メキシコの手仕事

日本人に人気のメキシコ土産「セルビン焼き」の店まとめ。

メキシコのセルビン焼きを買える場所まとめ

日本人駐在員の間で大人気のメキシコ土産と言えば、「セルビン焼き」!

細かい職人気質なメキシコの手仕事を代表するような焼き物で、かなり高級品ですが「特別な人(家族、友達)」や「自分用」のお土産に大人気なんです。

今回は、このセルビン焼きを買える場所(メキシコ&日本)と、そこへの行き方を詳しく紹介します。

セルビン焼きとは

「セルビン焼き」とは、グアナファト州に住む、Javier Servín(ハビエル・セルビン)氏の工房で作られている焼きものことです。

その特徴は、なによりもその信じられないほど細かい模様

グアナファトのセルビン焼きのお店「リンコン・アルテサナル」1

「超絶技巧」といっても過言ではないほど、目が痛くなりそうに繊細な網のような模様が印象的な陶器です。

網の様な繊細なデザインに、タイルのようなぷっくりとした光沢のある塗料が塗られます。

日本人駐在員にも人気のメキシコのお土産

グアナファトのセルビン焼きのお店「リンコン・アルテサナル」2のコピー

実は、セルビン焼きは、最近 駐在日本人の間でも有名になっており、「日本人が日本に持ち帰りたいメキシコのお土産」として一番人気の工芸品です。

色のバリエーションが豊富で、オレンジのもの、赤、青などいろいろある中でも、青い模様の陶器が特に人気のようです。

ハビエルさんの職人としての歴史

ハビエルさんは、幼いころからアートに興味があり、木彫りやプラスチックの工芸品などの経験を経て、1981年からコヨアカン地区で陶器の制作を本格的に開始しました。

他に類を見ないようなオリジナリティと高い絵付けの技術によって、唯一無二のアーティスト兼職人として、成功を収めています。

現在までに合計7か所に工房を作り、すべて彼の家族や親族によって経営されています。工房では、200種類以上の陶器が常に生産されています。

セルビン焼きを作るグアナファトの工房への行き方

グアナファトのセルビン焼きのお店「リンコン・アルテサナル」2

セルビン焼きがもっともお買い得に手に入るのは、グアナファト州の「Tarandacuao(タランダクアオ)」という街の近くにある工房です。

かなり辺鄙なところにあるので、自力で行くのは少し難しいのですが、ツアーの途中に寄ることが多いようです。

工房まで自力で行く方法(バス+タクシー)

メキシコシティから工房まで自力で行く場合は、2本のバス&タクシーを乗り継いで行きます↓

ルート 所要時間 バス会社(本数)
メキシコシティ西バスターミナル(ポニエンテ駅)

Maravatio(マラバティオ)
長距離バスで2時間半 Autovias(1日10本以上)
マラバティオ

「Tarandacuao(タランダクアオ)」
ローカルバスで約20分 本数不明
たくさんあるはず
arandacuao(タランダクアオ)

工房
タクシーで約5分

※マラバティオから工房まで、直接タクシーで行くこともできます。

工房の場所

【住所:Ferrocarril #800 La Purisima Tarandacuao Guanajuato】

グアナファト中心地の公式ショップ「リンコン・アルテサナル」に行く方法

グアナファトのカラフルな街(屋上から)

グアナファトの中心地の中にも、セルビン焼きの専門店(直売店)があります。

観光客や短期旅行者は、ここで買うのがおすすめ。

Rincon Artesanal(リンコン・アルテサナル)」という名前のお店で、日本の数々のガイドブック(るるぶ、ことりっぷ etc)にも掲載されている超有名店です。

バジリカ(中心地の教会)から徒歩3分という好立地にあるお店で、グアナファトの工房で作られたものが売られています。

上で紹介したTarandacuaoの工房まで行くのはちょっと難しいので、グアナファトに観光で行く、という人はぜひココに寄ってみてください。

Rincon Artesanalの場所

【住所:De Sopena 5, Centro, 36000 Guanajuato

お店のオーナーのおばちゃんはとても気のいい優しい方で、少しだけ覚えた日本語を使ってもてなしてくれます。

チェクアン焼きも売っている

わたしは、すでにセルビン焼きを持っていたので、Javier Servín(ハビエル・セルビン)さんの工房で長く働いていて自分の工房を立てたチェクアン(Checuan)さん(あだ名)の作品を購入しました♪

チェクアンさんは、素敵な植物柄の陶器を作る職人さんです。

細かい柄の焼き物1200x630

「チェクアン焼き」というそうです。値段もお手頃なので、大満足。

メキシコシティでセルビン焼きを買える場所

メキシコシティの歴史地区

メキシコシティの中にも、セルビン焼きを取り扱っているお店が何か所あります。

日によって購入できる場所が違うので、以下を参照してください。

サン・アンヘルの土曜市【土のみ】

メキシコシティの土曜市

毎週土曜日、サン・アンヘルのBazaar Sabado(土曜市)で販売されています。

商品や場所・行き方は、こちらの記事を参考にしてください。↓

土曜市で見つけたクッション
お洒落なメキシコ土産が見つかる♪サンアンヘルの土曜市の行き方土曜日にメキシコシティにいる人に絶対に行ってほしいおすすめの見どころ&ショッピングスポットが、「サン・アンヘルの土曜市」! ここで...

小さいブースですが、確実に手に入る&かなり高級なものも取り扱っているので、要チェック。

コヨアカン地区【土日のみ】

土日のみ、コヨアカン地区の中心地にあるパン屋の前に、セルビン焼きの露店がやってきます。

売っているのは、工房の人なので安心して購入することができます。

【住所:Avenida Miguel Hidalgo Coyoacán, Distrito Federal, Mexico】

コヨアカンの地区工房【平日】

平日には、上記の場所にセルビン焼きのお店は出ていません。

セルビン焼きのコヨアカン地区工房に行けば、手に入れることができます。

【住所:Calle San Valentin M.823 L.24 Col.Pedregal de Santa Ursula Coyoacán】

近くにはメトロ駅等もないので、タクシーで行くことになると思います。

ただし、営業時間など詳しくはわからない&おそらく「普通は客の来ることのない工房」に突撃する感じなので、できれば土日にお店で買ったほうがいいと思います。(スペイン語力も必要)

日本でセルビン焼きを買う方法

日本では最近メルカリでも出品されているので、それを狙うのがいいと思います。

メキシコで購入して日本まで持ってくることを考えると、かなり良心的な値段で販売されていることが多いです。

 


以上、セルビン焼きが購入できる場所一覧でした。

ここで紹介しているメキシコのショップは、すべて直営の公式ショップなので、安心して買うことができます!

メルカリなどで買う際には、自己判断で。

メキシコの手仕事の素晴らしさを感じられる「セルビン焼き」、ぜひチェックしてみてください♪