メキシコの刺繍・織物・服

サンアントニーノ村の刺繍服:オアハカで一番人気のメキシコ刺繍

サンアントニーノ村の刺繍服とは

サンアントニーノ村のパンジー刺繍服(伝統衣装)とは、オアハカの「サンアントニーノ村」で作られる、パンジーなどの花柄が刺繍された美しい民族衣装です。

パンジー以外にも、カラフルな花や鳥、蝶などの細かい手刺繍がほどこされることも多く、ブラウスやドレスの袖、胸元、腹部に細かい花をぎっしりと刺繍します。

この写真は、とてもクオリティーの高いサンアントニーノ村の衣装です。

見ているだけで明るい気持ちになれる、美しい服です!

伝統衣装に使われる技術

1.刺繍

刺繍の部分は、ほとんどすべてサテン・ステッチ(面を埋めていくシンプルな技術)で、コツコツと作られています。

パンジー刺繍の場合、クオリティーの高いものほど、一つのパンジーに使う色の数が多く、美しいグラデーションで表現されます。

ほとんどの場合、一つの衣装を作る時には、胸元、袖などいくつかのパーツに切り分けて、それに刺繍を施したものを繋ぎ合わせています。

2.デスイラード

網のように透け模様になっている部分は、「デスイラード」と呼ばれる技術がほどこされたものです。

これは、布の横糸を取り、残った糸をねじってから模様を編みだす、とても高度な技術です。網模様だけでなく、女の子や踊り子の模様になることもあります。

3.アベルシープエデス、アスメシープエデス

ドレスの胸元には、「a ver si puedes(アベルシープエデス)」もしくは「hazme si puedes(アスメシープエデス)」と呼ばれる技術が施されることがあります。

技術名の意味は、「作れるものなら作ってごらんなさい」。

この名前は、この技術がどれだけ高度で難しいものなのかを表しています。この技術を一人前にできるようになるのに、数年かかります。生産者がどんどん減っている今は、できる人の数も少ないようです。

布の折り目をひとつひとつ数えながら、慎重に刺繍していきます。男の子や女の子のデザインが多いです。

サン・アントニーノ村の衣装の種類

衣装のクオリティーは、刺繍面積が少なく数日で完成する「商用」と呼ばれるシンプルな物から、数か月~半年かかる最高クオリティーのものまで、様々です。

値段も幅広く、たとえば商用はオアハカ市の道端で200ペソ(約1200円)ほどで買うことができますが、コンテストで優勝したような素晴らしい作品などは、なんと15,000ペソ(約9万円)するものもあります!

村の女性の着る刺繍服

村の女性は、最近は伝統衣装を着ている人自体少なくなってきていますが、商用のものよりも、しっかりしたクオリティーのものを好んで着ています。

自分たちの衣装と文化に誇りを持っているからでしょう。

技術の限るを尽くし美しく刺繍をした「最高クオリティー」を常に着ている人はおらず、普段は汚れてもいい簡単な服を着て、ここぞという時は自信作を着るなど、場面に合わせて使い分けています。

また、最高クオリティーのものは、かつて結婚式で着るための花嫁衣装でもありました。

サン・アントニーノ村の衣装を手に入れるには

メキシコで手に入れる場合

サンアントニーノ村の刺繍服は、オアハカで最も人気のある民芸品のひとつです。なので、オアハカ市のショップを巡れば、簡単に見つけることができます。

また、オアハカの中心地にあるカテドラル(教会)の前には、ほぼ毎日刺繍服の屋台が出ています。

オアハカ市内で売られているのは「商用」のものが多いので、クオリティーの高いものを探している場合は、直接生産地のサンアントニーノ村に行けば、何件かのショップを見つけることができます。

サンアントニーノ村の場所については、この記事の最後に紹介しています。

日本で手に入れる場合

日本では、多くのメキシコ雑貨店で取り扱いがあり、オンラインショップ・通販でも販売があります。

丁寧に刺繍された高クオリティーの物は、だいたい3~5万の間で販売されているようです。

刺繍される花のデザインと歴史について

サンアントニーノ村の近くでは、花の生産が盛んです。この村の衣装は、そんな身近によく見る花たちがモデルになりました。

刺繍される花は、バラやパンジー、添えにカーネーションなど、華やかな花が多いです。

バラは、「ロサ」「ロシータ」と呼ばれ、昔からある伝統的なデザインです。

あまりバラには見えませんが、これはこれでとても可愛いらしく、特徴的なデザインです。

かつては、バラのものしかなかったのですが、最近はパンジー柄の人気が高まってきています。パンジー柄がポピュラーになってきたのは、外国人の影響だと言われています。

パンジーは、花びら一枚一枚のグラデーションが表現されたものが、特に人気があります。

↑ この刺繍には、銀色の糸も使われています。太陽にあたると、キラキラして綺麗!

↑ パンジーの花びらのグラデーションが美しい作品。写真右端にはバラの刺繍(単色)も施されています。

 

バラのデザインは、誰のものもほとんど一緒なのですが、パンジーは職人によってデザインが大きく異なります。

好みのパンジーを探して職人を探すのも楽しいです!

サンアントニーノ村以外でも作られている

「サンアントニーノ村の衣装」として有名ですが、となり村の「San Juan Chilateca(サン・フアン・チラテカ)」という村でも、ほぼ同じデザインの伝統衣装が生産されています。

サン・フアン村の衣装も、サン・アントニーノ村の衣装と同じくらい長い歴史があり、とてもよく似ていますが、村人からすると微妙に異なるのだそうです。

わたしが見たところ、サンフアン村では「サテン・ステッチ」の技術だけでなく、「フレンチ・ノット」の技術を使っている人が多いように感じました。

↑ これは、「フレンチ・ノット」も使われたサンフアン村のものです。

また、木彫り動物「アレブリヘ」で有名な「サンマルティン・ティルカヘテ」という村にも、とても美しいサン・アントニーノ村の衣装を作る若い職人がいます。

最近は、サン・アントニーノ村、サン・フアン村に限らず、オアハカのほかの村に住む人にも、学びたい人には積極的に技術を教えているようです。

その背景には、村の若者が刺繍産業を継ぎたがらない(より稼げる他の仕事を好む)のと、よりよい生活を求めてアメリカに移住する人が増加し、村内だけでは産業が続けてられなくなってきているという問題があります。

職人の紹介

マリア・グアダルーペさん

日本の雑貨屋が多く取引をしているのは、サンアントニーノ村に住む、マリア・グアダルーペさんという女性の職人さんです。彼女は、妹や家族とみんなで刺繍作りをしています。

彼女は、日本人のメキシコ刺繍好きの人々にとって、サン・アントニーノ刺繍の代表のような存在だと思います。

安定したクオリティーと、美しいパンジーのグラデーションが、マリアさんの人気の秘密です。また、刺繍に少し光沢のある糸を使用しているので、刺繍の部分が浮かび上がるようなとても美しい作品に仕上がります。

サンアントニーノ村に住むほかの職人

日本ではあまり知られていませんが、サンアントニーノ村には他にも、マリアさんに負けない美しい作品を作る職人さんがたくさんいます。

ビルヒニア・サンチェスさん

今は、ビルヒニアさん本人よりも彼女の5人の娘さんが刺繍をしていますが、この家族も、協力し合いながら伝統的な技を守りつつ、美しい刺繍作りをしています。

アントニーナ・コルネリオさん

アントニーナさんの元には、この村の周辺の刺繍技術を学びたい若者が訪れます。コミュニティー内で刺繍服作りのグループを作り、役割分担をしながら美しい作品を作っています。

オアハカの刺繍コンテストで優勝したこともある実力者で、「オアハカの巨匠」という本の中で、サンアントニーノ村から唯一掲載されている職人です。

サン・フアン・チラテカ村の職人:ファウスティーナ・スマノ・ガルシアさん

ファウスティーナさんはメキシコを代表する職人で、このタイプの刺繍服の生産者としては、第一人者です。「オアハカの巨匠」に加え、国レベルの巨匠だけが選ばれる「メキシコの巨匠」という本でも紹介されています。

たくさんの弟子を持ち、オアハカの村々からやってくる女性に刺繍を技術を教えています。

彼女の作品はすべて「最高クオリティー」で、刺繍服は一年に2,3枚しか作りません。今は、オーダーでのみ注文を受け付けており、一着の値段は3万ペソ(約18万円~)です。

かなり高い値段ですが、彼女の刺繍を一目見ればその値段には納得です。

Little People Oaxaca

↑ 最高クオリティーの刺繍服。パンジーのグラデーションが美しい!「a ver si puedes/hazme si puedes」の技術も見られます。

産地

San Antonino Castillo Velasco(サン・アントニーノ・カスティージョ・ベラスコ)

「オコトラン・デ・モレーロス」という、ティアンギス(先住民市場)が開かれる村から歩いて行くことができます。

村に着いてから、上の「職人の紹介」で紹介した名前を聞けば、村の人が家の場所を教えてくれます。

オコトラン・デ・モレーロスまでは、オアハカ市内から乗り合いタクシーで1時間ほど。

San Juan Chilateca(サン・フアン・チラテカ)

サンフアン村には、あまり職人がいません。いてもお店がないので、特別に職人を訪れるわけではない限り、気軽にショッピングしたい人はサンアントニーノ村がおすすめです。

オアハカからは、乗り合いタクシーで45-50分ほどです。

このアルテサニアに関するほかの記事

↑ サンアントニーノの刺繍服がランクインしています。