オアハカ旅行

オアハカの民族植物園は必見!【インスタで話題の巨大サボテン】

Instagramで見つけたある場所。「この不思議な景色は、メキシコのどこにあるんだろう?

「メキシコ=サボテン」なんて偏見だと思っていたけど、やっぱりメキシコは世界に誇るサボテンの国でした!

今や、メキシコのオアハカでぜひ訪れたい観光スポットにもなっています。

要チェック!

Instagramで見つけたこの場所は一体どこ?

ある日、Instagramにアクセスしようとしたところ、こんな画像が出てきました。

この女の子が立っているのは、どこだろう?

巨大サボテンの林…?

すごく行ってみたい!…でも、一体どこなんだだろう?

「とりあえず、サボテンなんだからきっとメキシコに違いない。」という安易な考えで、探し始めました。

探しに探す、数時間…ついに見つけた!

とりあえず、ネットサーフィンすること数時間。

やっと見つけました!

そして、安易な考えはアタリ。やっぱりメキシコでした。

そしてこの巨大サボテンの林は、メキシコ南部にある「オアハカ」という街の中心部にある、植物園の中にありました!!

この場所を発見した約1年後、やっと待ちに待った、このサボテン林に行くことができました。

 

「Jardín Etnobotánico de Oaxaca(オアハカ民族植物園)」

ここ「オアハカ民族植物園」は、広大なオアハカ州のありとあらゆる種類の植物を集めた、「民族植物園」です。

「民族」とついているのは、ここに植えられている植物が、オアハアに住む先住民の暮らしに深くかかわる、民族学的にも重要な意味を持つ植物たちだからです。

たとえば、チレ(唐辛子)や、スパイス、ハーブなど、オアハカ料理に欠かせない素材の収穫前の姿を見ることができます。

この植物園は、ガイド付きのツアーでしか回れないのですが、ガイドさんがひとつひとつの植物について詳しく説明してくれて、とても面白いです。

そして毎回最後に訪れるのが、ここの目玉、巨大サボテンの林!!

巨大サボテンに囲まれる貴重な経験ができるサボテン林

ここの巨大サボテン林は、サボテンの通路になっていて、サボテンに囲まれた空間を通ることができます。

ここのサボテンが、1本1本とにかく高い!!

人と比べると、その高さがよくわかります。


高いものだと、6m以上あるものも。

このサボテン、「Fence post cactus」という種類のサボテンで、かなり巨大に育ちます。


この植物園にあるFence post cactusには、棘がないので、近づいても大丈夫です。

また、このサボテン林の前には人口池があり、風のない日にはサボテン林の鏡張りを見ることもできます。


とても美しい、オアハカの穴場スポットです!

 

オアハカ民族植物園の行き方・ツアー情報

オアハカ民族植物園は、オアハカの中心地「サント・ドミンゴ教会」の敷地内にあります!

植物園が街の中心にあるなんて、とても素敵ですね。

オアハカの人々は、自然や植物とともに文化や歴史を積み上げてきたので、それだけ植物も重視されているんです。

オアハカ民族植物園の場所

入り口は、サント・ドミンゴ教会から少し東に行ったところにあります。

オアハカの民族植物園
ここがエントランス!かなり重厚な作りです。

オアハカ民族植物園ツアーの時間

オアハカ民族植物園の内部は、ガイド付きのツアーがいないと入れないので、ツアーに参加します。

スペイン語ツアーの時間

  • 月〜土:1日3回
  • ツアーのスタート時間:11:00、12:00、17:00
きれいな写真を撮りたいなら、おすすめは11:00か12:00の回です。

17:00だと、涼しくてツアー自体は楽ですが、サボテンに辿り着くころ(ツアーの最後)には日が暮れています。

英語ツアーの時間

  • 火木土のみ
  • ツアーのスタート時間:11:00〜

そのほか、フランス語・ドイツ語のツアーもあります。

最新情報は、公式サイトから各自で確認してください!

ツアーの所要時間

スペイン語ツアーの場合、所要時間は1時間くらいです。

なぜか英語ツアーだと2時間になるようで、ツアー内容がちょっと違うのかもしれません。

オアハカ民族植物園の入場料

スペイン語のガイドツアーは、一人あたり50ペソ(約300円)です。

英語ツアーは、一人あたり100ペソ(約600円)です。

サボテンだけでなく、オアハカの文化的に重要な植物が見られてかなり面白いし、しっかり説明もしっかりしてくれるので、できれば理解できる言語のツアーに参加することをおすすめします!

ツアーに参加する時の注意点3つ

1. ちゃんとガイドについていく

ガイドとはぐれたりしないように!

写真を撮るのに夢中になって、どっかに行ってしまう人が多いみたいです。

2. 植物には触らない

毒のある植物もあるので、興味本位で触らないようにしましょう。

もちろん、落ちている種なども拾わないように!(種泥棒だと思われると面倒です)

3. 日焼け対策は万全に!

ずっと炎天下の中説明を受けるので、かなり暑い&日焼けします。

「日傘」は植物園の中で使えない(植物に当たる可能性があるため)のですが、帽子は必須です。

持っていなくても、ツアー開始前に無料で麦わら帽子を貸し出してくれるのでそれを被っていくといいです!

まとめ

ガイドブックには、サボテン林について書いてあるものは(わたしの知る限り)ありません。

ここがオアハカだと知ったときには、

前にも来たことのあるオアハカに、こんな場所があったなんて!!

とかなり驚きました。

オアハカの民族植物園は、まだあまり知られていない「穴場の絶景スポット」です。

オアハカに行く際にはぜひ行ってみてください!

この植物園の出入り口のすぐ目の前に、美味しいコーヒー屋さん「Oaxaca en una taza」があっておすすめなので、ぜひツアー後の休憩に寄ってみてください♪

 

オアハカに行くなら、こちらの記事もおすすめ♪(↓)

オアハカのおすすめ観光地
大好きなオアハカの、本当におすすめな観光地+穴場18選!最近、メキシコを訪れる日本人観光客の間でも人気が高まってきている「Oaxaca(オアハカ)」。 「メキシコで最もメ...