カンクン旅行

【カンクン】追加料金ナシ!一人旅におすすめな現地ツアー6つまとめ。

最近、カンクンに一人旅する人も増えているようです。

わたしも、今まで5回くらいカンクンを訪れたうち、4回は一人旅です。一人旅だと、現地ツアーに(必然的に)お一人様参加することになります。

その時に困るのが、「お一人様の場合は追加料金をいただきます」の説明書き( ノД`)。しかもその追加料金がかなり高い(なぜか2人分払わなければならない)ので、結局ツアーへの参加をあきらめることもしばしばありました…。

しかし最近は、お一人様でも追加料金のかからないツアーも増えてきています!

今回の記事で、まとめて紹介します!

カンクンに来たらお一人様でも絶対参加するべき、2つのツアー

1.3か所セットツアー(ピンクレイク+チチェン・イッツァ遺跡+セノーテ・イキル)

わたし的「カンクンで参加するべきツアーBEST10」で第一位に輝く「3か所セットツアー」ですが、実はこのツアーも一人参加OK(&追加料金もなし)のツアーがあります。

おすすめはこちら。

3か所セットツアー(ピンクレイク+チチェン・イッツァ遺跡+セノーテ・イキル)icon

日本語ガイド、昼食ビュッフェ、カンクンのホテルまで送迎付き。「お一人様追加料金」も一切なし!

チップが別の「基本プラン」だと、結局高くつく可能性が高いので、「オールインクルーシブ・プラン」が一番おすすめです。

いまはセールもやってるみたいです!

ちなみに、この3か所+グランセノーテにも行ける「フォトジェニックツアー」もあるのですが、これは詰め込みすぎて超急ぎ足&一つ一つの見所をしっかり見られないので、あまりおすすめじゃありません。。3つしっかり見た方が、充実した時間を過ごせます!

2.透明度の高いセノーテに行けるツアー

せっかくカンクンまで行くなら、透明度抜群の「セノーテ」は欠かせない!先ほど紹介し他ツアーで行く「セノーテ・イキル」は、残念ながら透明感はあまりなく、どちらかというとダイナミックな地形を楽しむためのセノーテ。

別で、透明度の高いセノーテにも行くことをおすすめします!

しかし、セノーテに行くツアーも、そのほとんどが二人以上向け。そんな中で、おすすめの一人向けツアーはこれ!

グランセノーテ&ドス・オホス セノーテシュノーケリングツアーicon

人気のグランセノーテに加え、カンクン周辺で最も美しい「ドスオホス」というセノーテにも行けます!セノーテ満喫ツアー。絶対、「エアドームシュノーケル付きプラン」にしてください。感動の鍾乳洞空間に行けます!!

お一人様でも追加料金は一切発生しませんし、わたし的に一番おすすめなセノーテ「ドスオホス」に連れて行ってくれる唯一のツアーということで、超おすすめです。

こんな世界が待っています!(↓)

わたしが実際にドスオホス・セノーテで撮った写真です。

グランセノーテよりも圧倒的に透明度が高く、美しくてビックリしますよ~!

ダイビング

一人でカンクンに来る人の中には、ダイビング目的で来ている人も多いようです!ダイビングツアーも、基本的に2人以上の値段を表示している場合が多いですよね…。

わたしもダイバーなので、1人OK(というか追加料金払わなくていい)のところを探すのには苦労しました…。

カンクンで是非潜っておきたい最高のダイビングスポットは、以下の3つ。

  1. コスメル島
    世界最高の透明度を誇る、固有種の宝庫。世界中のダイバーの憧れの地!潮の流れが緩やかなリーフ(サンゴ礁)では、初心者もOK
  2. セノーテ
    ユニークな洞窟型スポット。ダイバーの中でも経験を積んだアドバンス以上のライセンスを持っている人向け。
  3. MUSA(海底水族館)
    海底にたくさんの石像が沈むカンクンの珍スポット。水深は10mと浅めで、潮も安定した環境なので初心者向け。

セノーテは初心者には難しいのですが、コスメル島のリーフ(サンゴ礁)やMUSAはかなりおすすめです!

わたしも世界中のダイビングスポットで潜ってきましたが、カンクンの上の3スポットは本当にユニークで、最高の体験になりました!今までダイビングをしたことがない人でも、ぜひ潜ってみてほしいです。

グアムやハワイ、セブ島などとは比べものにならないほど最高の透明度&サンゴ礁など、素晴らしい水中世界が待っています♪

ダイビングライセンス(Cカード)を持っているかどうかでも、参加できるツアーが変わってくるので、自分にあったツアーをチェックしてみてください!

ライセンス(Cカード)を持っている人:ファンダイビングのツアー

コスメル島でのダイビングを、1人でも安く楽しめるツアーは、これ!

コスメル島ファンダイビング(2ボートダイブ、日本語ブリーフィング)ツアーicon

ダイバー垂涎の地、コスメル島。運が良ければ、ロブスターやトードフィッシュ(固有種)などのレアものも見られるかも!

コスメル島ファンダイビングの予算は、2ダイブで一人200ドル程度です。このツアーは、ホテルまで送迎付きで相場くらい、プラヤデルカルメンまで自力で行ける人は200ドルを切る値段なので、かなり安いと思います。(もちろん、フルレンタル、昼食も込み!)

セノーテのダイビングは、1人向けのツアーはあまりありません。

2人向けだとここが圧倒的に安い&評価も高いです。↓

ファンダイビング セノーテ チャックモール&ドス・オホス(2ダイブ)icon

カンクン周辺でも最も美しい光のカーテン&抜群の透明度を体験できます!セノーテに潜れるダイビングプランの中では、カンクン周辺で最安値レベル。
ただ、1人だと若干料金が高くなります。

1人で追加料金ナシで潜りたい!という人は、個人的にカンクンのダイビングショップに相談してもいいと思います!

もし「青い光のカーテン」がゆっくり見たいだけであれば、シュノーケリングで十分かもしれません。その場合、先ほど紹介したセノーテのシュノーケリングツアーが、追加料金もないので一人旅の人には一番おすすめです!

ライセンス(Cカード)を持っていない人:体験ダイビングのツアー

コスメル島ダイビングを1人で楽しめるツアーは、以下の2つ!

コスメル島体験ダイビング(1人OK!)icon

「世界最高レベルの透明度」を誇るコスメル島で、美しいサンゴ礁を見てきてください♪

コスメル島チャンカナブ国立公園 (海底のキリスト像)体験ダイビングツアーicon

コスメル島の中でも特に美しいサンゴ礁が広がる、「チャンカナブ国立公園」に行けるツアーです。海底のキリスト像と一緒に写真が撮れます!

セノーテは、残念ながらダイビングライセンスがない人は潜れません…。(そういうルールのため)

MUSAに一人で行くなら、ダイビングよりシュノーケリングがおすすめ

MUSA(海底美術館)は、1人でも追加料金なしのツアーはあまりないみたいです。

一応、一人参加で一番安いのはここみたいですが、それでも若干割高になります。MUSAはシュノーケルでも十分楽しめるので、一人旅の人はシュノーケリングツアーで楽しむのがおすすめ!

MUSA水中美術館(海底美術館)でシュノーケルツアーicon

ホテル送迎付きや、日本語サポートプランも選べますし、何よりもダイビングよりずっと安い!!わたしはMUSAを見るならシュノーケリングでいいと思います。

もちろん、一人参加でも追加料金発生しません!

ちなみに、MUSAは自力で行くことはできず、必ずツアー参加が義務付けられています。(国立公園内のため。)

わたしは現地(ホテルのオプショナルツアーの予約カウンター)で予約したのですが、上で紹介したリンク先のツアーの方が安かったので、「日本で事前予約しておけばよかった~~」って後悔しました。

まとめ

以上、一人旅の旅行者でも追加料金なしで楽しめるカンクンのツアーについてでした。

まとめると…

…という感じです!

わたしも何度もカンクンを一人旅してきていますが、

一人旅でも、カンクンはとっても楽しいです!!

ぜひ、いろんな見所を巡って、ユカタン半島の自然や文化を満喫してきてください^^

 

ほかにも、カンクンにはこのページでは取り上げていないいろんなツアーがあるので、いろいろチェックしてみてください!わたしのおすすめツアーは、以下のページでまとめています。

【カンクン】現地オプショナルツアーのおすすめを正直に紹介します!!今まで、カンクンには5,6回行ったことがあります。そのたびに誘われるがまま、いろんな現地アクティビティーを経験してきました。定番のウォー...

(※ただし、↑のページで紹介しているツアーのほとんどは、2人以上向けなので、一人で行くのであれば、今回紹介した一人OKのツアーをチェックしてください!)

こちらの記事もおすすめ