オアハカ旅行

大好きなオアハカの、本当におすすめな観光地+穴場18選!

オアハカのイエルベエルアグア

最近、メキシコを訪れる日本人観光客の間でも人気が高まってきている「Oaxaca(オアハカ)」。

わたしも、大・大・大好きな町です!!
  • 「メキシコで最もメキシコらしい場所」
  • 「一度行ったら絶対ハマる」
  • 「治安がとてもいい」
  • 「買い物が楽しい手仕事天国」

など、実際に行った人の評判も上々です!

オアハカは、メキシコの有名なお祭り「死者の日」の名所でもあり、また毎年夏に開催されるお祭り「ゲラゲッツァ」は、中米で最も大規模な先住民のお祭りです!

そんなオアハカ、もちろんお祭りの時期に合わせて行くのもいいのですが、他の時期に観光で訪れても、おすすめな見所がいっぱい!

今回は、そんな魅力あふれる街・オアハカの観光地、見所、知られざる穴場スポットなどをまとめました。

これからオアハカに行く人、今いる人の役に立てば幸いです♪

定番の観光地&見所

1.中心地(ソカロ広場~サントドミンゴ教会)

オアハカのサント・ドミンゴ教会

オアハカに行く人全員が必ず一回は行くだろうと思われるのが、オアハカ市の中心地。ソカロ広場と、北にあるサント・ドミンゴ教会と、その2つをつなぐアルカラ通りです。

ここには、オアハカで話題のお店やコーヒーの美味しいおしゃれカフェ、洗練された話題のレストラン、可愛い手仕事のお店など、オアハカの魅力がギュギュっと詰まっています!歩行者天国のアルカラ通りには、いつもたくさんの人でいっぱい!夕方以降は、まるでテーマパークのような賑わいです。

ソカロ広場とサントドミンゴ教会前の広場では毎日のようにイベントが開催されていて、週末にこのあたりをぶらぶらしていると、とつぜんオアハカの伝統衣装に身を包んだ人たちのパレードが始まったり、音楽隊がパフォーマンスしていたりと、とにかく飽きません。

「とりあえずオアハカに到着したけど、どこから楽しめばいいのかわからない」という人は、まずはここに行って、オアハカの楽しい雰囲気を味わってみましょう♪

場所 オアハカの街の中心通り
地図
行き方 オアハカの中心地(サントドミンゴ教会か、ソカロ)に行けば、そこから歩行者天国。
営業時間 いつでも。
週末と平日の夕方以降は、特に盛り上がる。

散策に疲れたら、コーヒーの美味しいカフェで一休みするのがおすすめです^^ こちらの記事(↓)で、中心地の美味しいコーヒーショップを紹介しています。

オアハカで美味しいコーヒーを♪おすすめのカフェ4つオアハカといえば、何を思い浮かべますか? 「カラフルで可愛いフォークアート」 「刺繍の民族衣装」 「死者の日のお祭...

中心地で買い物するなら、こちらもチェック!(↓)

手仕事楽園オアハカの、可愛いメキシコ雑貨ベスト10。(お土産に)可愛いメキシコ雑貨といえば、オアハカ! 刺繍、木彫り、民族衣装など、Oaxaca(オアハカ)は手仕事による民芸品の宝庫です。今回は...

 

 

2.モンテ・アルバン遺跡

モンテアルバン遺跡

モンテアルバン遺跡は、オアハカ郊外の盆地のなかにある小高い丘に聳え立っている、古代サポテコの文明の中心地的遺跡です。なんと、紀元前500年~紀元800年頃までのおよそ1,300年間もの間繁栄したと言われていて、考古学において古代メキシコの歴史を紐解くために非常に重要な遺跡です。

遺跡の見所は、遺跡の広場の中心地にある展望台や、ピラミッド、そして「踊る人(Danzante)の石彫」。そして、丘の上に立っているので盆地の眺めがめちゃくちゃいい!!!まさに「オアハカの絶景」です。

自力(公共バス利用)や、ツアーでも行くことができるのですが、よりよく歴史を知るためには現地ツアーがおすすめ。自由時間もあるので、ゆっくり回ることができます。

場所 オアハカ・バレイ
地図
行き方 現地ツアーに参加するか、オアハカ発のバスで行く
営業時間 8:00~ 16:30(博物館はもう少し早く閉まる)

モンテアルバンについて、くわしくは以下の記事にて。

オアハカ「モンテアルバン遺跡」の簡単な行き方2選(バス、現地ツアー)メキシコのオアハカ観光の目玉である、「モンテ・アルバン遺跡」。 この記事では、モンテ・アルバン遺跡の概要や歴史、そして行き方(バス...

 

 

3.イエルベ・エル・アグア

オアハカのイエルベエルアグア

イエルベ・エル・アグア(Hierve el Agua=沸騰する水、という意味)は、オアハカが世界に誇るユニークな景勝地。ここは山の中なのですが、なぜかカルシウムと石灰を豊富に含んだ温泉が出ていて、長~い年月をかけてこの不思議な地形が作られました。

ここの見所は、「まるで滝のように見える石灰岩」と、「段々畑状の天然インフィニティプール」の2つ!

滝状の石は、下から見るとものすごい迫力なので、ぜひ下までトレッキングルートを降りて見てみてください!自然にできた美しいインフィニティ―プールは温水で、オアハカのどこまでも続く山脈を眺めながら泳ぐことができます。(冬は寒いかも。)

わたしも大好きな場所で、なぜか今までに4回くらい訪れています。笑 何度行っても飽きない!素晴らしい見所です。ちなみに、自力で行ったら乗り換えのバンが数時間も来なくて超大変だったので、ツアー参加がおすすめです。

場所 オアハカ市から67km南東へ。
地図
行き方 ツアーに参加がおすすめ。
営業時間 9:00~18:00

 

 

 

4.手仕事の村巡り(魔法のルート)

アラソラ村のアレブリヘ

オアハカは、メキシコで最も手仕事が盛んな州です。木彫り(アレブリヘ)、織物、刺繍、伝統衣装、羊毛のラグ、陶器、銀細工など、様々なものが作られています。

そして、オアハカ周辺では「一村一品運動」が盛んで、各村に職人たちがたくさん住んでいて、その村の名産品を作っています。オアハカ市内から少しだけ足を伸ばしてみると、小さな村でコツコツとものづくりをしている職人さんたちの姿を実際に見ることができます。

村では、オアハカ市内のショップにはないようなユニークなものが売られていたり、お気に入りの職人さんから好きな商品を買うこともできます。ツアーに参加すれば、真っ黒な陶器「バロネグロ」や、カラフルな木彫り「アレブリヘ」の工房を見学できますが、個人で行くこともできます。

わたしがオアハカに行くときは、なによりもこの手仕事の村巡りをするのが何よりもの楽しみで、ついつい村巡りをするためにオアハカに長居してしまいます^^

場所 手仕事の村は、オアハカ周辺に点在している
  • 木彫り:サンマルティン・ティルカヘテ村、アラソラ村など
  • 陶器:アツォンパ村、サン・バルトロ・コヨテペック村など
  • 刺繍:サンアントニーノ村など
  • 織物:テオティトラン・デル・バジェ村、サント・トマス・ハリエサ村など
行き方 ツアーに参加するか、乗り合いタクシーで自力で行くこともできる
営業時間 とくになし。
村巡りに適しているのは、10:00~17:00頃まで。

手仕事の村について、こちらの記事でさらに詳しく書いています!(↓)

【オアハカ】日帰りで行ける、手仕事の村10選(木彫り,刺繍,タペテ,陶器など)オアハカは、手仕事の宝庫。オアハカ市の近くには、手仕事が盛んな村がたくさん集まっています! 手仕事で有名な村々を繋ぐ大通りは、「R...

 

 

5.村のティアンギス(青空市場)

トラコルーラの先住民市場の花屋さん

オアハカ州は、メキシコでトップの先住民率(約40%)を誇る「先住民の州」です。そんなオアハカには、先住民文化や暮らしが生き生きと残っています。

それを最も色濃く感じられる場所が、古代メキシコの時代から続く「ティアンギス(tianguis)(先住民の青空市場)」です。オアハカ周辺の各村で、週に1回開催されるティアンギスでは、野菜やフルーツ、(肉用の)動物、花、唐辛子やスパイス、日用品、手仕事、服、そして食用の虫など、なんでも山積みで売られています!

ティアンギスでは、いつも人々の熱気に溢れ、規模の大きいところでは迷子必至。美味しい屋台も沢山やってきていて、とっても美味しい伝統的なグルメ(「バルバコア」と呼ばれるヤギ肉の料理やスープ、モツのスープなど!)や、手作りのニエベ(オアハカのアイスクリーム。めちゃウマ。)も味わえます。

タイミングが合えば絶対に行くべき、「オアハカらしさ」を全身で感じられる場所です♪

ティアンギスのある村 おすすめは、金曜日のオコトラン村と、日曜日のトラコルーラ村
開催日 それぞれ週に一回
行き方 ツアーか、乗り合いタクシーを利用
営業時間 盛り上がるのは、お昼前~16:00頃まで。

ティアンギスについては、こちらの記事でさらに詳しく書いています!(↓)

【オアハカ】先住民市場・ティアンギスの開催日リストまとめ(曜日別)オアハカ周辺では、毎日のように各村でティアンギスと呼ばれる先住民市場が開かれます。 ティアンギスは、オアハカに行ったらぜひ一度は訪...

 

 

6.メスカル工房見学

メスカル工場(オアハカ)発酵したアガベ

「オアハカといえば?」とメキシコ人に聞くと、帰ってくる答えで多いのが「メスカル!!!」という答え。Mezcal(メスカル)とは、アガベから作られる蒸留酒で、メキシコ人が一番好きなお酒です!(メスカルのうち、特定の地域産のものだけが「テキーラ」と呼ばれます。)

オアハカは、そんなメスカルの一大生産地。メスカル工房の見学は、メキシコ人観光客にとってはオアハカ観光で絶対に外せない、「1番の見所」です。笑

メスカル工房の見学では、原材料のアガベの畑から、アガベの核を取り出して発酵させるところ、アルコールを蒸留させるところなど、1つ1つの工程を順番に見ていき、最後には飲み放題の試飲パーティーが楽しめます(みんなの目当てはコレ)。

いろいろ試飲すると、本当にどれも風味や味わいが異なることに驚くはず。実際に気に入っメスカルを購入することもできて、かなりお得なのでお酒好きにはとってもおすすめです!個人で行ってもあまり案内してもらえないので、これはツアーで行くのが◎。

めちゃくちゃ素敵な隠れ家的お庭で試飲ができて、ガイドさんからメキシコ流の冗談コール(?)も聞けて、雰囲気も含めとっても楽しいですよ~!

場所 オアハカにはメスカル工房がたくさんあるけど、おすすめは「Mezcal El Rey de Matatlán」。
オアハカ市からアクセスしやすく、丁寧に工程を見せてくれて試飲もし放題!
地図
行き方 乗り合いタクシーでも行けるけど、ツアーがおすすめ。
(大人数で行くと、試飲の種類がいっぱいある&丁寧に説明してくれるため)
営業時間 8:00~18:00

 

 

 

7.ミトラ遺跡

ミトラ遺跡

オアハカで、「モンテアルバン遺跡」の次に有名な遺跡がここ、ミトラ遺跡。スペイン人到来後も破壊されず綺麗な状態で残った、珍しい遺跡です。古代メキシコ文明の一つ「サポテコ」の遺跡で、「Mitla」という名前は先住民言語のナワトル語「ミクトラン(死者の地、という意味)」から来ています。

この遺跡の何よりもの目玉は、建物や家々、墓の壁面を飾っている石彫モザイクの美しさ!!全てのモダイク模様に意味があり、波(水)、神、火など、ガイドさんが説明してくれます。このミトラのモザイク模様は、現在もサポテコ先住民の人々のアイデンティティーになっていて、彼らの作る羊毛ラグ「タペテ」や、木彫り「アレブリヘ」の絵付けでもこの模様がよく見られます。

ちょっとニッチな見所としては、この遺跡のすぐ隣にはカトリックの教会があるのですが、そこの教会建築に、ミトラのモザイクパターンが使われてるんです!(メキシコ先住民文化を徹底的に否定していた植民地時代のカトリックなのに、ここでまさかの文化混合!これは歴史的にも面白い現象です。)

綺麗なモザイクが残る建物の内部や、神殿、地下のお墓にも行くことができるので、遺跡好きの人にはとても面白いと思います!

場所 オアハカ市から、南東方向に40㎞。
地図
行き方 自力でも行けるが、説明付きのツアーがおすすめ。
営業時間 8:00~17:00

 

 

 

8.トゥーレの木

オアハカのトゥーレの木

ギネスブックに「世界で一番太い木」として登録される「El Tule(エル・トゥーレ)」。樹齢は不明ですが最低でも1,400歳を超えるといわれています。(あまりの大きさに普通のカメラに納まりきらなかったので、魚眼レンズで撮影しました。笑)

「メキシコ・ラクウショウ」というスギ科の木で、ナワトル語(アステカの言葉)では「アウェウェテ(Ahuehuete=水の老人)」と呼ばれています。

わたしは最初、「たかがデカい木」と思って見に行ったのですが、実際に近くで見たら、圧倒されるほどの大きさに本当に衝撃を受けました!!これは見る価値ありです。

複雑な幹の形の中に、ジャガーやゾウ、ワニに似た部分を探すのも楽しいです。現地の子供たちが公式の解説ツアーを行っているので、頼むと(スペイン語だけですが)隠れキャラの場所を教えてくれます。(案内してくれたら、チップもあげましょう♪)

古代メキシコの時代からこの土地にそびえ立ち、人々の歴史を見守ってきたトゥーレの樹の貫禄は、確かに凄いものでした。

オアハカを訪れる際には、ぜひこの木に会いに行ってみてほしいです!!

場所 オアハカ市から東へ10㎞。Santa María del Tule村の教会横にある。
地図
行き方 オアハカ市からタクシーで片道20分。ツアーもある。
入場:10ペソ
営業時間 9:00~17:00

 

 

 

9.べインテ・デ・ノビエンブレ市場

オアハカの市場(食事のベインテデノビエンブレ)

ここ「べインテ・デ・ノビエンブレ(20 de Noviembre)市場」では、安くて美味しいオアハカ料理を味わうことができます!

客引きが多いので少し圧倒されるかもしれませんが、気になるお店があったらぜひ「モーレ(オアハカの伝統的な料理用のチョコレートソース)」や「トラジューダ(オアハカ版のピザのような料理)」を試してみてください♪

写真の「Chabelita(チャベリータ)」というお店の、ベジタリアン・トラジューダはわたしも大好きでよく食べます。かぼちゃの花とオアハカチーズ、キノコがたっぷりで超ボリューミー(2人で1つでOKなサイズ)なのに、たったの80ペソ(約480円)という安さ!

安くておいしいオアハカ庶民の味を楽しむなら、とりあえずここの市場に行きましょう♪ジュース専門店のフレッシュジュースも、安くてフルーツ100%で美味しいですよ~

場所 オアハカ市内
地図
行き方 ソカロ広場から3ブロック南へ。
営業時間 7:00~21:00

 

 

 

10.ベニート・フアレス市場

オアハカの市場(ベニートフアレス)

「オアハカでお土産を買うなら、まずベニート・フアレス市場へ!」というほど、オアハカの民芸や雑貨、手仕事などなんでも揃っている市場です!

ここでは最近日本で話題の「メルカドバッグ」も売られていますし、メキシコの可愛い切り絵「パペル・ピカド」や、キャンディー入りのくすだまピニャータ、手編みのバスケット、手刺繍の服、手作りチョコレートやオアハカチーズ、料理道具や食器など、お土産にぴったりなものが目白押し!

人々で賑わう様子も楽しく、オアハカに行ったら1回は絶対に行っておきたい必見スポットです♪

場所 オアハカ市内
地図
行き方 ソカロから南へ2ブロック。ベインテ・デ・ノビエンブレ市場の隣。
営業時間 7:00~21:00

 

 

 

おすすめ穴場スポット

11.オアハカ民俗植物園

オアハカの民族植物園(サボテン)

ここ「オアハカ民族植物園(Jardín Etnobotánico de Oaxaca)」は、密かにわたしが猛プッシュしているオアハカの見所です。

中心地のサントドミンゴ教会の裏側にあり、とっても珍しい植物がオアハカ中から大量に集まっています!(珍しすぎて植物ハンターに種が盗まれる被害が相次いだため、今はガイド付きじゃないと中を回れないという…。笑)

写真のような背高サボテンの林や、オアハカのアレブリヘに使われる木、先住民の儀式に使う香木、伝統的な紙の材料になる木、石鹸の代わりになる実、オアハカ料理に使われるスパイスやチレ(唐辛子)、超レアな巨大サボテンなどなど…、植物とともに続いてきた「オアハカ文化」の魅力が、ギュッと詰まっています!!

ツアーはスペイン語と英語がそれぞれ1日2,3回あり、平日は「12時スタートの英語ツアー」に参加するのがおすすめ。10分前に行けば参加できます!

場所 オアハカ市内
地図
行き方 サントドミンゴ教会の東側に入り口がある。
内部はガイド付きツアー(50ペソ)に参加しないと入れない
営業時間 10:00~18:00(日曜休み)

民族植物館について、さらにくわしくはこちらの記事から。

Instagramで見た謎の巨大サボテン林は、メキシコのオアハカにあった!Instagramで見つけたある場所。「この不思議な景色は、メキシコのどこにあるんだろう?」 「メキシコ=サボテン」なんて偏見だと...

 

 

12.オアハカ・テキスタイル博物館

オアハカのテキスタイル美術館

オアハカのテキスタイル美術館(Museo Textil de Oaxaca)は、オアハカの中心地のコロニアルな建物の中にある小さな美術館です。

毎月のように展示内容が変わり、とても珍しい刺繍や昔の織物など、貴重なオアハカの手仕事を入場無料で見ることができます!上の写真は、中庭の吹き抜け部分。展示の仕方も美しく、丁寧なキュレーションがいつも見事で、オアハカを訪れるたびに行っています。

併設されているショップには、他ではなかなか見られないようなクオリティーの高いオアハカの手仕事が販売されています。値段は少し高めだけど、日本でも使えるような素敵なデザインものがたくさんあるので、オアハカ土産を探している人はぜひチェックしてみてください^^

場所 オアハカ市内
地図
行き方 ソカロ広場から東へ3ブロック。
入場無料
営業時間 毎日10:00~20:00(日曜のみ18:00閉館)

 

 

 

13.オアハカ切手博物館

オアハカ切手博物館

ここは、完全無料で入れる切手博物館です。古いメキシコの切手コレクションから、テーマごとの特別展示など、展示のキュレーションもしっかりされていて見ごたえがあります。

そして何より、このリノベーションされた建物がとっても美しい!白を基調とした建物に洗練された中庭があり、散歩したり、休憩にフラッと立ち寄るのもおすすめ。市民の憩いの場で、なぜか中庭でパソコンを開いて、仕事や勉強をしている人の姿もちらほら。

さらにここのお土産屋さんでは、実際にメキシコから海外に送れる面白い切手も販売されていて、わたしも「死者の日デザインの切手」を使って日本の家に手紙を送りました!(館内にポストもあります!)

ユニークな切手を使った手紙は、とてもいい思い出になると思うので、時間に余裕がある人や「日本に手紙を送りたい」という人はぜひ行ってみてください^^

場所 オアハカ市内
地図
行き方 民族植物園の入り口から北にもう少し行くと、右側にある。
入場無料
営業時間 毎日10:00~20:00

 

 

 

14.クイラパンの修道院

オアハカの、クイラパンの修道院

クイラパンの修道院は、「教会の遺跡」と呼ばれているとてもユニークな見所です。

ここは、なんとスペイン人が新大陸に到着してすぐ、1550年ごろから建設が始まり、オアハカ現地の先住民をカトリック教に改宗させるために作られました。そう、実はココ、500年もの歴史を持つ建物なんです!

当時の先住民たちには「屋内で神に祈りをささげる」という方法がしっくりこなかったので、あえて屋外に柱だけのスペースを作りました。1560年台にはここに2万人もの先住民を集めて、スペイン人宣教師が教えを広めていたのだそうです。

現在も当時のままの修道院の内部や、500年前のフレスコ画、先住民がスペイン人宣教師の指示で作らされた石杯を見学できます(内部は入場料が40ペソ必要)。オアハカの植民地化の歴史を感じられる、とても面白いスポットです!

場所 オアハカ市から南西へ13㎞、Cuilapan de Guerrero町の中。
地図
行き方 タクシー利用でオアハカ市内から片道30分
乗り合いタクシーでも行けるが、ツアーがおすすめ
営業時間 9:00~18:00

 

 

 

15.オアハカ現代美術館(MACO)

オアハカ現代美術館(MACO)

オアハカはアートの町。市内中心地のアルカラ通りに、現代美術館(MACO)があり、誰でも自由に中を見学できます。(入場は無料)

オアハカのアーティストによる作品を展示する個展が入れ替わり入り、伝統的な手仕事とはまた違ったオアハカの創造性を垣間見ることができます。

古いコロニアルな建物をリノベーションしているためとても洗練された空間で、奥にある中庭も素敵です^^オアハカの中心部を散歩する時に、見てみてください♪

場所 オアハカ市内
地図
行き方 ソカロ広場とサントドミンゴ教会をつなぐ目抜き通り「アルカラ通り」に面している。
営業時間 10:30~20:00(火曜は定休日)

 

 

 

おすすめの伝統体験

16.伝統スパ「テマスカル」

古文書に描かれるテマスカル

「テマスカル(Temazcal)」とは、古代メキシコの時代から続けられているサウナで、先住民にとって非常に重要な「浄化の儀式」でもあります。

普通は、ドーム型の土製のかまくら空間に入り、中で薬草を煮だした水を焼き石にかけて蒸気を作り、サウナのような空間にします。

「火、水、大地、空気」の四大元素を儀式に取り込むことで、体の中にたまっている穢れを内側から排出させ、体を生まれ変わらせます。土のドームには「子宮」としての意味があるので、儀式を終えてから出た時は「新しく誕生する」ことになります。

オアハカのテマスカルでは、この儀式のあとにマッサージをしてもらえるパターンが多く、スパやマッサージが好きな人には特におすすめ!わたしも何度か体験して、めちゃくちゃハマってます。笑

テマスカル体験ができる所 Ceviarem Temazcal Oaxaca
Casa de Las Bugambilias
Temazcal Tradicional
値段 600~1,000ペソ/人
行き方 予約はオアハカ市内 or ウェブで事前予約。
当日はタクシーで郊外のテマスカルへ。
営業時間 10:00~19:00

わたしが実際にテマスカルを体験したのは、「Temazcal Tradicional」でした。その時の体験談をこの記事で書いているので、予約方法など参考にどうぞ。

オアハカでおすすめ!土のサウナ「テマスカル」体験(値段情報なども)ずーっと体験してみたいと思っていた「テマスカル」を、オアハカにいる間にやっとやってきました! これが、疲れたけどよかった!通いたく...

 

 

17.オアハカの手仕事体験

アレブリヘ作り体験

実は、オアハカでは手仕事を買うだけでなく、手作り体験に参加することもできます!多いのは、木彫り「アレブリヘ」の絵付け体験!

アルカラ通りにある手仕事専門店「Huizache」で毎週開催されるイベントの中に、たまに手仕事イベントがあって、村から職人さんが来て直接作り方をレクチャーしてくれます。

自分だけのアレブリヘが作れるまたとない機会なので、手仕事やDIY好きな人はぜひチェックしてみてください。わたしが参加したときは、ハチドリのアレブリヘ絵付け体験で1人材料込みで150ペソでした。めちゃ安いです!

場所 アルカラ通りの「Huizache」という手仕事のお店で、毎週手仕事イベントが開かれている。
地図
参加方法 事前に店内のイベントポスターをチェックして口頭で予約しておくこともできるし、空きがあれば飛び込みも可能。
イベント情報はHuizacheのFacebookページからもチェックできる。
参加費 100~200ペソほど。

 

 

 

18.オアハカ料理でクッキング教室

オアハカ料理モーレ

「美食の町」として有名なオアハカですが、ここでは料理教室も人気です。

オアハカの伝統的な料理の作り方を、現役のシェフが一から教えてくれるほか、できあがった料理は一緒に作ったみんなと一緒に食べることもできて一石二鳥!

使い方が難しいスパイスやチレ(唐辛子)の活用方法も教えてもらえて、かなり充実の内容です。

オアハカ料理はメキシコ料理の中でも最も複雑な料理で、レシピを見てもマスターするのはとても難しいので、教えてもらえる機会があると、日本の家にオアハカの味を持ち帰ることができます^^♪

オアハカ市内の料理教室 Seasons of My Heart Cooking School
Casa Crespo
Chilhuacle Rojo Cooking Classes
予約方法 オアハカ市内 or ウェブサイトから予約できる。
行き方 料理会場は郊外のこともある。(その場合タクシーで移動)
言語 スペイン語か英語で選べる

 

 

 

まとめ:オアハカの魅力は尽きない!

さて、この記事で紹介した18の見所&観光におすすめなスポットやアクティビティーをまとめると…

定番の観光地&見所

  • 中心地(ソカロ広場~サントドミンゴ教会)
  • モンテ・アルバン遺跡(
  • イエルベ・エル・アグア(
  • 手仕事の村巡り(魔法のルート)(
  • 村のティアンギス(青空市場)(
  • メスカル工房見学(
  • ミトラ遺跡(
  • トゥーレの木(
  • べインテ・デ・ノビエンブレ市場
  • ベニート・フアレス市場

おすすめ穴場スポット

  • オアハカ民俗植物園
  • オアハカ・テキスタイル博物館
  • オアハカ切手博物館
  • クイラパンの修道院(
  • オアハカ現代美術館(MACO)

おすすめの伝統体験

  • 伝統スパ「テマスカル」
  • オアハカの手仕事体験
  • オアハカ料理でクッキング教室

ってかんじです。

マークが付いているのは、「1日オアハカ観光ツアー」に含まれている見所です。この1日ツアー、激安でめちゃくちゃおすすめなので、オアハカに行く人はぜひチェックしてみてください!

ツアー詳細(↓)

超おすすめ!オアハカで効率よく観光地を回れる格安現地ツアー3選オアハカの見どころを効率よく回るなら、現地ツアーがおすすめです。 オアハカの現地ツアーは信じられないほどコストパフォーマンスが良い...

 

オアハカでは、暮らすように旅しよう

オアハカは、観光客にとっても魅力的な町ですが、実は「暮らすのが楽しい街」でもあります。

  • 安定した気候
  • 美味しい郷土料理
  • 美しい手仕事の数々
  • 文化の多様性
  • カラフル&コロニアルな可愛い街並み
  • 物価の安さ
  • 面白い見所の多さ

…などなど。居心地がよく、長くいればいるほど好きになる不思議な場所です!

ぜひ、オアハカでは数日と言わずに1週間ほどのんびり滞在して、「暮らすように旅」してみてはいかがでしょうか^^

以上、オアハカの観光スポットまとめでした。

この記事の情報が、これからオアハカに行く人・いまいる人の役に立てば幸いです♪

 

オアハカについて、ほかの役立ち記事。

オアハカのおすすめホテル(ピンク)_180930_0048
超おすすめ!!「オアハカで一番可愛いデザインホテル」が最高だった。オアハカを訪れる観光客は年々増え、ホテルやB&B、ホステルもたくさん登場してきています。 ところで最近オープンしたばかりで...
トラジューダ
美食の地、オアハカで食べたい名物グルメ3つ&おすすめレストランを紹介。最近は地震の話題が多かったのですが、無事活動を終え、帰国しました。支援に協力していただいたみなさん、本当にありがとうございましたm(_ ...

メキシコで使えるクレジットカード(愛用中のおすすめ3つ)

こちらの記事もおすすめ