カンクンのホテル情報

【2018】カンクンで子連れにおすすめなホテル6選(オールインクルーシブも!)

カンクンは、有名なホテルだと「アダルトオンリー」のルールを掲げるところが多いです。

しかし、実はカンクンはアメリカ人にとって「ファミリー旅行」の定番の行き先。子連れOKのホテルも、たくさんあります!せっかくのカンクン旅行で、妥協せずに素敵なホテルで泊まれるように、今回は…

子連れOKかつ、めっちゃおすすめのファミリー向けホテル

をまとめて紹介します!

おすすめの家族向けオールインクルーシブ・ホテル3つ

まずは、3回の食事やチップ、ドリンク、おやつ、ルームサービスやアクティビティ、ジムの利用などすべてのサービスが最初から料金に含まれているカンクン名物「オールインクルーシブ・タイプ」の紹介から。

オールインクルーシブは、基本的に「アダルトオンリー」のホテルが多いのですが、「ファミリーOK」なところも、小数ですがちゃんとあります。

そんな「ファミリーOKのオールインクルーシブ・ホテル」の中で、口コミ&評価もとても高いホテル3つを厳選して紹介します!(おすすめ順です!)

1.ハイアット ジーヴァ カンクン

  • Hyatt Ziva Cancun

現時点でカンクンの子連れ旅行に一番おすすめなホテルです!

筆者
筆者
おすすめ!!とにかくめ~~っちゃおすすめ!!

ホテルゾーンの最北端にあるホテルで、繁華街からすぐ。カンクンのホテルで唯一2つのプライベートビーチ(北側と東側)を持つ特別なホテル。どちらのビーチも遠浅エリアにあるのでカンクンの中では波が一番落ち着いていて、安心して小さな子どもを遊ばせることができます。


(↑)ハイアットジーヴァの北ビーチ。美しや!

しかも、追加料金がかかりますが「イルカと遊べる施設」も併設していて、ホテルでチェックイン後に予約ができます。

イルカの水槽もホテル内にあるのでいつでもイルカを見ることができます。こんなホテルはカンクンでここだけです!

さらに備え付けのプールが広く、施設も新しくてとっても綺麗。

ビュッフェやレストランのご飯も美味しく、日本人もよく訪れるホテルで、家族連れの評価がとても高いんです。一日中ショーやイベントが盛りだくさんなので、全く退屈しません!!

あとはわたしの一押しは…完全無料の「お菓子エリア」!!

子どもにとっては天国のような空間…(大人にとっても?笑)いつもフレッシュなアイスクリーム、ジェラート、ケーキ、お菓子が大量に並んでいます♪

ちなみに、カンクンにはハイアット系のホテルがいくつかあり、有名な「ハイアット ジラーラ」の方は、「アダルトオンリー(18歳以上のみ)」なので要注意。どちらのハイアットも評価は素晴らしく、カンクンの数百あるホテルの中でも最高レベルのホテルです。

小さい子どものいる家族であれば、わたしはいつもまずココのホテルをおすすめしています。わたしが将来子供ができたら絶対またここに来ます。笑 それくらい最高のホテルでした~。

正直、すべてが完璧すぎて「カンクンに子連れでオールインクルーシブホテル」だったらここ一択といっても過言ではないほど…。ぜひチェックしてみてください^^

ハイアット ジーヴァ カンクンをチェックする

Booking.comで見るホテルズドットコムで見る

  • おすすめ度:★★★★★+
  • レストラン:★★★★★+
  • ビーチ:★★★★★
  • プール:★★★★★
  • 子供が楽しめる工夫:★★★★★
  • 値段(大人2+子供2で4人宿泊の場合):36,000円~(/部屋)
  • 最低1泊から予約可能

(★を減点できないほど完璧だったホテルはここくらいです。)

わたしが実際に宿泊してきたときのブログ記事もあるので、よかったら参考にしてみてください^^

筆者
筆者
追記:最近一番安く予約できるのは、ホテルズドットコムみたいです!(最安値保証もしてます。要チェック!)→ホテルズドットコムでハイアットジーヴァを見る

2.パナマジャック ビーチリゾーツ(旧グランカリベ)

  • Panama Jack Resorts Cancun(Gran Caribe)

次は、パナマ・ジャック(「グランカリベ」とも呼ばれます)! 聞いたことのないホテルかもしれませんが、コスパ抜群の超おすすめホテルです!子供OKなので、ファミリーには特にGood。

  • 安くてコスパのいいオールインクルーシブホテルに泊まりたい
  • ハイアットジーヴァが満室予約できなかったので、第二候補を探している

という人に特におすすめしたいのがここです!

わたしが泊まった時は、一番安い部屋のはずなのにヴィラのような巨大な部屋でした。

部屋の中も広々&オーシャンフロントで、オシャレな内装に、もう一つの部屋にジャグジー風呂も付いていて至れり尽くせり。そして、目の前は美しいプライベートビーチです!

沢山あるレストランでの食事もとても美味しく(特にイタリアン!)、お手軽価格の5つ星なのに、口コミ評価が最高にいい理由に納得でした。

Booking.comで見るホテルズドットコムで見る

  • おすすめ度:★★★★★
  • レストラン:★★★★★
  • ビーチ:★★★★★
  • プール:★★★☆☆(もうちょっと広いといいな…。)
  • 子供が楽しめる工夫:★★★★★
  • 値段(大人2+子供2で4人宿泊の場合):35,000円~(/部屋)
  • 最低1泊から予約可能

3.イベロスター カンクン

  • Iberostar Cancun

子どもOKの5つ星オールインクルーシブ・ホテル。アメリカ人ファミリーに大人気&評価のとても高いホテルです!

もしハイアットジーヴァもグランカリベもどちらも取れなかったら、ここをトライしてみましょう。ただし、最低宿泊日数が決まっていて、3泊~しか予約できません。

ホテル内に「アクアパーク」という子ども向けのウォータースライダーなどがあるプールの遊び場が併設されていたり、ボールプール付きの屋内キッズ部屋があったりと、子どもが楽しく一日中遊べる環境が用意してあります。

しかも食事はベジタリアンやヴィーガンにも対応してあり、アレルギーへの配慮もあり。

部屋のバスルームにバスタブが常設されているのも、日本人ファミリーには嬉しい工夫です^^

イベロスター カンクンをチェックする

  • おすすめ度:★★★★☆
  • レストラン:★★★★☆
  • ビーチ:★★★★★
  • プール:★★★★☆
  • 子供が楽しめる工夫:★★★★★
  • 値段(大人2+子供2で4人宿泊の場合):50,000円~(/部屋)
  • 最低3泊から予約可能

オールインクルーシブをおすすめしたい家族

正直、オールインクルーシブは幼い子どものいる家族にこそ超おすすめです!!なぜなら…

 

  • ルームサービスが頼める
    「子供の機嫌悪すぎてレストランに連れていけない…」「なんだか体調を崩しちゃったみたい」という時、オールインクルーシブならルームサービスが完全無料で頼めるんです。オールインクルーシブに泊まる子連れのファミリーは「朝ごはんはルームサービスにする」派の人も多いみたいです^^(チップも含まれているので必要ナシ。超便利です。)
  • 子どもが退屈しない
    オールインクルーシブのホテルでは、イベントが沢山開催されているのですが、子どもOKのところでは子供向けのショーやイベントもたくさんあり、子どもが退屈しません。また、スナックやお菓子も常に提供されているので、おなかがすいて子供の機嫌が悪くなるのも回避できます。(笑)
  • 親がゆっくりできる
    毎回の食事のためにわざわざホテルから出る必要がなく、全てがホテルの中で完了するのも、ゆっくり休みたい親にとってはありがたい仕組みです。
  • カンクンには子ども向けメニューのあるレストランは少ない
    カンクンのホテルゾーンでは、レストランで子供向けのメニューを取り扱っているところが少なく、お酒を取り扱っているレストランでは子どもは入れないこともあります(アメリカ流の厳しいルールです)。ファミリー向けオールインクルーシブにあるレストランは「子供がいる」ことが前提ですし、子供が入れるレストランをわざわざ探す必要がない分、かなり楽なんです。

というわけで、こんな子連れファミリーにこそオールインクルーシブをおすすめしたいです。(↓)

  • ただただゆっくりしたい(親が。)
  • 子どもの融通が利かない(イヤイヤ期など)
  • 家族みんなで「オールインクルーシブ」という極上の贅沢を味わいたい
  • ホテルのビーチを楽しめれば、外出はたまにでOK
  • レストラン探しが面倒

(とくに、のんびりしたい親にはおすすめですよ!)

おすすめの家族向けヨーロピアンプラン・ホテル3つ

ヨーロピアンプランとは、オールインクルーシブではなく「部屋代のみ」のプランのこと(=つまり普通のホテル)。

ホテルではほとんど過ごさず、ツアーなどに参加しまくる予定のアクティブ派ファミリーにおすすめです。

ヨーロピアンタイプからも、3つのおすすめホテルを紹介します!

1.マリオット カンクン リゾート

  • Marriot Cancun Resort

おなじみマリオットは、安定のサービスとクオリティが人気。無料の子供用プレイグラウンドや、浅い子ども向けプールエリアがあるなど、子ども連れにとても優しいホテルです。また、追加料金を払えばシュノーケリングやマリンスポーツなどもできます。

ファミリールームの値段もとってもコスパが高く、「2日前までキャンセルが無料」なのも嬉しいところ。繁忙期に「とりあえず、ホテルは押さえておきたい」という人は、まずマリオットを取っておくのも手です。(あとから変更できます。)

マリオット カンクン リゾートをチェックする

2.オーシャンフロント・コンド

  • Ocean Front Condo in Hotel Zone

日本人にはあまり知られていませんが、ファミリーに大人気かつ評価もとても高い(なんと9.7/10点!!)子連れにこそおすすめしたい、カンクンの隠れ高級ホテルです。

カンクンで一番大きいモール「La Isla Shopping Mall(ラ・イスラ・ショッピングモール)」の目の前(ホテルエントランスから徒歩2分)にあるので、歩いて買い物に行けちゃいます!パパが子どもをプールで遊ばせている間に、ママがちょっと歩いてモールに行ってショッピング、なんてことも気軽にできるのが便利。

ビーチに立つ日よけが、ヤシの葉でできているのも南国感溢れていて素敵です^^

オーシャンフロント・コンドイン ホテルゾーンをチェックする

3.ウェスティン ラグナマール オーシャンリゾートヴィラ

  • The Westin Lagunamar Ocean Resort Villas

ここも「ラ・イスラ・ショッピングモール」の目の前&ショッピングセンター街の真ん中にあるので、買い物にもとても便利です!部屋の中に洗濯機と乾燥機が付いているので、水着や服を何でも洗えるのも便利。さらに部屋にはキッチンもあるので、自分たちで材料を買ってきて料理をすることもできます。(徒歩15分のところにある「ククルカン・プラザ」のスーパーで果物や食材を買えます。)

3段に流れるプールがとても美しく、部屋も清潔なのにとっても安い!カンクンのヨーロピアンプランのホテルの中で立地とコスパ、便利度はNo.1かもしれません。

ちなみに、ウェスティン系列のホテルはカンクンに2か所あります。1つ目は「Westin Resort & Spa」で、2つ目はここ「Westin Lagunamar Ocean Resort Villas」。こちらのLagunamarのホテルの方が口コミや評価が圧倒的に高いので、ウェスティンに泊まるなら絶対こっちがおすすめ!

ウェスティン ラグナマール オーシャンリゾートヴィラをチェックする

ヨーロピアンプランをおすすめしたい家族

ヨーロピアンプランは、「ホテルでのんびりするよりも、家族全員で観光でお出かけしたり、外のレストランにいろいろ行ってみたい!」という、ホテル滞在時間が少ないアクティブ派の家族におすすめです。

というわけで、チェックリストは以下の3点。

  • カンクンをアクティブに楽しみたい(ツアーに毎日参加、など)
  • 好きなレストランに行きたい
  • 子どもの融通が利く(小学生以上など)

この項目に当てはまる家族は、オールインクルーシブよりもヨーロピアンプランが向いているかもしれません^^

また、もし日程に余裕がある場合は、「オールインクルーシブに2泊、ヨーロピアンプランに2泊」など、数日間ずつ楽しみ方を変えるのもおすすめですよ。

カンクンで子連れにおすすめなホテルの4つの条件

1.「アダルトオンリー」のルールがない

まずこれは大前提。「アダルトオンリー」をルールに掲げているホテルでは、子ども(18歳未満)は宿泊できません。

実はカンクンのほとんどの有名ホテル(特にオールインクルーシブ)は、このアダルトオンリー・ルールがあります。「アダルトオンリーかどうか」は、予約サイトにこんな風に明記されています。(↓)

なので、本当に子どもOKかどうか、予約時にしっかりチェックする必要があります。(この記事で紹介している6つのホテルは、もちろん子供OK。)

2.立地

ファミリー・子連れOKのホテルを予約するときに気を付けたいのが「立地」。カンクンのホテルを予約する際に、立地はかなり大切です。

特に以下の2点は絶対にチェックしておいてください!

  1. ホテルゾーンの東側にあるホテルか?
    カンクンで最も美しいビーチがあるのが、ホテルゾーンの東側です。というわけで、滞在に一番おすすめなのは下の地図の赤色の部分。

    黒い部分は、バックパッカーや節約旅行者向けのエリアで、ビーチがあるのは「ホテルゾーン」のホテルだけです。なので、ビーチを楽しみたい人は絶対にホテルゾーンのホテルを取るようにしましょう。
  2. 「プライベートビーチ付き」のホテルか?
    実は、この赤色の部分にあるホテルの中でも「プライベートビーチを持っているホテルかどうか」はものすごく大切なチェックポイント。なぜなら、この赤い部分の95%はプライベートビーチ(=ホテル宿泊者しか入れないビーチ)で、もしプライベートビーチのないホテルに泊まってしまった場合、わざわざ地元客で混みあう5%の「パブリック(公共)ビーチ」までバスで行かなければならなくなるからです。というわけで、「ホテルからすぐにビーチで遊ぶ」を実現するためには、ちゃんとプライベートビーチ付きのホテルに宿泊しましょう!

また、カンクンのショッピングセンターに買い物に行ったり、いろんな見所(セノーテ、ピンクラグーンなど)に遊びに行ったりしたいと考えている人は、ホテルがどんな施設に近いのか、歩いて行けるのか、もチェックしておきましょう。

3.子供用のプールがある

実はカンクンは、あまり知られていないのですが「波がかなり高い」ことで有名。どれくらい高いか、というと、カンクンはなんと「サーファーの聖地」でもあるほど。…というわけで、通常時でもかなり高い波があるので、子供連れで遊ぶときはかなり気を付けなければいけません。


(↑)12月:乾季の通常時のカンクンの波の様子

上の画像のような、冬の乾季は比較的落ち着いているのですが、雨季の時期(5~11月)、中でも特に秋(9,10月)のモンスーン期には海が荒れやすく、ビーチに「遊泳禁止のレッドフラグ」が連日立つことも珍しくありません。

レッドフラグが立ってしまうと、海で泳ぐことは絶対に許されませんし、厳しく監視されているうえに遊泳は「大人にとっても危険なレベル」になります。

なので、万が一そんな日に当たってしまっても、子供たちがホテルの部屋で退屈せず遊ぶことができるように、ファミリー旅行でカンクンに行く場合には「プール付き」のホテルを選ぶことをおすすめしています。

プールは悪天候でも立ち入り禁止になることはありませんし、常に遊べます。子供でも遊べる、浅いエリアのあるプールがあるところがGood。

これ、見落としがちですが結構重要なポイントですよ~。

4.食事に「子どもむけメニュー」が豊富

「ファミリーOK」と謳っていても、子連れに優しいホテルと、優しくない(というか、あまり子供向けに特別な配慮はない)ホテルがあります。

そこが明らかになるのが、食事のシーンです。

朝食のビュッフェや、オールインクルーシブホテルの場合は全食事で、「子供向けのメニューが出ているかどうか」はかなり大切なポイントになります。

子供向けのメニューが出ているところでは、スタッフが子供がお皿に盛りつけるのを積極的に助けてくれたり、余りクセがなく誰でも食べられるようなオーソドックスなメニューが常に用意してあったりします。

ささやかなことですが、子供にとっても最高の滞在になるようなホテルを選べるといいですよね。

「子連れ旅行にベストなホテルの条件」まとめ

  • アダルトオンリーのルールがなく、ファミリーOKである
  • ホテルゾーンの東側で、プライベートビーチがある
  • ホテルに子供も安心して遊べるプールがある
  • 食事に子供向けメニューが豊富

紹介した6つのホテルは、すべての条件をクリアしている、「ファミリーが安心して滞在できるホテル」です^^

まとめ

この記事でおすすめした、子連れのファミリー向けカンクンのホテルは、以下の6つ(オールインクルーシブ3つ、ヨーロピアンプラン3つ)です。

ここで紹介した6つのホテルは、どこも「ファミリーによる」口コミ・評価が最高のホテルなので、「これから家族と一緒にカンクン旅行に行ってみようかな」という人は、ぜひ参考にしてみてください。

カンクンの子連れOKのホテルの子供へのホスピタリティは、感動するほどに素晴らしいですよ。

これを読んだ方が、家族と一緒に最高のカンクン旅行を楽しめますように^^!!

カンクンに新婚旅行で行くカップルが、絶対知っておきたい10の事。メキシコの中でも、特にメキシコが世界に誇るリゾート地「カンクン」の知名度と人気は、日本でも年々上がって来ています。 ...
カンクン観光で行くべき!おすすめの見所マップ&ランキング(2018)メキシコのリゾート地「カンクン」には、本当に数えきれないほどたくさんの観光地や絶景スポット、アクティビティがあります! 細かく回っ...
カンクン旅行を自分で手配する全手順(パッケージツアーより安いよ)わたしは、いつもメキシコやカンクンを旅行するときは、飛行機、国内線、ホテル、ホテル⇔空港間の送迎、現地ツアーやアクティビティなど、すべて...
【カンクン】月ごとの天気の傾向と、ベストシーズンまとめ。この記事では、メキシコのカンクンの天気の月ごとの傾向と、ベストシーズンについてまとめました。 これからカンクンに行きたいと考えてい...
【2018版】カンクンの治安&危険情報。絶対知っておきたい注意点も!これからカンクンに旅行に行くという人へ。 まず、カンクンは世界的に見てもとても安全なリゾート地です!!でも、注意しなければならない...