カンクン旅行

カンクン周辺の3大ダイビングスポットまとめ。(ダイバー必見!)

コスメル島でシュノーケリング(魚)

カンクン周辺には、世界的に有名なダイビングスポットがいくつかあります。

その中でも最も有名&人気なのが、この3つ。(↓)

  1. セノーテ
  2. コスメル島
  3. MUSA(海底美術館)

どこも、世界中のダイバーがこぞって訪れる最高のスポットです。

それぞれ、詳しく見ていきましょう!

①最高の洞窟ダイビングが楽しめるセノーテ

セノーテでのダイビングを始めるところ

やっぱり、カンクンまで来たならここでしか見られない絶景洞窟、「セノーテ」で潜りたいところ!!

セノーテの魅力は、太陽が差し込んだ時に現れる、幻想的な青いカーテン、数mほどの巨大な水中鍾乳洞、真っ暗な洞窟空間の冒険などなど。普通のダイビングでは体験できないような素晴らしいダイビングができます。

セノーテはこんな人におすすめ。

セノーテでのダイビング体験

冒険好き、洞窟好き、暗い場所でも平気な人におすすめ。

セノーテダイビングで主に取り上げられるのは、洞窟内に太陽の光が差し込んだ時の「青い光のカーテン」ですが、それはほんの一部。内部の鍾乳洞の林を抜けて行ったり、真っ暗な中水中懐中電灯の明かりとロープを頼りに奥の方へ進んだり、海水と淡水が混ざり合う層では視界が完全に遮断されたりと、かなり冒険度高めです。

閉所恐怖症、暗所恐怖症、中性浮力がしっかりとれない人は、やめた方がいいかも。また、淡水ダイビングやセミドライのスーツ着用の経験がない人も十分気をつけましょう。

洞窟は普通のダイビングとはかなり勝手が違い、難易度が上がるので、ある程度の経験を積んだ人が行った方がいいです。

セノーテでのダイビングには、どこのダイビングショップで潜る場合でも、以下の資格と経験が絶対に必要です。

  • オープンウォーターのダイビングライセンス(Cカード)を持っている
  • ちゃんと中世浮力が取れる程度の経験(最低15本以上など)がある

②透明度50mを超える?!固有種の宝庫コスメル島

ダイビング中、岩場で見つけた小魚

プラヤデルカルメンからフェリーで行くことのできる「コスメル島」は、大規模なサンゴ礁に囲まれた島です。

この島の回りの海は国立公園に指定されていて、固有種がいっぱい…!透明度も抜群で、天気が安定している時期の海の透明度は、50~60mを超えることも!「海水で20mあったら素晴らしい」と言われている中で、その3倍の透明度なのでもう圧倒的な美しさです!

わざわざコスメル島に行くためだけに毎年メキシコに行くダイバーもいるほどで、最高に魅力的な海なんです^^

コスメル島はこんな人におすすめ。

カリブ海の黄色いお魚たち

固有種がたくさんいてとっても面白いので、お魚好きにはとってもおすすめです!

また、国立公園内ではかなりボリュームのあるサンゴ礁も見ることができます。岩の下をのぞくと、ロブスターをたくさん見つけることができますよ♪(このあたりはロブスターの名産地なんです。)

③奇妙な銅像が沈むMUSA(海底美術館)

MUSA(海底博物館)の人の像

MUSA(海底美術館)も、とっても人気のダイビングスポット。セノーテとコスメル島がプラヤデルカルメンの近くのスポットなのに対して、MUSAはカンクンの方に近いです。

MUSAは、全部で2か所あります。(どちらもホテルゾーンの近く)

  1. イスラムヘーレス島の近く(北部)
  2. ホテルゾーン南部のサンゴ礁

ダイビングで行くのは、イスラムヘーレス島の近くの方のMUSAです!

イスラムヘーレス島の方のMUSAは、水深が10mほどあり、シュノーケリングでも見ることはできるのですがちょっと遠くて見えにくい(上から眺めるだけになってしまう)です。

なので、ここを見に行く場合はダイビングツアーに参加するのがおすすめ。→このツアーなどとても安く(おそらく最安値レベル)潜れます。

それに対して、ホテルゾーン南部のサンゴ礁にある方のMUSAは、水深はかなり浅く1~3m、深くても5m程度。シュノーケリングで十分楽しむことができます。

こちらのMUSAに行く場合は、シュノーケリングツアーなのでダイビングよりもかなり安く&お手軽に行くことができます。このツアーが超お得だったので、わたしも参加してきました。凄く面白かったですよ~。

ただし、たくさんの人の像が沈んでいてユニークな像が多いのは、イスラムヘーレスのダイビングで行くポイントの方です。南部の方は、「座って輪になっている人達の像」、「爆弾」などで、「像がたくさんあって圧巻」、という感じではないです。プロモーションに使われている写真は、ほとんどが南部のものですね。

実はもう一か所、別の場所にもMUSAスポットがあるようなのですが、規模があまりにも小さい(像もちょっとだけ)ため、わざわざ行く必要はないかと…。

MUSAはこんな人におすすめ。

MUSA(海底博物館)の車の像

水深が浅く(透明度が高いので)見通しもいいので、初心者やリフレッシュダイブにも最適なダイビングスポットです!

ライセンスを持っていて、前回のダイビングから6か月以上など時間が経っている場合は、

  1. MUSAでリフレッシュダイブ↓
  2. セノーテやコスメル島でダイビング

…という流れがおすすめですよー!無駄なくカンクンのユニークなスポットで潜れます。

時間のある人は、ぜひこの不思議な世界を見に行ってみてください♪

カンクンでは「3大ダイビングスポット」を制覇しよう!

セノーテの水(午前中)

カンクンを訪れるダイバーのみなさんで、時間に余裕のある人は、ぜひ今回紹介した3大ダイビングスポットを制覇しましょう♪

ちなみに、独断と偏見で「潜るべき優先順位」をつけるとすれば…

  1. セノーテ
  2. コスメル島
  3. MUSA(海底美術館)

ってかんじです。

セノーテは、本当にここでしか潜れない素晴らしいスポットなので、ライセンスを持っている人はぜひ一度は潜ってみてください!

また、コスメル島の海の圧倒的な透明度、魚影の濃さ、ダイナミックな地形とサンゴ礁は、全てのダイバーにとって一見の価値ありです!わたしのダイビング仲間は何人も「コスメルで潜るためだけ」に、メキシコ旅行をリピートしているほど…。

そして、MUSAもカンクンでしか見ることはできません。沈没船は世界に数あれど、海底に「美術館」があるのはここくらいです。「アート×自然×環境保護」の取り組みも、ユニークですよね。ここはシュノーケリングでも行けるので3位にしましたが、滞在中にダイビングでもシュノーケリングでも一度は行ってみて欲しいスポットです♪

 

以上、「カンクンの3大ダイビングスポット」についてでした。

この記事が、これからカンクンに行く人・今いる人のお役に立てば幸いです^^♪

ダイビングショップを探している人は、こちらの記事も参考にどうぞ。おすすめやスポット事に一番お得なツアーを比較して見つけました。(↓)

コスメル島でシュノーケリング(魚)
カンクン周辺の3大ダイビングスポットまとめ。(ダイバー必見!)カンクン周辺には、世界的に有名なダイビングスポットがいくつかあります。 その中でも最も有名&人気なのが、この3つ。(↓) ...

メキシコで使えるクレジットカード(愛用中のおすすめ3つ)

こちらの記事もおすすめ