カンクン旅行

カンクン旅行で、持っていってよかった持ち物12選(超おすすめ!)

カンクン旅行におすすめの持ち物

カンクンについて今までいろんな記事を書いてきましたが、意外とお問い合わせで聞かれることが多かったのが「日本から持っていった方がいい持ち物」。

というわけで、本記事内ではわたしが個人的に

  • カンクンに持って行ってよかった!
  • 持っていけばよかった!!

心から思ったものたちをリストにして紹介します。

※なお、ここでは当たり前に必要になる「パスポート」や「クレジットカード」などは省かせていただきますm(_ _)m

また、この記事内では、わたしが本当におすすめできるものしか商品のリンクを張っていないので、よかったら事前準備の参考にしてください^^

1.水着&サンダル

ビーチリゾートの世界王者「カンクン」に行くなら、水着&サンダルは必携です!!カンクンにも水着やサンダルは売っていますが、正直日本で買った方が圧倒的に品質&コスパがいいです。

カンクンにやってくる観光客のほとんどはアメリカ人やカナダ人なので、彼らの好みに合わせた微妙にダサいデザインが多いんです(「I ♡ CANCUN」とか書いてあるアレ。)

ぜひ、日本からお気に入りの水着&サンダルを持っていって、楽しんでください。

水着は一人2セット持っていこう!

2着の水着

あと、カンクンに行く人全員に全力で伝えたい。

水着は絶対に2セット以上持っていきましょう!!!!と。

なぜなら、1セットしかないと、濡れた水着を次の日も着ることになります。これ、ひんやりしてめちゃ不快です…(わたしは1セットしか持って行かなかったので、濡れた水着を着るのが毎朝本当に憂鬱でした。笑)

2セットあればローテーションで乾かしながら使えるので快適です!!

おすすめのサンダル

ビーチサンダル

サンダルは、個人的にものすごくおすすめなブランドがあります。それが、「havaianas(ハワイアナス)」というブラジル・ブランドのビーチサンダル。

デザインはシンプルですが、とても履きやすく疲れにくく、丈夫なので絶対に壊れず品質最高です。あとなぜか全然指が痛くならないんですよね…。しかも1,000円という安さ。コスパ高い!!

おすすめすぎて、うちは家族全員ハワイアナスのサンダル使ってます。

2.日焼け止め

メキシコの日差しは強烈で、日本の2~3倍の強さといわれています。

特にカンクンではビーチの白砂からの照り返しもあり、強烈に焼けます。肌を焼きたくない人はしっかり日焼け止め対策をしたうえで楽しみましょう。

そして、日本の日焼け止めは世界一のクオリティです。カンクンでは日本のものほどしっかりした日焼け止めはマジでどこにも売っていないので、日焼け止めを買うならゼッタイ日本で!!!!

いろいろな日焼け止めがありますが、一番おすすめ&わたしも愛用しているのは、おなじみ「アネッサの金」です。

 

アネッサの金のUVカット力は本当に素晴らしいです。わたしも毎回メキシコ旅行には絶対持っていってますが、本当に焼けないし、思いっきりマリンアクティビティしても落ちないです。強い。

肌の弱い人は、唇のあたりなどが荒れてしまうかもしれない(わたしはそれです…)ので、敏感肌の人は薬用リップクリームも持って行くのがおすすめです。

日よけグッズも忘れずに。

サングラス帽子などの日よけグッズも、あった方がいいと思います!

サングラスは特に、日本の品質のしっかりしたサングラスを持っていった方が良いです。

なぜなら、カンクンのお土産物屋などで売られているものは品質が悪くUVカットがされていないことがあるから。(暗い色のフィルムが張ってあるだけ。ものすごく目に悪いです!)

また、ブランド物の高級サングラスが欲しい人は、カンクンに到着の際に空港に入っている免税ショップ(カンクンの空港にはアライバルにも免税店あります)で買うという手もありますし、ショッピングセンターやホテル内でも売ってます。

が。なぜか値段は日本の方が安いです。やっぱりリゾート価格なので。。

帽子は、現地でも10~20ドル程度で沢山売られています。が、デザインや品質、コスパは日本のものの方が上。

…というわけで、日焼け止め、サングラス、帽子の3点セットはできるだけ日本から品質のいいものを持参しましょう!

3.シュノーケリングセット

シュノーケリングも、カンクンの楽しみのひとつ。

カンクン周辺のシュノーケリングスポットでは、アジアの海では見られないような「固有種」をはじめ珍しいトロピカル・フィッシュ、美しいサンゴを見ることができます!


(↑)右側の写真の「トードフィッシュ」は、世界中でこの辺りでしか見られないレアな固有種です。

水中メガネでも代用できますが、せっかくなら顔を上げることなく息ができる「シュノーケリングセット」を持っていくのがおすすめ。
るフィンは結構かさばって荷物になるうえに、どこでもレンタルできるので持っていく必要なし。

シュノーケリングの2点セットで、おすすめはこれ(↓)

格安なのに確かな品質が嬉しいです。

ちなみに、目の悪い人向けの「度の入ったシュノーケルマスク」も販売されています。わたしは普段あまりコンタクトレンズをしないので、度入りのマスクを愛用しています。

また、セノーテではレンタルもできるので、セノーテに行くだけであれば不要です。国立公園などで「サンゴ礁を見たい」という人におすすめ。

4.防水カメラ

まずはじめに…地上で撮る写真は、iPhoneで十分!(笑)

最近のiPhone Xってカメラ機能すごいですし。iPhone 8 Plusから出始めた話題の「ポートレートモード」とか、一眼カメラで撮ったみたいに綺麗です。わたしのカメラマンの友達もみんな「普通の写真なら、iPhoneで十分!」「iPhoneは優秀すぎる」と声をそろえて言っています。

ただし、もしカンクンの見どころをいろいろと巡る予定なのであれば、防水カメラがあると楽しみ方がグッと広がるのでとてもおすすめです。

おすすめの防水カメラはこれ。

防水カメラについては、わたしもどれがいいのかずっと探してきました。結果、ここ数年は同じシリーズの防水カメラを買い続けています。

それがオリンパスのTGシリーズ。なんとハウジングなし(カメラそのままで)で水深15mまで持って行けます。

そして、特に気に入っているのが「水中の色補正」をしてくれる点。普通の防水カメラだと、なんだか緑色っぽい、青っぽい写真になります。ちょうど、こんな感じ⇓

(↑)わたしの、昔の水中カメラで撮った写真です。どんなに性能や画質のいいカメラで撮っても、同じような感じになります。

これが、TGシリーズのカメラだとパキッとした印象のとても鮮やかな水中写真が撮れます。⇓


(↑)撮影:わたし@カンクン。

見て分かる通り、色合いが全然違います!初めて使ったときはとても感動しました。

水中で撮影できるカメラを探していたとき「GoPro(ゴープロ)」も選択肢の一つに考えていたのですが、GoProはこの色補正がないので写真が全体的に緑っぽいんです…。GoProの水中専用フィルターを別途購入すれば綺麗に映りますが、元々撮影モードに入っているTGシリーズなら最初から美しい写真が撮れます。

水中マクロモード(接写)もあり、こんな写真も撮れました。

(↑)わたしがTGカメラで撮った写真です。プロっぽい!(笑)

こんな風に、小さい生き物や珊瑚でも、くっきりしっかり色を映し出してくれます。水中が本っ当~にカラフル&綺麗に撮れるので、大満足のカメラです。

5万円以下でこのクオリティーは他ではなかなかないと思います。私もTGシリーズは愛用し始めて早5年ですが、とっっってもおすすめです。(最新モデルは「TG-5」です。↓)

水中だけでなく地上でもとても綺麗な写真が撮れます。

(↑)TGで撮ったカリブ海!(加工なしです。)

特に青空がとても美しく撮れる点が気に入っています。陸も海も、これ一台でカンクンの美しい見どころは網羅できると思います^^

もし、水中で15mより深いところまで行く場合、ハウジングを別途購入する必要がありますが、これは本格的にダイビングする人向けです。→OLYMPUS TG-5用防水プロテクターハウジング

普通にシュノーケルを楽しむ程度であれば、ハウジングは必要ないです^^

5.魚眼レンズ

そして、カメラのついでにおすすめしたいのが、「魚眼(広角)レンズ」。かなり広角なので、広い範囲を撮影できて、こんな感じの写真が撮れます⇓

(↑)は、わたしが撮った写真です。初心者でもいい感じに撮れるんです。

美しいビーチを前に、記念撮影をする時、普通のカメラで撮った時とはまた違う、ものすごく「絵になる写真」が撮れるのでおすすめです!

最近は、iPhoneのカメラに付けられるレンズもお手頃価格(1,000円~)で販売されています。

↑楽天のこれおすすめ。iPhoneで撮れる写真のバリエーションが増えて楽しいし、たったの1,000円で評価がとても高いです。

写真を撮るのが好きな人は、試してみるといいかも。ちなみに、さきほど紹介したTGシリーズのカメラに付ける魚眼レンズもあり、わたしはこちらを愛用しています^^

↑いろいろ見ましたが、この楽天が最安値でした。オリンパスの魚眼レンズはちょっと高価ですが、クオリティーの高い広角写真が撮れるので満足しています。

※これを使う場合、このレンズとカメラを繋ぐOLYMPUS コンバーターが必要になるので、必ずセットで買ってください。(最初から付けておいてくれればいいのに、と思いますが。笑)

6.カンクンのガイドブック

やっぱり、ガイドブックがあると楽しみ方が広がります!カンクンにどんな見どころがあるのか、必見スポットはどこなのか、効率のいい巡り方などを把握するのに、ガイドブックは最適です。

こちらの記事(↓)で紹介しているものがおすすめです。

メキシコ旅行が楽しくなる!おすすめのガイドブック5選(2019版)【2018年10月に最新情報に更新しました。】 旅において、情報は命!どれだけ情報を持っているかで、楽しみ方や旅の仕方が一気に変わ...

7.折り畳み傘

特にカンクンに雨季(5~11月)に行く予定の人は、折り畳み傘は《必携》です!

どんなに天気が良くても、突然スコールが降ってくるのがカンクンの雨季。なので、宿泊先を出る時に天気が良くても油断せず、折り畳み傘をかばんに入れておくのがおすすめです。

日本の折り畳み傘は軽量で品質もいいので、これも日本から用意していくのが良さそうです。折りたたみ傘 68cm(←カンクンのモンスーン期にも負けない。壊れにくくておすすめ。)

とにかく丈夫なの(そしてできればBIGサイズ!)を持って行くのがおすすめです。

カンクンにももちろん傘はたくさん売っていますが、かなり品質が悪く重~い折り畳み傘でも10ドルとかしてしまうので…。

間に合わなければ、とりあえず日本の空港にある「無印良品」で買っていくといいかも。無印良品の折り畳み傘はちょっと高いけど、軽くて丈夫でおすすめです!

8.酔い止めの薬

とくに、カンクン周辺の島巡り(めっちゃおすすめです)をする予定の人、ダイビングをする予定の人は、酔い止めの薬は絶対に持っていった方がいいです!

カンクン周辺の海は波が高いので、フェリーや船に乗る時に船酔いをする人が急増します。(わたしも一度死にそうになりました。。)

せっかくカンクンを遊び尽くすなら、100%のコンディションで臨みたいところ。忘れがちですが、ぜひ、酔い止めの薬はしっかり準備していってください!

ちなみに、「ビーチでのんびりするだけ」or「船には乗る予定ない」という人は、酔い止めは不要ですよ~。

9.押すだけ系の虫よけ

これも本当にめちゃくちゃおすすめです!!カンクン行くたびにものすごく重宝しています。

カンクンは常夏なので、けっこう蚊が多いです。そして、蚊が宿泊先の部屋にいたりすると本当に萎えます。しかし!これがあれば、プシュっと一回押しておくだけで蚊がいなくなります。

日本の夏の期間であれば、町の薬局でもよく売っているのですが、夏以外には見かけません。秋~春には、ネットショップで買うことができます。

(↑)一番おすすめなのはキンチョーのスプレー。わざわざ体に塗らなくてもよくて一度押すだけなので簡単。ストレスゼロで退治できます!

カンクンでの旅行だけでなく、南国旅行には毎回持っていく、わたし的「旅の必需品」です!

10.マイクロファイバーのタオル

カンクンでいろんなアクティビティや見どころに行く予定の人は、フェイスタオルが一枚あるとかなり重宝します。

個人的におすすめ&ずっとリピートしているのが、「マイクロファイバー」と呼ばれるものすごく細かい繊維のタオル。

前に雑誌で紹介されてたのを見て、これを買いました。(↓)

これ、めっちゃ安いのにふわふわ&品質◎で、吸水率が抜群!しかもすぐ乾くんです。

水泳選手などが使っている「速乾タオル」というペラペラ生地のタオルもすぐ乾きますが、わたしはタオルに”ふわふわ感”を求めているので速乾タオルは却下です(笑)

ちなみにマイクロダイバータオルの品質は本当にピンキリなので、自分で選ぶときは気を付けて!

バスタオルは要らないよ

「旅の荷物リスト」に入れている人も多いバスタオルですが、「まったくもって不要」です。ホテルに泊まっている場合、部屋に常備されていますし、ビーチでもホテルで無料の貸し出しがあります。

ただし、もしホテル意外のビーチ(イスラムヘーレス島や、パブリックビーチなど)や、マリン系のツアーに行く場合は、体を拭く用のフェイスタオル一枚と、下に敷く用の大判で薄い生地の、かさばらない&軽い布があるといいかもしれません。

11.コンセントの変換プラグ

メキシコのコンセントのプラグの形状は日本と同じ「Aタイプ」と、たまに「Bタイプ」も使われることがあります。

ホテルの電源がBタイプだった場合、変換プラグが必要になります。

ホテル側で用意してくれている場合もありますが、繁忙期にはちゃんと貸してもらえるかわからないので、自分で用意していきましょう。

他の国でも使えるような万能系の変換プラグがおすすめです。

↑これは、世界中で使える上に高速USBポートと変圧器も付いているので、同時充電できて便利です。200か国以上対応で、もちろんメキシコでも使えます。

また、基本的に、カンクンへの旅行に「変圧器」は必要ありません。カンクンと日本の電圧の違いは、以下の通り。

  • 日本の電圧:100ボルト
  • メキシコの電圧:110ボルト

日本とメキシコの電圧の差は10ボルトです。

iPhoneやAndroidなどのスマホ類、ノートパソコン、カメラなどの充電については、基本的に「世界電圧対応」になっているはずなので、まず変圧器は必要ありません。なぜなら、これらはもうすでに「海外の電圧対応」になっているから。(「100-240v(数字は商品によって多少変化しますが)」などと書いてあれば絶対に大丈夫です。)

その他の電化製品については、海外の電圧にも対応しているかどうか確認しておきましょう。

心配なのはドライヤーやコテ、電動歯ブラシ、シェーバーなどの電子機器類ですが、それについても10ボルトほどの差であれば長期(1か月以上など)で使わない限り大丈夫です。一応、対応電圧をチェックしてみてください。(ドライヤーは基本的にホテルに常備してあるので、持っていかなくても大丈夫です。)

変圧器は4,000円程度で手に入るようなので、どうしても心配な人はチェックしてみてください。(↓)

 

12.モバイルバッテリー(兼、充電器)

海外旅行では、モバイルバッテリーが一つあると安心感が全然違います。

特に、スマホでたくさん写真、ムービーを撮ったり、現地でもスマホを使う予定の人は、充電量を気にせずにスマホを使うことができるので、絶対一つ持っていくといった方がいいです。

最近、わたしの中で一番おすすめなのはこれ。(↓)

これ、何がすごいって、これ1台で「大容量モバイルバッテリー」と「2ポートUSB急速充電器」兼ねてるんです!!めちゃくちゃ画期的。天才。旅仲間に教えてもらって知りました。

これがあれば、ホテルで夜にiPhoneとかカメラを、USBポートとして繋いで充電しておく→朝、そのままモバイルバッテリーとして持っていくことが可能。便利!!

しかも充電もめちゃ早いです!さすがAnker製。iPhoneにもAndroidにも使えて、1台でスマホを2,3回充電できます。もう、これがあれば普通のモバイルバッテリーは不要ですな…。

値段も全然高くないし、現時点で一番おすすめな高品質モバイルバッテリーです。これには、本当に旅中助けられています…。

まとめ

さて、ずらっと紹介してきましたが、リストにまとめるとこんなかんじです。

 

  1. 水着2着以上&サンダル(特にhavaianasがおすすめ)
  2. 日焼け止め(アネッサの金)
  3. シュノーケリング 2点セット
  4. 防水カメラ(TGシリーズのカメラ
  5. 魚眼レンズ(スマホ用TG用
  6. カンクンのガイドブック(→こちらの記事
  7. 折り畳み傘
  8. 酔い止めの薬
  9. 蚊がいなくなるスプレー
  10. マイクロファイバー フェイスタオル
  11. 海外用 マルチ変換プラグ
  12. モバイルバッテリー(Anker PowerCore Fusion 5000

どれも、カンクンの旅を何倍も「楽しく&便利」にしてくれる、優秀なモノたちです!本当におすすめなので、ぜひ気になるものがあったらチェックしてみてください。

 

以上、カンクンに持っていってよかったもの12選でした。

これを読んだみなさんのカンクン旅行が、最高に楽しいものになりますように!

カンクンに行くなら、こちらの記事もおすすめ。(↓)

カンクンのウェディングフォト(夕焼け)
【カンクン】現地オプショナルツアーのおすすめを正直に紹介します!!今まで、カンクンには5,6回行ったことがあります。そのたびに誘われるがまま、いろんな現地アクティビティーを経験してきました。定番のウォー...
ハイアットジーヴァ屋上空間
カンクンの、フォトジェニックな観光スポット10選(2019版)メキシコのカンクンでおすすめな、写真映えする見所を10か所紹介♪ビーチ、セノーテ、ピンクレイク、遺跡、デザインホテルなど…カラフル&エキゾチックな「SNS映えスポット」がいっぱい!...
こちらの記事もおすすめ