カンクンの観光スポットと見所

子連れにおすすめなカンクン周辺のセノーテ3選(シュノーケリングOK)

カンクンに行くなら、絶対に訪れたい自然の絶景「セノーテ」。

ユカタン半島の大地が数千~数万年という気が遠くなるような月日をかけて育んだ、「天然の泉」です。100mを超す透明度の淡水がたまったセノーテは、まさに絶景。世界中でココでしか見られない、とても美しい天然プールです。

そんなセノーテ、実は年齢による入場制限はなく、「親子で楽しめるスポット」でもあるんです!実際にセノーテに行ってみると、アメリカ人やカナダ人の家族連れがたくさんいます。

そこで今回は、ファミリー向けに「子供と一緒でも遊びに行けるカンクン周辺のセノーテ情報」をまとめました。おすすめのツアーや、子供料金もまとめてます。

カンクン旅行のプラン立てのお役に立てば幸いです!

1.定番「グランセノーテ」

by dronepicr CC BY 2.0

まずは、定番のGran Cenote(グランセノーテ)から紹介します。

日本人に大人気の「定番」セノーテ

グランセノーテは、水の透明度が高い、とても美しいセノーテです。

早朝には、水の中に太陽の光が差し込み、有名な「光のカーテン」を見ることもできます!

ただし、かなり濁りやすいのがこのセノーテの欠点。お昼頃には観光客が増えて、水が濁りきってしまいます。水が濁ると、光のカーテンも見えず、残念な感じに…。

グランセノーテに行くなら、絶対に朝に現地に到着するプランを選びましょう!

行き方とおすすめツアー

「グランセノーテ」は、カンクンから南に2時間行った「トゥルム」という町の近くにあります。

自力で行く場合は、直行のバスはないのでバスとタクシーを乗り継いでいくことになります。詳しくは、こちらの記事(→『カンクンから、グランセノーテとドスオホスまで安い行き方(自力で)』)を参考にどうぞ。

グランセノーテに行けるツアーはたくさんありますが、わたし的一番おすすめはこれです。(↓)

グランセノーテのほかにも、「トゥルム遺跡」、「プラヤデルカルメン(繁華街)」など、ほかの見所も回ってくれて充実の内容です!…ただし、これちょっと大人向けなんですよね…。

子供連れだと「あまりいろんなところに行くよりもセノーテでゆっくり楽しみたい」という人も多いと思います。そんなファミリーにおすすめできそうなツアーも探してみたところ、これが一番よさそうでした。(↓)

グランセノーテシュノーケリング半日観光ツアー 朝一番でセノーテを独り占め!<午前/日本語ガイド/カンクン発>

  • icon0~2歳:無料
  • 3~8歳:30%OFF
  • 9歳~:大人料金

こちらのツアーだと「子供割引」があるので、ずっとお得になります!

子供がいる場合、いろいろ忙しく回るよりもセノーテで泳いでのんびり過ごす方がいいかもしれないですね。

2.実は一番おすすめ「ドスオホス」

次に紹介するのが、グランセノーテから車で15~20分ほど離れたところにある別のセノーテ、「Dos Ojos(ドスオホス)」です。

「二つの目」という意味のドスオホスには、その名の通り、セノーテへの入り口が2つあり、奥でつながっています。

圧倒的な透明度を誇る人気No.1セノーテ

ドスオホスは、とにかくどこを切り取っても美しい!日本人にとっては「セノーテ=グランセノーテ」ですが、外国人やメキシコ人にはドスオホスの方が知られています。

みんなが自由に泳げるエリアは、こんなかんじです。

水が、まるでゼリーのような透明感のある水色で、とってもきれい。

光のカーテンも、綺麗に見ることができます!

朝の時間帯であれば観光客もあまりいないので、広いエリアを独り占めして絶景写真を撮れます!

光のカーテンの写真であれば、シュノーケリングで十分です。(道具も現地で貸し出してくれます。)

しかも、ドスオホスはグランセノーテと違って午後でも濁りにくいので、透明感のある水をより長い間楽しむことができるんです。

あまり知られていないのですが、ドスオホスでは洞窟内の鍾乳洞をシュノーケリングで探検することもできます!

これもかなり面白いので、探検好きの方はぜひ挑戦してみてください^^

行き方とおすすめツアー

そんな見所いっぱいのドスオホスは、カンクンから南へ2時間弱、「プラヤデルカルメン」と「トゥルム」の間にあります。

ここへも直行のバスはないので、自力で行く場合はバスやコレクティーボという庶民の乗る大型バンを乗り継いで向かいます。詳しくは、こちらの記事(→『カンクンから、グランセノーテとドスオホスまで安い行き方(自力で)』)を参考にどうぞ。

実は、ドスオホスに行けるツアーはあまりなく、グランセノーテと比べるとツアー内容の種類がとても少ないです。

数少ないドスオホス行きツアーの中で、現在一番おすすめなのがこれ。

グランセノーテもセットになったツアーで、「カンクンではセノーテをがっつり楽しみたい!!」という人に特におすすめ。かなり充実のセノーテ巡りツアーです。

3.遺跡見学のついでに行ける「セノーテ・イキル」

チチェンイッツァ遺跡のお隣!巨大井戸型セノーテ

セノーテイキルは、チチェンイッツァ遺跡のすぐ近くにある巨大なセノーテ。

「チチェンイッツァ遺跡」とは、マヤ文明で最も重要な遺跡の一つで、古代人の天文学の知識がふんだんに盛り込まれた不思議なピラミッドを見ることができる有名観光スポットです。

実は「セノーテイキル」は、このピラミッドで儀式を行っていたマヤの人々が、実際にほかの儀式で利用していた痕跡の残っている文化的・歴史的にも重要なセノーテなんです。

しかも、カンクン周辺ではなかなか珍しい「井戸型」のセノーテなので、下から見ると、とにかくその巨大さに圧倒されます!!

上の方から垂れ下がっているのは、木の根っこ。数十メートルにも及ぶ木の根っこを伝って雨水が流れ込み、そこら中から「ポタッポタッ」と水音が響いています。

ライフベストも貸し出してくれて、泳ぐこともできます。透明度はあまりないので水の中をシュノーケリングのように楽しむことはできないのですが、この圧倒的な景観を見るだけでも十分来る価値があります。

泳いで水の上でプカプカ浮かびながら上を見上げると、天井の巨大な穴から、はるか遠くに空やジャングルが見えてとても面白いです。

さらに、こんな風に脇の階段を上って…

ボーン!!

っと飛び込むこともできます!

安全に飛び込みのできるセノーテは限られている(十分な水深が必要なため)ので、ぜひこのチャンスにセノーテイキルで飛び込みに挑戦してみてください^^

子供にとっては、「人生で最大の天然プール」ってかんじですね^^

行き方とおすすめのツアー

セノーテイキルは、カンクンから車で3時間ほど西に行ったバジャドリッドという町の近くにあります。

グランセノーテやドスオホスとは全然違うところにあります。

そして、ここへは自力ではたどり着くのが困難(というか結局バスの値段がツアーと同じになる)なので、バックパッカーでもツアーを利用していきます。

ただし現在、「セノーテイキルだけ行くツアー」はありません。どれも、チチェンイッツァ遺跡と合わせていくツアーです。というのも、チチェンイッツァ遺跡からセノーテイキルは1㎞しか離れていないので、セットで回ったほうが効率的なんです。()

なので、「チチェン・イッツァ遺跡&セノーテ・イキル観光ツアーicon」に参加するか、もしくはさらに多くの見所を1日で巡れる、以下のツアーが一番おすすめ。

セノーテイキルに行ける一番おすすめなツアー

ピンクラグーン+チチェン・イッツァ遺跡+セノーテのツアー(タビナカ催行)
(↑)わたしも実際に参加したツアーです。

  • 0~2歳:無料
  • 3~8歳:半額
  • 9歳~:大人料金

「ピンクラグーン」という、最近話題の真っピンクの湖(絶景です!)に連れて行ってくれます。

さらに、日本では見られないようなユカタン半島のレアな動物(野生のワニ、ペリカン、フラミンゴなど)を見られるジャングルツアーもついていて、充実すぎる内容です♪

このツアーだと、肝心のセノーテイキルはおまけっぽくなりますが、それでもオープンと同時に入場できるので人も少なく、のんびり泳ぐことができます!

ツアーの中には、これよりもさらに多くの見所(+グランセノーテなど)にも行く「フォトジェニックツアー」がありますが、そこまで詰め込みすぎるツアーだと、セノーテイキルで泳ぐことができず、上から覗くだけになります。


(↑)上から見たセノーテイキル

これだと、セノーテイキルの面白さや巨大さがよくわかりません。1か所1か所をちゃんと楽しめるツアーを選びましょう!

まとめ

以上、子連れでも楽しめる3つのセノーテの紹介でした!

それぞれ、バスなどを乗り継いで「自力」でも行くことができるのですが、小さい子供がいる場合、待ち時間があったり乗り換えがあったりと、慣れない場所では思ったように動けず難しいので、やはりツアーを利用するのがおすすめです。

ツアーの場合、せっかくなので「子供料金」があるお得なツアーを選びましょう!!

ほぼ同じ内容のツアーでも、子供料金があればとっても安く予約ができます。今回紹介したツアーには、どれも子供料金があるので、ぜひチェックしてみてください^^

これを読んだファミリーのカンクン旅行が、すてきな時間になりますように!!

カンクンを子連れで旅行するファミリーにおすすめな記事

【2018】カンクンで子連れにおすすめなホテル6選(オールインクルーシブも!)カンクンは、有名なホテルだと「アダルトオンリー」のルールを掲げるところが多いです。 しかし、実はカンクンはアメリカ人にとって「ファ...
子連れカンクン旅行におすすめな見所とアクティビティ全まとめ。カンクンといえば、世界屈指の美しいビーチを持つメキシコ南部の高級リゾートエリア。 周辺にはユカタン半島の大地が生んだユニークな自然...