メキシコシティ旅行

メキシコシティでは、タクシーよりUber(ウーバー)が絶対おすすめ。

Uberの車

メキシコシティでは、最近タクシーよりもUber(ウーバー:スマホのアプリで呼び出す配車サービス)の方が利用されています。

なぜかというと、Uberの方が「安全・簡単・スペイン語力も不要」だから!

わたしも、メキシコシティ内では最近もっぱらUberを利用しています。

特に「空港↔︎市内」の移動でおすすめです!

Uberの使い方
  1. スマホでUberアプリをダウンロード&登録
  2. アプリ上で「出発地(迎えに来て欲しい場所)」と「行き先(降ろして欲しい場所)」を地図で指定
  3. 出発地に待機→迎えに来たドライバーを確認して乗り込めば、Google Mapで指示されている通りに運転して、行き先まで行ってくれる

※ちなみに、スペイン語ではウーバーのことを「ウベル」と発音します

メキシコシティではUberを使うべき理由

メキシコシティでタクシーよりもUberを使うべき理由をまとめてみました。

1. タクシーよりも安全

メキシコシティーのタクシー

まず第一に、Uberはタクシーよりも圧倒的に安全です。

メキシコシティでは、たまに「タクシー強盗」という犯罪が起こります。特に夜間にタクシーを一人で使うのはリスクが高いです。

強盗
タクシー強盗の手口

乗客をタクシーで郊外に連れて行き、荷物を脅し取る。そのあと郊外に放置されるか、暴行を受ける可能性もある。(ひどい時は誘拐被害にあうことも。)

メキシコシティでは、「盗難被害に遭ったタクシー車両」で行われることが多い。一人の外国人は特に狙われやすい。

Uberが普及するまでは、わたしも一人でタクシーは使わないようにしていました。しかしだからと言って地下鉄で移動するのも時間帯によってはスリなどの犯罪に巻き込まれる可能性もあるので、荷物の多い時は大変でした…、

Uberであれば、24時間配車可能で、しかも運転手の身元がはっきりしているので一人でも安心して乗車できます。(ドライバーの評価や口コミ、車両ナンバーも事前に確認できる)

メキシコシティの現地人たちも、最近はタクシーよりもUberを使う人の方が多くなりました!(特に女性や富裕層)

2. ぼったくられない

チップ(お金)

Uberでは、あらかじめ距離によって大体の値段が決まっています。

出発地と行き先を指定した時点で「70〜120ペソ」など表示されているので、その範囲内の値段になります。

また、ルートもGoogle Mapで指定されている通りに行かなければならないので、わざと遠回りされたり、目的地を通り過ぎたりされることもないです。

渋滞に巻き込まれても安心

運悪く大渋滞に巻き込まれたとしても、「値段が跳ね上がる」ということはないです。(若干高くなるのは仕方ないですが。)

メキシコシティは時間帯によっては渋滞まみれの街なので、これはありがたいです。

3. サービスが良い、車が綺麗、運転が(若干)丁寧

Uberでは、乗客が乗車後にドライバーを5段階評価します。

なので、失礼な態度で接してきたり、めちゃくちゃ運転が荒かったり、車が汚い、ということはまずありません。(普通のタクシーだとたまにある)

運転が荒いのは「メキシコシティのドライバーあるある」なのですが、Uberのドライバーはかなり気をつけていると思います。

しかも無料でペットボトルの水をくれたり、飴をくれたりするドライバーもいて、タクシーと同じくらいの値段でもUberのサービスの方が圧倒的にいいです。

4. スペイン語を話せなくても大丈夫

スペイン語が話せなくても、あらかじめアプリで行き先を指定しているので「到着地が違った」「発音の問題で、行き先が通じない」などのトラブルはありえません。

メキシコのタクシードライバーで英語が話せる人は超少数なので、これはスペイン語が苦手な人には安心です。

メキシコシティでUberを使う時のデメリットと、注意すべき点

Uber利用時のデメリットと、その時注意すべき点・対応策も紹介します。

1. インターネットに繋がったスマホが必要

携帯電話と職人

アプリを使うにはインターネットが必要なので、現地で使えるスマホは必須。

メキシコのSIMカードをゲットするか、短期であれば日本からレンタルWi-Fiを借りれば使えます。

 

2. 「キャンセル待ち」をする悪質なドライバーもいる

特に夜間などにたまにあるのですが、「呼んだのに来ない」ドライバーがいるのだそう。

  1. オファーを受けて、「今から向かいます」と答える
  2. 実際には行かない
  3. 乗客が待ちきれなくなって、キャンセルするのを待つ(乗客側のキャンセルであれば、運転しなくてもドライバーに少しだけ支払われる

という。これで、運転しなくても少しだけお金が払ってもらえます。

今日は眠すぎるから、オファーだけ受けてキャンセル待ちしよう〜

みたいな怠け者ドライバーが、得する仕組みです。

乗客としては、「呼んだのにいつまで経っても来ないし、(地図で見ると)タクシーがいつまでも同じところにいる!!」とイライラしてきます。(しかも少しお金取られるし。)

最近はUber側もこの問題に対処し始めているようなので、こういう詐欺じみたドライバーは排除されていくとは思いますが…。

こういう人は滅多にいないのですが、「もしや…?」という場合があればUber側に被害報告しましょう。状況を説明すれば返金されます。(日本語対応も可能)

3. カンクンでは使えない

フィエスタアメリカーナコーラルビーチカンクン (14)プール

日本人観光客数の多いリゾート地「カンクン」では、Uberの利用が禁止されているため使えません。(タクシー業界や観光業界を守るため)

カンクンではタクシーや、送迎会社のシャトル、バスを利用することができるので、空港↔︎ホテル間の移動などではこちらの記事を参考にどうぞ。

グアダラハラなど他の大都市では使えると思いますが、小規模の街(オアハカなど)ではまだ使えないので、メキシコシティ観光で活用するのがおすすめです。

 

まとめ:メキシコシティではUberを活用しよう

Uberの車

デメリットはあれど、Uberはタクシーを使うよりも圧倒的に便利&安全なので、ぜひメキシコシティではUberを活用してください!!!

メキシコシティを個人で観光する人は、全員使った方がいい!と思うくらいおすすめです。

紹介クーポンもあるよ

わたしの紹介リンクから登録すれば、メキシコシティでの乗車がちょっぴりお得になります。

ここから登録すれば、メキシコでの乗車が2回分35ペソ割引のクーポンがもらえます!(クーポン有効期限は、登録から30日間)

メキシコシティ空港でSIMカードを買って、現地携帯の番号をゲットしてから登録するのがおすすめ。

割引はその場ですぐ適応可能で、「空港↔︎市内」間のUber移動はだいたい100〜200ペソなので17〜30%安くなるイメージです♪

メキシコで使えるクレジットカード(愛用中のおすすめ3つ)

こちらの記事もおすすめ