カンクンの観光スポットと見所

カンクン観光で行くべき!おすすめの見所マップ&ランキング(2018)

メキシコのリゾート地「カンクン」には、本当に数えきれないほどたくさんの観光地や絶景スポット、アクティビティがあります!

細かく回っていくと2週間いても足りないくらい。これほど見所の多い魅力的なリゾート地は、世界を見渡してもなかなかありません。

今回は、これからカンクンに行きたいと考えている人にむけて、いろいろあるカンクンの見所の中でも「最も行くべき観光地・見所」を絞ってまとめてみました。

カンクンに5回ほど訪れて、ほとんどの見所を実際に訪れたわたし的ランキングです。プラン立ての参考になれば幸いです^^

カンクンの見所マップ

さっそく、カンクンのメインの見所をマップにしました!!

その名も「カンクンでぜひ行ってほしいおすすめ観光スポットマップ」。

(↓)拡大部分

赤い星マーク=必見の見所

赤い星マークは、ものすごくおすすめな必見スポット7つ。初めてカンクンに行く人はぜひ行ってほしい場所です。

  • ①ピンクラグーン
  • ②チチェンイッツァ遺跡
  • ③グランセノーテ
  • ④ドスオホスセノーテ
  • ⑤トゥルム遺跡
  • ⑥ホテルゾーンのカリブ海
  • ⑦イスラムヘーレス島

7つのスポットを「カンクンで絶対に見るべき順」に並べてランキングにしました。

  1. ホテルゾーンのカリブ海(ビーチ)
    個人で行く場合の難易度:★★★★☆(ツアーがおすすめ)

    いわずもがなカリブ海ビーチを見なかったら、カンクンに来たことにはなりません!世界中の観光客がこのビーチを目的にやってきます。絵の具を溶かしたような美しいカリビアンブルーには、心から感動します^^
    個人で行く場合の難易度:☆☆☆☆☆ ビーチ前のホテルをとろう!
  2. ドスオホス セノーテ※

    透明度100m超えと言われるほどに不純物の少ない淡水の泉「セノーテ」は、カンクンに行ったら絶対に行っておきたい「ユカタン半島が生みだした、世界中でここでしか見られない絶景」です。数あるセノーテの中でも、ドスオホスはカンクン周辺で美しさ・透明度はナンバーワンです。
    個人で行く場合の難易度:★★★☆☆
  3. グランセノーテ※

    ドスオホスよりも有名なここ「グランセノーテ」は、日本のTV番組でも何度も紹介されています。(※③グランセノーテと④ドスオホスセノーテは似ているので、行くならどちらかでOK)より透明度の高い朝早くに行きましょう!
    個人で行く場合の難易度:★★★☆☆
  4. ピンクラグーン

    2016年からじわじわと口コミで広がった「ピンクラグーン」。微生物たちの力によって、本当に美しいピンク色に染まっています!おすすめのベストシーズンは冬の時期(特に12~3月は安定の真っピンク)。「世界で一番美しいピンクの湖」として海外旅行雑誌でも紹介され、今一番話題のスポットです!
    個人で行く場合の難易度:★★★★★~(ツアーがおすすめ)
  5. チチェンイッツァ遺跡
    個人で行く場合の難易度:★★★★☆(ツアーがおすすめ)

    ユカタン半島に存在する中で最も重要なマヤ遺跡のうちの一つ。メキシコを代表するマヤ文明のピラミッドがあります!
    個人で行く場合の難易度:★★★★☆(ツアーがおすすめ)
  6. イスラ ムヘーレス(島)

    カンクンからフェリーで20分の絶景の島。北部に広がる「プラヤノルテ」は感動の美しさで、「メキシコで最も美しいビーチ」でもあります。どこまでも続く遠浅の海は晴れた日にはカリビアンブルーに輝き、カンクンよりも波が穏やかで子ども連れも安心。島内にも見所がたくさんあり、街中には可愛いストリートアートやお土産屋さんが溢れています!
    個人で行く場合の難易度:★☆☆☆☆
  7. トゥルム遺跡
    個人で行く場合の難易度:★★★★☆(ツアーがおすすめ)

    「世界一美しいロケーションにある遺跡」であるトゥルム遺跡。絶景ビーチと一緒に見られる遺跡は、世界中でここくらいです。
    個人で行く場合の難易度:★★☆☆☆

オレンジの星マーク=おすすめの見所

オレンジマークは長期で滞在できる人向けで、「もし時間がなかったら2回目のカンクンに回してもいいかな、でも時間があればぜひ行ってほしい!」ってスポット9か所。

  • プラヤデルカルメン
  • リオセクレト
  • シカレ
  • コスメル島
  • セノーテイキル
  • 海底美術館(MUSA)
  • ラグーン&ジャングル
  • 国立公園のサンゴ礁

それでも素晴らしい超おすすめの見どころです!こちらもおすすめ順に並べますね。

  1. セノーテイキル

    珍しい井戸型のセノーテ。チチェンイッツァ遺跡のすぐお隣にあります
    個人で行く場合の難易度:★★★★☆(チチェンイッツァ遺跡ツアーで行くのがおすすめ)
  2. シカレ

    自然の地形をそのまま生かした水をテーマにしたエコパークです!透明度抜群の川を下ったり、シュノーケルをしたり、洞窟を探検したり、盛りだくさん!夜にはカンクン最大規模のナイトショーがありマヤの文化を学ぶことができます!
    個人で行く場合の難易度:★☆☆☆☆
  3. 海底美術館(MUSA)

    海底に像を沈めて珊瑚の巣にするというアーティストによるプロジェクトによってできた、とてもユニークな見所です!
    個人で行く場合の難易度:☆☆☆☆☆:ツアーのみ
  4. コスメル島

    コスメルといえば、世界中のダイバーにとっての垂涎の地。抜群の透明度に加えて、多種多様な珊瑚やトロピカルフィッシュ、固有種など豊かな生態系を誇るサンゴ礁の島です。シュノーケリングやダイビングがしたい人は、訪れるといいかも。
    個人で行く場合の難易度:★★☆☆☆
  5. ラグーン&ジャングル

    個人で行く場合の難易度:☆☆☆☆☆:ツアーのみ
  6. 国立公園のサンゴ礁

    個人で行く場合の難易度:☆☆☆☆☆:ツアーのみ
  7. リオセクレト

    直訳すると「秘密の川」。カンクン周辺で最大規模の鍾乳洞があるセノーテ洞窟です。
    個人で行く場合の難易度:★★★☆☆
  8. プラヤデルカルメン
    ふらっと散策できる規模のにぎやかな街です。カンクンよりもお手軽なホテルも多く、お土産屋さんやダイビングショップ、カフェやレストランもいっぱい!いつでも活気があり、若い旅行者に人気。セノーテやトゥルム遺跡に近いので、ふらっと寄るのがおすすめです。
    個人で行く場合の難易度:★☆☆☆☆
  9. パライソビーチ

    トゥルムの隣にあるパライソビーチは、穏やかな波と美しい青色が自慢の公共ビーチ。トリップアドバイザーによると「メキシコ№1ビーチ」にも選ばれたんだとか!(個人的には、イスラムヘーレスの方が綺麗だと思いますが^^)
    個人で行く場合の難易度:★★☆☆☆

見所の「場所」を把握しよう

マップを見ると分かるように、実はカンクン周辺の見所は、それぞれ結構はなれた場所に点在しています。

これらの見所を方向別でまとめると

  1. 南方面(海岸沿い)」
  2. 西方面
  3. 島・船が必要な見所

の3種類に分けられます。

①南方面の見所

カンクンの多くの見所が、南方面にあります!

とくに透明な水のセノーテや、テーマパークが多い印象です。

  • グランセノーテ
  • ドスオホス セノーテ
  • トゥルム遺跡
  • プラヤデルカルメン(街)
  • リオセクレト
  • シカレ
  • パライソビーチ

(↓)南方面の見所一覧。クリックで拡大できます。

これらの見所へ行くツアーはたくさんあり、カンクンからも気軽に遊びに行くことができます。こっち方面は、バスやコレクティーボ(乗り合いバン)が沢山走っていて交通には困りません。旅慣れた人(バックパッカーなど)は、ちょっと面倒ですが自力でも行くこともできますよ。

南方面の見所をまとめて回れる、一番おすすめのツアーはこれ(↓)

グランセノーテでシュノーケリング&トゥルム遺跡観光ツアー プラヤ・デル・カルメン散策付き!icon》(VELTRA催行)

グランセノーテ、トゥルム遺跡、プラヤデルカルメンの3か所セットを日本語で案内してくれます。カンクンのあらゆるツアーの中で、コスパはダントツです!

貴重な時間を効率よく使って、南方面の見所を観光できます♪ 特にハネムーンや短期旅行者におすすめ。

②西方面の見所

西方面の見所は、以下の3カ所!

  1. ピンクラグーン
  2. チチェンイッツァ遺跡
  3. セノーテイキル

すべて、結構行きにくくて時間もかかるところにあり、個人では気軽には遊びに行けません。(バックパッカーなら、頑張れば行けますが結構ツライです)

西方向の見所はツアーに参加するのが絶対おすすめです!しかもこの3か所すべてに1日で行ってくれるツアーがあり、こちらの記事で紹介しているので参考にどうぞ(↓)

私も実際に参加しましたが、カンクンに行ったら絶対に参加すべき最高のツアーです^^

「カンクン旅行で参加できるツアーが一つだけだったらどれ選ぶ?」って時にはコレ!!ってくらい。(ちなみに二番目におすすめなのはさっき紹介した南部の3か所セットツアーです。)

③島や、船・ツアーが必要な見所

これらの見所には、フェリーを利用するか、ツアーを利用して行きます。

フェリーで気軽に個人でも遊びに行けるのは、

  • イスラムヘーレス島
  • コスメル島

の2つ。とくにイスラムヘーレス島はカンクンのホテルゾーンから直接フェリーが出ていることもあり、とても簡単にアクセスできます。

(↓)イスラムヘーレス島やコスメル島の写真一覧。クリックで拡大できます。

どちらの島も、ツアーに参加せずとも自力で行けます。フェリー乗り場までタクシーかバスで行くだけなので^^

イスラムヘーレスについては、詳しくはこちらの記事から。(↓)

コスメル島については、こちらで紹介してます。(↓)

そして、ツアーを利用していける(というか利用しないといけない)のは、

  • 海底美術館(MUSA)
  • ラグーン&ジャングル
  • 国立公園のサンゴ礁

の3つ。

(↓)クリックで拡大できます。

これらは国立公園にも指定されているので、ちゃんとツアー会社で申し込まないと訪れることができません。

  • 海底美術館(MUSA)に行ける一番おすすめなツアーは、ダイバー向けダイビングならこれicon(ボート2本)、シュノーケリングならこれicon。(どちらも日本語ガイドです。)
    ダイビングは免許を持ってないと参加できないのですが、シュノーケリングは誰でもOKです!
  • ラグーン&ジャングルは、ピンクラグーンに訪れる見所まとめツアーでも行けてそれが一番おすすめです。それに行けない場合、サンゴ礁シュノーケルとスピードボートがセットのツアー(→ボート・ライドと珊瑚礁でシュノーケリング ジャングル・ツアーicon)がコスパ高くて一押し。国立公園の一番綺麗なサンゴ礁エリアに連れていってくれました。

 

以上、カンクンの見所マップと、ツアー情報まとめでした!!

カンクンについての他のおすすめ記事