カンクン旅行

グランセノーテ情報まとめ。【おすすめツアー・格安の行き方も】

グランセノーテの情報まとめ

メキシコのカンクンから日帰りで行ける絶景、セノーテ。

カンクンに滞在している人向けに、セノーテの中でも日本人から人気の高い「Gran Cenote(グランセノーテ)」まで行く方法(ツアー、自力両方)をまとめました。

ブログで紹介されている行き方の中でも、自力でいく方法(格安!)と、一番コスパの良いツアーを紹介します!

安いからといって複雑なわけでもなく、意外と簡単です。

これから行きたいと考えている人は参考にどうぞ。

グランセノーテのおすすめ&格安な現地ツアー

グランセノーテの外見

早朝グランセノーテのシュノーケリングツアー
ツアーの値段も、最低価格保証。8歳以下の子供は、約40%割引。

ツアー派の人は、「このツアーにすれば間違いない!」ってくらいおすすめ。

  • スペイン語がまったくできない人
  • あまり旅慣れていない人

は、ツアーの方が安心です。(日本人ガイドもつきます)

ツアー内容もだいたいまとめました。

ツアーの行き先 ・グランセノーテ(シュノーケリングOK)
カンクンのセノーテ
行程 半日(午前中)
06:00 ホテルにお迎え
08:00 グランセノーテ到着
09:30 グランセノーテ出発
11:30 ホテルに到着
送迎
宿泊しているカンクンのホテルまで迎えにきて、帰りも送ってくれる
含まれるもの ・ホテル往復送迎
・グランセノーテ入場料
・シュノーケル器材一式
・ライフジャケット
・ウェットスーツ
日本語ガイド
必ず一緒にきてくれる
子供料金 0〜2歳:無料
3〜8歳:子供料金
9歳〜:大人料金
メモ ・水中カメラも貸し出ししてもらえる
・早朝のグランセノーテを訪れる

グランセノーテのツアーは、必ず「早朝ツアー」にするのがポイント。

観光地が増えてくるとすぐに濁ってしまうので、OPENと同時に入れるツアーにするのが一番大切です。

このツアーのメリット3つ
  1. 早朝出発で、オープン時間(8時)に到着できる→混んでいないからゆったりできる
  2. ウェットスーツ・レンタルも含まれている(普通は追加料金。セノーテは水がめちゃ冷たいのでありがたい)
  3. 事前にリクエストすれば、水中カメラも借りられる

他のツアーでは含まれていないサービスも含まれていて「至れり尽くせり」なツアーですが、コスパ◎です。

ツアーの値段を見る

わたしが知っているグランセノーテ・ツアーの中では、いちばんコスパのいいツアーです!!

グランセノーテとシアンカアン両方に行くツアーもある

シェルハ

「半日じゃなくてがっつり遊びたい!」という人は、このグランセノーテツアーと合わせてユネスコ世界自然遺産の「シアン・カアン」という自然保護区に行けるツアーもあります。

シアンカアンとは

広大な敷地の中にジャングルやサンゴ礁、沼地などがあり、多様な生態系が世界的に有名な自然保護エリア。(ツアーでないと行けない見所

このツアーでは、早朝グランセノーテの後にシアンカアンをボートで冒険します。

こちらのツアーもお得なので、体力のある人は要チェック!

内容まとめました(↓)

ツアーの行き先 ・グランセノーテ(シュノーケリングOK)
グランセノーテ(透明な泉)2
・シアン・カアン
シェルハ
行程 6:00〜16:00
06:00 ホテルにお迎え
08:00 グランセノーテ
09:30 移動
10:30 シアンカアン
12:45 メキシカン・ランチ
13:45 カンクンに出発
16:00 ホテルに到着
送迎 カンクンのホテルの送迎込み
含まれるもの ・ガイド料
・往復交通費(ホテル送迎)
・グランセノーテとシアンカアン入場料
・昼食(ドリンク以外)
・・シュノーケル器材一式
・ライフジャケット
・ウェットスーツ
(基本的に全て含まれる)
日本語ガイド
必ず一緒にきてくれる
子供料金 〜8歳:子供料金
9歳〜:大人料金
メモ ・早朝のグランセノーテを訪れる
シアンカアンは、カンクン周辺にある「唯一の世界自然遺産」です。

世界遺産好きならチェック!

ランチ付きで1日ツアーのわりにお得だと思います。(シアンカアンに行けるツアーの中では最安レベル)

このツアーの値段を見る

 

 

カンクンからグランセノーテへの行き方(自力なら格安!)

自力で行く場合は、まずグランセノーテがどこにあるのかを確認しましょう。

グランセノーテは、トゥルムという町から少しだけ北西に行った地点にあります。

①カンクンダウンタウンの「ADOバスターミナル」へ

カンクンのADOバスターミナル

まずは、トゥルム行きのバスが出ているADOバスターミナルに行きましょう。

ADOのバスターミナルは、カンクンのダウンタウンの中心地にあります。

ホテルゾーンからADOバスターミナルまで行く場合、少し面倒ですがタクシーかR1のバスに乗っていきます。

【ホテルゾーン⇔ADOバスターミナル】

タクシーの場合

  • 値段:200~250ペソ/台
  • 所要時間:15~25分
  • 乗り方:ホテルマンに頼んで呼んでもらうか、ホテル前の道で捕まえる(事前に値段を確認・交渉する)

バスの場合

  • 値段:12ペソ/人
  • 所要時間:20~30分
  • 乗り方:ホテル前の通りで、ダウンタウン方面のR1かR2バスを捕まえる。
    運転手さんに「Quiero ir al terminal de ADO(キエロ・イル・ア・テルミナル・デ・アデオ)」と伝えれば、着くときに教えてくれます。

②トゥルム行きのバスに乗る

ADOバスターミナルに到着したら、トゥルム行きのバスのチケットを購入し、バスに乗ります。

カンクン発トゥルム行きのバスの情報は以下の通り。(2019年9月時点)

タイムテーブル

5:30 6:00 7:10 7:30 7:50 8:00 8:45 9:30 9:45 10:30 11:00 13:15 14:30 15:45 16:35 16:45 17:30 16:45 18:00 18:30 19:45 20:10 20:50 21:30 22:15

参考:Horarios de Autobuses en Cancun(2019年9月8日確認)

値段

181~274ペソ/人(出発時間による)

所要時間

2時間~2時間30分

綺麗なグランセノーテを見るためにも、できるだけ早朝のバスに乗りましょう。

グランセノーテの営業時間が毎朝8:00頃なので、オープン時間ぴったりに到着できそうな、5:30、6:00発がおすすめです。

チケットは飛び込みでも購入できますが、確実に乗りたいなら前日に購入しておくのがおすすめ。当日は、出発時間の30分前までにはバスターミナルに行きましょう。

もっと安く行くなら、コレクティーボで行こう

コレクティーボとは、ハイエースを改造した乗合バンのこと。ローカルが愛用している、最安の移動手段です。

カンクン→トゥルムの直行コレクティーボはないので、

  1. カンクン→プラヤデルカルメン
  2. プラヤデルカルメン→トゥルム

と、一度プラヤデルカルメンで乗り継ぐ必要があります。

少し面倒ですが、トゥルムまで片道100ペソ以下で移動できるので、少しでも節約したい人向けです。

予約も不要で、本数も多いです。

カンクン⇔プラヤデルカルメンのコレクティーボ情報

料金 38ペソ(2018年11月時点)
所要時間 1時間
乗り場 ADOバスターミナルの建物の前の駐車場(地図参考)いつも人が並んでいます。

乗り場の場所(↓)

 

プラヤデルカルメン⇔トゥルムのコレクティーボ情報

プラヤデルカルメンに到着したら、そのすぐ近くにあるトゥルム行きコレクティーボに乗り換えます。(ドライバーに場所を聞けばOK。すぐ近くです)

料金 45ペソ(2018年11月時点)
所要時間 1時間
乗り場 カンクンから来たコレクティーボの降り場の近く

乗り場の場所(↓)

 

③トゥルムからタクシーでグランセノーテへ

トゥルムに到着したら、バスターミナルの外に出てタクシーを捕まえます。

トゥルム⇔グランセノーテのタクシー

  • 片道の相場:100ペソ/台(ほぼ固定料金です)
  • 所要時間:10分

※このあたりの物価は恐ろしいスピードで上がっていっています。去年は80ペソ以下で行けることもありましたが…2018年以降は100ペソ以上が妥当です。

限りなく節約するために「歩いた」という友達がいましたが、歩くと5kmあるので1時間以上かかったそうです。(しかも蒸し暑い…)

10分でサクッと行けるタクシーが正解。

グランセノーテからカンクンへの帰り方

帰りは、

  1. グランセノーテ→トゥルムのバスターミナルorコレクティーボ乗り場(タクシーで100ペソ)
  2. トゥルムのバスターミナル→カンクン(ADOバス)

という手順です。

グランセノーテの駐車場には、常にたくさんのタクシーが待機しています。人数が少ないのであれば、他の観光客とタクシーをシェアしていくのもありです。

 

グランセノーテの営業時間

毎日8:00~16:45

グランセノーテに行くのにおすすめの時間帯

朝の8:00〜10:00

1日中「光のカーテン」は見られる立地だけど、昼以降は濁るため朝がおすすめ。

 

グランセノーテの入場料

入場料 180ペソ(1040円)/人

 

グランセノーテの設備、レンタルの値段まとめ

グランセノーテで借りられるもの・無料で使える設備をまとめました。

レンタル代

ロッカー 30ペソ(180円)
シュノーケルセット 50ペソ(300円)
ライフジャケット 50ペソ(300円)

無料で使える設備

着替え室
シャワー
水着着用の屋外冷水シャワー
トイレ
レストラン ×
エントランスの近くに売店があるので、クッキーやポテチなどは購入できる

 

 

グランセノーテとドスオホス両方に行きたい場合

カンクンのセノーテ8

グランセノーテの近くには、「ドスオホス」というとても綺麗な他のセノーテもあります。

自力で行く場合、「両方行く」のが人気コースみたいです。

グランセノーテからドスオホスへの行き方

「グランセノーテからドスオホス」は、以下の2つの方法でいけます。

  1. タクシーに頼んで直接行ってもらう
  2. タクシーでトゥルムまで行って、コレクティーボに乗り換えていく

タクシーで直行

  • タクシー料金:300〜350ペソ/台(交渉可能)
  • 所要時間:20〜30分

タクシー+コレクティーボ

  • タクシー料金:100~120ペソ/台
  • コレクティーボ料金:45ペソ/人
  • 所要時間:30〜40分

コレクティーボは、「プラヤデルカルメン行き(45ペソ)」に乗ります。

トゥルムのコレクティーボ乗り場

コレクティーボは、途中下車でもプラヤデルカルメンまでの料金を払うことになるので移動距離のわりには高め。

4人くらいいるのであれば、タクシーでそのまま直行した方がコスパいいと思います。

わたしは、ドスオホスになるべく早く到着したかったのでタクシーにしました。(早い時間の方が綺麗だから)

両方行くなら、①グランセノーテ→②ドスオホスの順番で。

カンクンのセノーテ

2つのセノーテに1日で行きたい場合、最初にグランセノーテに行くのがおすすめです。

なぜなら、グランセノーテは人が多くなると濁りやすく、朝一で行かないと綺麗で透明な状態のセノーテを見ることができないからです。

それに対して、ドスオホスはグランセノーテよりもずっと濁りにくく、昼過ぎでもしっかり透明度を維持しているので、あとから行っても美しいセノーテを楽しむことができます。

グランセノーテ周辺の他の見所&観光地

グランセノーテ

グランセノーテのある「トゥルム」の近くには、他にもいろんな見所があります。

体力のある人は、グランセノーテやドスオホスを訪れた後、午後に寄ってみると良いかも。

トゥルム周辺の見所一覧

  1. グランセノーテ★
  2. セノーテ ドスオホス★
  3. セノーテ カラベラ
  4. セノーテ カラコル
  5. セノーテス カサ トルトゥーガ
  6. セノーテ サチルハ
  7. トゥルム遺跡★
  8. シアンカアン★
  9. シェルハ(自然のテーマパーク)★
  10. カーンルーム・ラグーン

※有名どころには星マークつけてます

「トゥルム遺跡」は特におすすめ

トゥルム遺跡と秘密のビーチ
「カリブ海に面した絶景マヤ遺跡」であるトゥルム遺跡も近くにあります。

<ドスオホスからトゥルム遺跡への行き方>

値段 所要時間
タクシー 約200ペソ/台 15〜20分
コレクティーボ 一人最大45ペソ
(もう少し安いかも)
15〜20分

タクシーはDos Ojosの駐車場に待っていて、コレクティーボは大通り沿いで手をあげて止めます。(空席があれば止まってくれます)

トゥルム遺跡は街の手前にあり、ドライバーに「ルイナス(遺跡)」と言えば、トゥルム遺跡で降ろしてもらえます。

巡る順番について

位置的には、「グランセノーテ→トゥルム→ドスオホス」という巡り方の方が効率がいいですが、セノーテは午前中に行っておかないと綺麗じゃなくなるので、セノーテを先に巡ってからトゥルム遺跡に行きましょう。

シアンカアン(世界遺産)も見応えあり

カンクン周辺で唯一の世界自然遺産である「シアンカアン」も、おすすめ。

ただしここは自然保護区で、ツアーでしか行くことができないので、行きたい人はツアーを利用しましょう。(この記事の上の方のおすすめツアーでも紹介してます)

グランセノーテに行く時のモデルコース(例)

わたしが自力で行った時は、こんな感じで1日楽しみました!↓

  1. 6:00 早朝、コレクティーボでカンクンからトゥルムへ(2時間)
  2. 8:00 タクシーで朝一のグランセノーテへ(10分)
  3. 9:00 タクシーで移動してドスオホス・セノーテへ(25分)
  4. 12:30 コレクティーボで移動してトゥルムの街へ(20分)→適当なレストランでランチ(お弁当持っていってもいいかも)
  5. 14:00 タクシーでトゥルム遺跡へ(5分)
  6. 15:30 トゥルム遺跡から歩いて10分のプラヤ・パライソ(パラダイスビーチ)でのんびり
  7. 17:00 コレクティーボでトゥルム遺跡前からプラヤデルカルメンへ(1時間)
  8. 18:00 プラヤデルカルメンで晩ご飯(タコス屋)&繁華街を散歩
  9. 20:00 コレクティーボでカンクンに帰る(1時間)
  10. 21:00 カンクンに到着

みっちり楽しみ尽くしました!!

このあたりの見所はカンクンから距離があるので、1日でまとめて訪れるのが効率よくておすすめです!

ちなみに、この行程を終えてからの正直な感想としては…

グランセノーテ省いてもよかったかな」という感じ^^;

というのも、グランセノーテとドスオホスはよく似ているので、わざわざ2つとも行く必要はないかもです。(どちらも綺麗ですが、グランセノーテは人が増えると濁りやすく、ドスオホスの方が長く楽しめる)

「ドスオホスに早朝到着→がっつり数時間楽しむ」プランの方が、急がずにしっかりセノーテを楽しめるな〜と思いました。

ただ、「いろんなセノーテを見られる」という点では2つとも行くのも◎。好みで!

 

 

まとめ

グランセノーテの外見2

以上、カンクン周辺で日本人にいちばん人気のセノーテ「グランセノーテ」についてでした。

グランセノーテにいくなら、ツアーでも自力でも「朝一番」でいくのが大切です。

透明度の高い、すばらしいセノーテを楽しめるはず!

おすすめのグランセノーテ・ツアー2つ

シンプルに早朝グランセノーテだけを楽しみたいならこれ。

グランセノーテのツアー

早朝グランセノーテに加えて、世界遺産のシアンカアンにも行きたいならセットツアー。

グランセノーテ+シアンカアンのツアー

 

グランセノーテに自力で行く場合

  • バス往復:約300~400ペソ/人
  • タクシー代:160~240ペソ/台(トゥルムから往復)
  • 所要時間:片道 約2時間半~3時間
  • 入場料:180ペソ

グランセノーテとドスオホス両方のセノーテに行く場合

行き:

  • バス(カンクン→トゥルム):約138~206ペソ/人
  • タクシー(トゥルム→グランセノーテ):80~120ペソ/台

途中移動:

  • タクシー(グランセノーテ→ドスオホス):200~250ペソ/台

帰り:

  • コレクティーボ 片道(ドスオホス→プラヤデルカルメン→カンクン):83ペソ/人

以上、カンクンから、グランセノーテ(とドスオホス)に行く安い方法についての紹介でした!

これからグランセノーテに行く人の参考になれば嬉しいです!!

 

セノーテ一覧↓

セノーテ・ハルディン・デル・エデンでのダイビング1
カンクンのおすすめセノーテ26選。【人気Top5〜穴場まで紹介!】メキシコ・カンクンのあるユカタン半島には、なんと約4,000か所以上ものセノーテが存在します。 観光客が訪れることのできるセノーテ...

カンクンには、セノーテ以外にも見所がいっぱい!こちらで紹介しているので、チェックしてみてください^^(↓)

カンクン観光におすすめな見所ランキング
カンクン観光で、本当におすすめな見所+穴場15選。(2019版マップ)メキシコのリゾート地「カンクン」には、美しいビーチに加え、たくさんの観光地や絶景スポット、アクティビティがあります! 細かく回ると...
【2019年12月〜】カンクンのキャンペーン情報

メキシコ用レンタルWi-Fiの、特別キャンペーン情報!(冬限定)

ここから予約で半額割引&クーポン適用されます。(冬限定のクーポンです)

コレ、他社と比較しても相当お得なキャンペーンなので、冬〜春にメキシコに行く人は要チェックです。

2020年1月29日までの予約で割引価格になります