カンクン観光の役立ち情報

カンクンから日帰り♪世界一美しい水中洞窟セノーテの情報まとめ

聖なる泉、「セノーテ」。ユカタン半島を語るうえで外せない、とても有名な観光地です。

セノーテの知名度は年々上がってきていて、カンクンを訪れる観光客の間では「絶対に見ておきたい、素晴らしい自然スポット」として注目されています!

セノーテとは

「Cenote(セノーテ)」とは、ユカタン半島に点在する、水中洞窟の総称です!ユカタン半島とは、メキシコ湾とカリブ海との間に突き出ている半島のこと。

地図でみると、ココ!(↓)

↑赤い星マーク()がカンクンです。かつて、日本でもよく知られている「マヤ文明」が栄えた地でもあります。

そしてなんとここユカタン半島には、6000か所以上ものセノーテが存在するといわれています。ユカタン半島は石灰岩地帯で、地面が石灰岩でできているので地中に空間や洞窟ができやすく、そこに地下水がたまってセノーテができました。

石灰岩地帯であれば、セノーテのような場所はよく見られるのですが、セノーテの最大の特徴は「水中で大規模な鍾乳洞が見られる」という点。世界的にみてもとても珍しく、ここには世界最大規模の水中鍾乳洞が存在します。

↑この写真では、鍾乳洞が水面から出ていますが、このような鍾乳洞が水中にもたくさんあります!

ちなみに、「セノーテCenote」とは、マヤ語で「聖なる泉」を意味しています。これはかつてマヤ文化において非常に神聖な場所だったことを表しています。

6000か所あるといっても、わたしたち観光客が訪れることができるのはそのほんの一握り。それでも、美しいセノーテの世界に魅了された人は世界中にいます。

セノーテの魅力&楽しみ方

では、セノーテの魅力とは何なのでしょうか?

ここからは、セノーテの魅力とともに楽しみ方を紹介していこうと思います!

光のカーテンが見られる

このページを見ている人は、すでに知っている人も多いと思いますが、セノーテはその水中洞窟の鍾乳洞の美しさと、透明度抜群の水に指す「光のカーテン」でとても有名になりました!

(↑)美しい光のカーテン。これが、実際に見るとユラユラと揺れて世にも美しい景色を生み出します。

この景色は、

  • 真っ暗な水中
  • 透明度が高い

という二つの条件をクリアしていないと決して見られません。

世界には水中洞窟や透明度の高い泉は数あれど、この2つの条件をクリアしているのはセノーテくらいで、だからこそ「ココでしか見られない絶景」を求めて、世界中から人が集まってきます。

神秘的な自然のプール

カンクンのホテルにもプールはありますが、観光客がわざわざセノーテを訪れるのは、その神秘的な空間に大きな魅力を感じるから。

セノーテは、自然が作りだした大規模プールです。「洞窟」という時点で、かなりロマンを感じますが、さらにここには幻想的な鍾乳洞が大量に見られるので、まるで自然の美術館に来ているような感動を味わうことができます!

洞窟内部を泳いで散策していると、まるで探検家になったような気分になりますよ。

それに、洞窟に入る前の状態でも、とても美しいです。いろんなセノーテがありますが、「外から見る用」のセノーテもいくつかあります。

(↑)こんなふうに、ジャングルの中の秘境感があるセノーテもあれば、

こんなふうに、緑がいっぱいの天然プールのような場所もあります。

シュノーケルやダイビングも楽しめる

セノーテでは、シュノーケリングやダイビングといったマリン・アクティビティーも盛んです。

シュノーケリングは、現地でセットを買ったり、借りたりことができます。シュノーケリングでも十分、探検したり光のカーテンを見ることができます。

ダイビングは、基本的にツアーやダイビングショップに頼まないと行くことができません。セノーテでのダイビングは、多くのプロダイバーが「世界で最高の洞窟ダイビング」に挙げています。世界中のダイバーにとって、憧れの地なのです!

セノーテのダイビングは難しい?

セノーテでのダイビングは、正直「中級者以上向け」です。ダイビングショップでは、Cカード(ダイビングライセンス)の提示と、経験本数を聞かれます。だいたい、20本以上のフリーダイビングの経験があれば行かせてくれます。

セノーテダイビングがムズカシイのには、以下の4つの理由があります。

  1. 真っ暗で視界が悪い
    ケイブ・ダイビング(洞窟ダイビング)なので、基本的に視界がものすごく悪いです。水中懐中電灯を貸し出してもらうので、「片手が常にふさがっている状態」で安定してダイビングができるレベルは最低必要です。
  2. 狭い
    洞窟なので、かなり狭い空間をぶつからないように通り抜ける技術が必要にあります。そのためには、自分の体を水中でコントロールできる必要があります。洞窟内は、鍾乳洞など尖った岩がたくさんあるのでケガをしないように注意。
  3. 浮力バランスをとるのが難しい
    淡水なので、普通のダイビングの海水時とは浮力が異なり、沈みやすくなっています。さらにウェットスーツではなく、動きにくいセミドライの場合が多いので、セミドライの経験がある方が望ましいです。
  4. 水温にバラつきがある
    セノーテでダイビングをすると、いきなり寒くなったり暖かかくなったりしてビックリします。そして、その影響かすごくマスクが曇る。(笑)どんな状況でもマスク・クリアをしっかりできるようになっている必要があります。

あまりダイビングスキルに自信のない人は、シュノーケルがおすすめです。

  • シュノーケルで見られるもの
    青いカーテン、透明度抜群の水、巨大な鍾乳洞。セノーテらしいものは一通り見られます!
  • ダイビングで見られるもの
    水中鍾乳洞、ダイビングでないと行けないエアーポッドなど。真っ暗な洞窟を探検してみたい人におすすめ。

わたしはダイビングもシュノーケルもどちらも挑戦したことがありますが、シュノーケルでも十分セノーテの美しさを堪能できましたよー。

海水と淡水の境目を体験できる

これは、おまけですが…。

基本的に淡水のセノーテですが、海水と混ざっているエリアがあります。海水と淡水の境目って、どんなふうになっているのかご存知ですか?この「境目」を経験できるのも、セノーテの醍醐味のひとつ。

視界は壊滅的になにも見えなくなり、ボヨボヨ、ウネウネとした不思議な空間に衝撃を受けます!

これが見られる場所はなかなかないので、レアな体験です^^

セノーテに行く前に知っておきたい知識

セノーテに行きたい人は、この3点はよく頭に入れておきましょう。

  • 水温は低く、20度前後
    水着だと寒いです!もしウェットスーツの貸し出しをしているところがあれば、お金を払ってでも使った方が、水中で長い間楽しめます。水着だと、寒すぎて数十分と水中にいられないので…。
  • 魚はあまり生息していない
    「セノーテで魚を見るぞ~!」と考えている人はあまりいないと思いますが、ダイバーたちはセノーテの地形や透明度を楽しみに来ています。ここの地形は世界有数の素晴らしいもの。たっぷり楽しんでください。魚が見たい人は、カンクン周辺の海でのダイビングがおすすめです。
  • 早朝に行くべし
    よく言われていることですが、観光客で混みあうセノーテは、だんだん水が濁っていってしまいます。人がたくさんいるとみんなが底に積もっている砂を巻き上げてしまうからです。濁る前の早朝が最も透明度が高いです!

せっかく行くなら、最高の状態のセノーテを楽しみたいですね。

セノーテに行けるおすすめツアー

セノーテは、カンクンを代表する観光地なので、日本のツアー会社が日本語でのツアーも催行しています。英語やスペイン語が話せない人は、日本語のツアーに参加するのが楽ちんです。

シュノーケル・ツアー

セノーテをシュノーケルで楽しみたい人は、このあたりのツアーがおすすめ!(↓)

丸一日つかって、セノーテの近くにある見どころもついでに見られる効率のいいツアーです^^

ダイビング・ツアー

セノーテをダイビングで楽しみたい人は、このツアーがおすすめです。

  • セノーテ・ファンダイビング(2本)ツアー
    食事&送迎付きで、水中写真もプレゼントしてくれます!しかも好きなセノーテスポットをリクエストできます。(おすすめのポイントは、ドスオホスとチャックモールです)

セノーテのおすすめツアーについては、また違う記事でもまとめようと思います!

マメ知識

特に役には立たないけど(笑)、知っているとちょっと面白いセノーテに関するマメ知識を紹介します。

  • 圧倒的な透明度の秘密
    水の透明度がいいのは、雨水がいくつもの地層のフィルターを通って不純物が限りなく取り除かれた状態でたまっているからなんだそうです!ろ過水なので、とても清潔です。
  • マヤ人にとっての水源
    かつて、セノーテはマヤ文明の時代の重要な水源として重宝されていました。たしかに、天然のろ過水なので飲み水にもとてもいいし衛生的ですよね。
  • 生贄を葬るために使われたセノーテもある
    有名どころは、チチェンイッツァ遺跡の中にあるセノーテです。そこのセノーテは緑色に濁っています。調査によって、たくさんの人の骨が出てきたんだそうです。ただし、観光客が泳げるような綺麗なセノーテでは、生贄の儀式は行われていなかったらしいです。ちなみに、生贄は、マヤ神話の雨と雷の神「チャク」にささげられました。
  • セノーテが世界的にレアな理由
    セノーテのような場所は、世界中さがしても滅多にありません。それは、普通「水中に鍾乳洞はできないから」です。セノーテの水中洞窟は、鍾乳洞の洞窟に、あとから水が流れ込んだものだと考えられています。
  • セノーテの水は美容に良い
    ビタミンとミネラルを豊富に含んだ藻類が生息しているので、セノーテの水はお肌に良いんだそうです!浴びまくりましょう!

まさか、美容にも効果的とは…。セノーテの実力、底知れずですね。

ちなみに、「チャク」は、メキシコシティーにある「国立文化人類学博物館」でその石像を見ることができますよ。

(↑)こんな姿をしています!

この神様のために、たくさんのイケニエがささげられたんですね~…。セノーテの守り神的存在です!

おまけ:セノーテの魅力がよ~くわかるYoutube動画3つ

動画で見ると、セノーテの美しさがさらにリアルに伝わると思うので、素晴らしいセノーテの動画を3本だけ紹介します!

 ①Cenote doving, Dos  Ojos. Mexico

「Dos Ojos(ドスオホス)」という有名なセノーテの一つで撮影された映像です。

③Cenote Mosquito Factory in Mexico

セノーテ内部の鍾乳洞がとても美しい動画です。こんなところで潜ってみたい!とワクワクするような映像ですね。

ここまでの洞窟は、プロ級のダイバーじゃないと入らせてもらえないので(初心者だと刺さります笑)、動画で拝んでおきましょう…笑

②【HD】感動!メキシコのセノーテダイビング

日本人のダイバーの方がアップされている動画です。

もっと映像を見たい方は、こちらの記事(『セノーテの魅力が100%伝わる、最高のYoutube動画10選
』)でもたくさん紹介しています。

また、セノーテが舞台として登場する映画もあるので、そちらも見るとさらにワクワク感が高まるので、おススメです!⇒水中洞窟「セノーテ」が出てくる映画を見てみよう!

以上、セノーテの魅力や役立ち情報のまとめでした!

セノーテ行きのツアーには様々なものがあります。興味のある人はこちらからもっと見ることができます。