むと、人が消える!)

人体に影響はないのですが、視界が悪い場所があるので中級者向けでアドバンスのライセンスが必要です。光のカーテンよりも、この「雲の上の世界のような景色」を楽しむのに適したセノーテです!

レベル 中級者以上
場所 トゥルムから15分(地図
おすすめの時期 いつでも

 

6. ピット

 

この投稿をInstagramで見る

 

Luxury Retreatsさん(@luxuryretreats)がシェアした投稿

「ピット(El Pit)」は、中級者以上向けのダイビングスポット。何よりもの見所は、巨大な水中空間(Pit)。

水中が広い&深く長〜い光がさすので、光のカーテンがとてもきれいに見えるポイントです。

レベル 中級者以上
場所 プラヤデルカルメンから1時間ほど(地図
おすすめの時期 春~秋始め

 

7. カラベラ

セノーテカラベラの入り口

カラベラ(Calavera=スペイン語で「骸骨」)は、その名の通り水面から見上げると骸骨のようにみえる天井のある洞窟型セノーテ。

シュノーケルもOKで、小さな10mの穴の中に飛び込んでエントリーするというユニークなポイントとして大人気です。(ダイバー以外でも飛び込みOK!)

トゥルムの街から近いので、タクシーを使って自力で行ってみるのもいいかも。

レベル だれでも
場所 トゥルムから5〜10分(地図
おすすめの時期 いつでも

 

8. ドリームゲート

セノーテ・ドリームゲート

「ドリームゲート(=夢の入り口)」は、まるで幻想世界の入り口のように不思議な水中世界が見られるセノーテ。

鍾乳石の素晴らしいセノーテで、その鍾乳洞がダイバーのエアーによってできた水面で鏡張りになって、見たこともないような絶景が広がります!

レベル だれでも
場所 プラヤデルカルメンから50分・トゥルムから25分(地図
おすすめの時期 いつでも

 

9. サポテ(ヘルズ・ベルズ)

セノーテサポテ(ヘルズベルズ)

サポテ(Zapote)の目玉は、水深30mあたりに広がる「ベル型の鍾乳石」!ベルまみれなので、通称「ヘルズ・ベルズ(Hells Bells)」と呼ばれています。

この形になったのは、特殊な細菌の影響と考えられています。この「ベルまみれの天井」はここでしか見られない景色で、わたしのダイビングの先輩にも「ケイブ好きのダイバーなら、ここは絶対行くべき!!」とめちゃおすすめされました。

レベル だれでも
場所 プラヤデルカルメンから約1時間(地図
おすすめの時期 いつでも

 

秘境マニア向け・穴場セノーテ8選

ここからは、秘境のセノーテや、日本人にはあまり知られていない穴場のセノーテを紹介します!

ここから紹介するセノーテは「ツアー」はないので、自力で行くことになります。

1. セノーテ カーウォッシュ

セノーテ・カーウォッシュ2
セノーテカーウォッシュ(Cenote Car Wash)はアクトゥンハ(Aktun Ha)とも呼ばれる、水中に花が咲いているというメルヘンなセノーテスポット!

運がいいとワニにも出会えるセノーテで、ダイビングスポットとしても知られていますが、シュノーケルや素潜りでも楽しめます。

そして、実はここ、「セノーテ・ウェディングフォト」で使われるスポットでもあるんです!カップルが、水中の花畑にいるような素敵な写真が撮れます。

場所 トゥルムからタクシーで10分(地図
入場料 120ペソ

 

2. セノーテ カラコル

カンクンのセノーテ(洞窟)
鍾乳洞探検が楽しいセノーテ。

ウッドデッキの階段を降りて道を進むと、大規模な鍾乳洞と泳げる場所があります!地下ジャングルのようなスポットもあり、見所いっぱいです^^

場所 プラヤデルカルメンから1時間・トゥルムから30分(地図
入場料 100ペソ

 

3. タクビハ セノーテ

セノーテ・タクベハ

タクビハ(Taak Bi Ha)は、あまり知られていないけど地下水が美しい秘境的なセノーテ

セノーテカラコルのさらに奥にあり、人も少ないのでのんびり過ごせます!

場所 プラヤデルカルメンから1時間・トゥルムから30分(地図)
入場料 50ペソ

 

4. セノーテ サクアクトゥン

セノーテサクアクトゥン

Sac Actúnカンクン周辺のセノーテを15ヶ所以上巡った旅友達が、「一番好きだった!!」と絶賛していたケイブ・セノーテ。

美しい鍾乳洞と、透明度の高い泉が見所です。

1つ上で紹介したタクビハ・セノーテの近くで、美しい鍾乳洞が立ち並び、その中をシュノーケリングできます。ここでは、ガイド付きツアーで巡ることになります。

場所 プラヤデルカルメンから1時間・トゥルムから30分(地図
入場料 350ペソ(ガイド込み)

 

5. セノーテ カサ トルトゥーガ

カサトルトゥーガ・セノーテ

「とにかく水場で遊びたい!」とういう子供連れにおすすめなのが、カサ・トルトゥーガ。

岩壁に囲まれたプールのようなエリアや、シカレの水路のようなエリア、地下洞窟など、いろんな地形のセノーテで遊べます!天然プールにはジップラインもあるので、思いっきり遊べます!

宿泊施設も近くにあり、ローカルや観光客など家族連れの憩いの場です。

場所 プラヤデルカルメンから車で40分(地図
入場料 80ペソ

 

6. セノーテ サチルハ

セノーテ サチルハ
サチルハ(Zacil-Ha)は、ジャングルの中のリゾートエリアにある、円形のセノーテ。小さくても水の透明度は◎です。

近くにはプールや宿泊設備もあり、アットホームな雰囲気のセノーテです。小さい子連れのファミリーに特におすすめ。

セノーテカーウォッシュのすぐお隣にあります。

場所 トゥルムからタクシーで10分(地図

 

7. セノーテ・サグラド

セノーテ・サグラド(=聖なるセノーテという意味)は、マヤ文明の歴史を語る文化的にとても重要なセノーテです。

巨大なカルテラ湖のような円形の穴に濁った緑色の水がたまっていて、かつてマヤの時代に実際に生贄を投げ入れる儀式が行われていました。(ドラえもん映画『のび太の太陽王伝説』にも、生贄の場所として登場!)マヤ研究や考古学上においても重要なセノーテで、ここからは、数十体もの戦士の遺体(生贄)や、大量の装飾品・宝石類が見つかっています。

泳ぐことはできず、上から「実際にマヤの時代に使われていたんだ」と思いながら眺める、文化的な見所です。

ここに来るには、チチェンイッツァ遺跡のツアーに参加するのがおすすめ。遺跡エリアの中にあり、遺跡群を抜けてジャングルを北方向に進む一本道(約1km)の先に現れます。

場所 チチェンイッツァ遺跡の敷地内、中心地から北に1km(地図
入場料 無料(チチェンイッツァ遺跡のチケットが必要)

 

8. セノーテ・サシ

セノーテサシ

サシ(Zaci)は、バヤドリ(Valladolid)の街の真ん中に突然現れる、巨大セノーテ!

ローカルにも旅行者にも愛されている井戸型セノーテで、飛び込んだり泳いだり、好きに楽しむことができます。透明度はそこそこですが、リフレッシュには最高です。

場所 バヤドリ中心地から歩いて3分(地図
入場料 30ペソ

 

わたし的に、特におすすめなセノーテ8ヶ所

個人的におすすめ&好みのところをまとめてみました。

セノーテの好みは完全に人ぞれぞれですが、わたしは

  • 観光客が多すぎない
  • 何か特別な見所がある

…というセノーテが好きでした。

シュノーケルにおすすめなスポット

  1. ドスオホス…青いカーテンが綺麗!濁りにくく、Bat Caveのエアドームの鍾乳洞も◎
  2. セノーテ イキル…地形の壮大さNo.1。圧倒される景色
  3. サムラ セノーテ(ジトナップ)…一筋の光が洞窟内に注ぎ込む様子が幻想的
  4. セノーテ カーウォッシュ…水中の花畑がメルヘンで、他にない景色。ワニもいる

ドスオホスやイキルはツアーでも行けますが、ツアーでは「グランセノーテ」が一番人気です。グランセノーテはドスオホスと似ているので、どっちかに行けばOK。(2つとも行く必要はないかな〜と思います)イキルは、チチェンイッツァと合わせたツアーがおすすめ。

サムラとカーウォッシュは、ツアーがないので自力で頑張りましょう!

ダイビングにおすすめなスポット

  1. エデン…巨大な光のカーテンに感動!ジャングルと溶け合う感じも◎
  2. ピット…一番壮大な景色が見られる
  3. ドリームゲート…鏡張りの鍾乳洞の不思議さ(魔法の世界みたい)
  4. サポテ(ヘルズ・ベルズ)…世界でここでしか見られない「ベル型鍾乳石群」が圧巻

できるだけ「ポイントをリクエストできるダイビングショップ」を選ぶのが◎。

ダイバーのレベルによって潜れるポイントが違うので、ショップと相談しながら決めましょう!

 

まとめ

洞窟ダイビング@セノーテ

以上、おすすめセノーテの情報まとめでした!

かなりたくさんのセノーテを紹介しましたが、気になるところや行ってみたいセノーテは見つかりましたか?

ツアーで行けるところはツアーを活用してもよし、バックパッカーはなんとか自力で言ってもよし、予算に合わせていろんな楽しみ方ができます!

おすすめのセノーテツアーは、こちらでまとめてます。↓

おすすめセノーテツアーまとめ
2020版:セノーテのツアー、おすすめ5選。【値段別・シュノーケルもダイビングも紹介!】これからメキシコのカンクンに旅行する人向けに、名所「セノーテ」に行ける安い&おすすめな現地ツアーをまとめました! このどれかに参加すれ...

自力で行きたいは、交通手段など調べて行ってみてください!(辺鄙なところにあるセノーテが多いので、乗り換えあり&タクシーも利用すると思います。)

実は、セノーテは近年びっくりするほど値上がりが激しく、もしかしたら表示の値段が変わっているかもしれません。

とくに人気の「ドスオホス」の入場料は、メキシコ物価を考えると本当に高いです…。が、払ってでも見る価値は十分あり!!と断言できます。実際に行った人はみんな「本当に行ってよかった!」と感動しています^^

ほとんどのセノーテが基本的に午前中の方がおすすめなので、頑張って早起きして行ってみてくださいね。

ユカタン半島が数千年かけて生み出した、「100mを超える透明度」といわれる美しすぎる水中世界があなたを待っています^^

【期間限定】2020年3月の、お得な情報まとめ

【3月に予約完了した人限定】

メキシコ用レンタルWi-Fiの、特別キャンペーン情報!(期間限定)

ここから予約で半額割引&クーポン適用されます。(期間限定のクーポンです)

コレ、他社と比較しても一番安くなるキャンペーンなので、春休みにメキシコに行く人は要チェックです。

4/1までの予約で割引価格になります