メキシコのグルメ

トルティーヤプレス機、一番おすすめはどれ?【使って比較してみた】

おすすめトルティーヤプレス比較

自宅でタコスを作るのに欠かせないのが、トルティーヤ。

トウモロコシ粉「マサ」で作る本格トルティーヤ1
そして、トルティーヤを作るのに便利なのが「トルティーヤ・プレス」という道具です。

トルティーヤプレス
トルティーヤプレス(Norpro)

テコの原理を使ったシンプルな道具で、生地を一瞬でペッタンコにできるので、とっても便利です!(餃子作りに使う人も多いみたいです。)

わたしはタコスが大好物で、日本でもタコス作りを頻繁にやっています!これまでに、いろんなトルティーヤプレスを試してきました。

今回は、いろいろ使って比較してきた中で、「美味しいトルティーヤ」を作るのにおすすめトルティーヤプレスを紹介します!

美味しいトルティーヤを作るのに、トルティーヤプレスは超重要!

まず…

美味しいタコスを作るのに「トルティーヤ」が何よりも超大事ってことは、タコスのレシピで熱く語りました。

豚肉のタコス
手作りトルティーヤを味わうと、「もうできあいや冷凍のトルティーヤは食べられなくなる!」ってくらい、焼きたては絶品です✨✨

メキシコの美味しい屋台でも、その場でトルティーヤを焼くこだわりの店はどこも美味しいです!

そして、家で「美味しいトルティーヤ」を作るためには、トルティーヤプレスがめちゃくちゃ大事なのです!!

プレスの使い方

使い方もとっても簡単。

  1. トルティーヤプレスを開く
    トルティーヤプレス開いた図
  2. ビニールやクッキングシートをひいて、生地を真ん中より少し上に置く
    トルティーヤプレスの使い方1
  3. グッと潰し、取っ手部分でさらに圧縮
    トルティーヤプレスの使い方2
  4. 開く
    トルティーヤプレスの使い方3
  5. クッキングシートを剥がすトルティーヤプレスの使い方4
  6. できあがり!
    トルティーヤプレスの使い方5

これで、フライパンなどで両面焼けば、おいしいトルティーヤのできあがりです!

 

次に、「トルティーヤプレスを選ぶときの基準(ポイント)」を紹介します。

ポイント① 均一な厚さで作れるか

トウモロコシ粉「マサ」で作る本格トルティーヤ2

まず大事なのは、「均一な厚さで作れるか」という点。

トルティーヤプレスに歪みがあると、トルティーヤに厚い部分と薄い部分ができてしまって、焼くときに均一に熱が入りません。

なので、歪みのないしっかりした作りのトルティーヤプレスを選ぶのが大事です。

ポイント② 薄く作れるか

タコス作り(トルティーヤ)3

そして次に大事なのが「薄く作れるかどうか」。

トルティーヤの理想的な厚さは、「1〜1.5mm」くらいです。

しかし、トルティーヤプレスによっては、どう頑張っても「2〜3mm」くらいの厚さにしかならないものもあります。分厚いと、熱が通りにくいだけでなくタコス全体のバランスも微妙になります。

良いトルティーヤプレス=薄く均一なトルティーヤが作れるもの

 

トルティーヤプレス機、6種を比較してみた。

日本の通販などで手に入るトルティーヤプレスを、実際に使って比較してみました。

実際に買ったり、友達の持っているものを使ったりして比べました!

1. Norpro(ノルプロ)

値段 15cm:3,000円〜
20cm:4,000円〜←こっちがおすすめ
素材(重さ) アルミ(600g)
満足度

日本では、一番安く手に入るトルティーヤ・プレスです。アルミ製なので軽く、子供でも使いやすいのがGood。

わたしもしばらくは、この「Norpro」のものを使っていました。

…が、途中からちょっと歪んでしまったのか、かなり分厚いトルティーヤしか作れなくなってしまいました…。

また、アメリカのレビューを読んでいると、Norproは安いぶん製品の個体差が大きいらしく、運よく薄く均一なものが作れる場合(アタリ)もあれば、最初からかなり分厚いトルティーヤしか作れないパターン(ハズレ)もあるみたいです…。

「家でタコスパーティをしてみたい!」という感じで、お試しで使ってみたい人・たまに使うくらいの人には、値段的に一番お手軽でおすすめです。

 

2. IMUSAのトルティーヤプレス

値段 10,000円〜
素材(重さ) 鋳鉄(3.7kg)
満足度

IMUSAは、1934年創業のコロンビア発の調理器具のブランド。

ここのトルティーヤプレスは鋳物でめちゃ重いのに、作ってみたトルティーヤはアルミ製の軽いNorproで作ったトルティーヤと同じくらいの厚さでした。(重さは関係ない…?)

だったら、安いNorproの方でいいかな…。ちょっとコスパが悪いです。

3. HICのトルティーヤプレス

値段 7,300円〜
素材(重さ) アルミ(800g)
満足度

Norproと似ているHICのアルミ製トルティーヤプレス。日本で手に入るのは、直径約16cmの小さいサイズです。

アメリカだとNorproと同じくらいの安さで売られているので、品質も正直ピンキリ。

わたしが買ったものは、最初から角度(歪み)がついてしまっていて、手前は薄いのに奥側は分厚い、微妙なトルティーヤになってしまいました…。

これを買うなら、Norproでいいと思います。使い勝手は、ほぼ同じなので。

 

 

4. 木製トルティーヤプレス

値段 8,000円〜
素材(重さ)
満足度

金属製だけでなく、「木製」のトルティーヤプレスもあります!

「洗いにくい」、「かなりかさばるので、収納スペースが必要」などのデメリットもありますが、見た目がおしゃれで、しかもちゃんと均一なトルティーヤが作れます!

…ただ、日本で買うとかなり高いんですよね…。

ほぼ同じものがアメリカのeBay店で売っていて、送料と合わせて合計8,000円くらいで買えるので、そっちで買うと安いです。

木製の場合、自分で手作りする人もいるみたいです。(いつかやってみたい!)

 

5. クチーナプロのトルティーヤメーカー

値段 17,000円
重さ 4kg
満足度

パスタメーカーで有名なイタリアの「クチーナ・プロ社」のトルティーヤプレス&ベイカーです。このモデルは、潰すと同時に焼いてくれます

友達が持っていて使わせてもらったのですが、いい具合にしっかり薄いトルティーヤが作れました!

…ただ、1つ1つ潰すたびに(トルティーヤが焼けるまで)1分待つのが、かなり面倒だったので、自分では買わないかな…。時間もかかるし。

トルティーヤプレスは、慣れれば1つ3秒くらいでパパッと潰せるので、一気に大量に作ることを考えると「つぶす」のと「焼く」作業は、別々でいいと思います。

 

6. Victoriaのトルティーヤプレス

値段 12,000円〜
素材(重さ) 鋳鉄(3.7kg)
満足度

いろんなトルティーヤプレスを試した結果…最終的に行きついたのが、これでした!!

Victoria(ビクトリア)は、コロンビアの人気のキッチン用品ブランド。ここのプレスは、すごくしっかりした作りで安定感があります。

そして何より重要なのが…しっかり薄くて均一なトルティーヤが作れます!1万円を超える高級品ですが、それだけの価値ありです!!

ただし「3.7Kg」とかなり重いので、大人向け。(子供と使うときには注意が要ります。指挟むとめちゃ痛いです…)

IMUSAと見た目が似てるので、買うときは注意!

これからも、しばらくは「Victoriaのトルティーヤプレス」を使っていくと思います!

わたしが買った時は、ヤフーショッピングが最安でした。

 

以上、スペックをまとめると…

価格 重さ 満足度
Norpro(ノルプロ) 3,000〜4,000円台 0.6kg
IMUSA 10,000円〜 3.7kg
HIC 7,300円〜 0.8kg
木製 8,000円〜 不明
クチーナプロ 17,000円 4.0kg
Victoria 12,000円〜 3.7kg

【結論】一番おすすめなトルティーヤ・プレスは、これ!

おすすめはコレ!

トルティーヤのクオリティで選ぶなら、Victoria

一番美味しいトルティーヤができるおすすめプレスは、「Victoria」です!

「本気で美味しいタコス」を目指す人は、迷わずVictoria!

あとは、「餃子の生地」を作りたい人も、Victoriaが一番薄くできるのでおすすめです。

…が、やっぱり「重い」分、指を挟んだときに大変なことになるので、子供と一緒に使うのには向かないかな…。

子供と使う+早く手に入れたいなら、Norpro

タコスパーティをしてみたい人・子供と一緒に使いたい人は、軽くて安全で安い、「Norpro(ノルプロ)」が使いやすいかな〜と思います!

Norproは「15cm(3,000円)」と「20cm(4,000円)」の2サイズがあります。

どちらかというと、大きめの20cmの方が使いやすいです!

また、注文してすぐ届くのもNorpro(ノルプロ)のメリットです。(Victoriaは、2〜3週間待たなきゃなので…。)

「本場風」にこだわらなければ、ちょっとくらい分厚くても十分美味しいトルティーヤができます。

カルニータスのタコス
↑Norproトルティーヤのタコス。ちょっとぶ厚め。

家でNorproで作ったトルティーヤでタコスパーティをした時に、「分厚くて贅沢な気分!」と言っていた人もいたので、好みの問題かも。(わたしは薄い方が好きですが…😅)

市販のトルティーヤを使うより、ずっと美味しいトルティーヤができる、というポイントは変わらないので、予算と好みで選ぶのがいいと思います!!

お試しでNorproを買って、満足できなかったらVictoriaにするのもアリですね。

自分の好みに合わせて、トルティーヤプレスを選んでみてください😊

手作りタコスにおすすめなトルティーヤのトウモロコシ生地の元(「マサ」と言います)は、こちらの記事で紹介してます。↓ 一緒に注文しておくといいかも😊

タコス作り(トルティーヤのマサ)
トルティーヤ作りにおすすめな、美味しいトウモロコシ粉を紹介。今回は、メキシコ料理に欠かせない「トルティーヤ」も材料である、トウモロコシ粉(通称「マサ」)のおすすめを紹介したいと思います。 ...

 

トルティーヤの作り方は、こちら↓

トルティーヤ
100%トウモロコシ粉のトルティーヤの作り方。(詳しいレシピ)前回の記事で、トルティーヤ作りにおすすめな美味しいトウモロコシ粉を紹介しました。 今回は、そのトウモロコシ粉で本場メキシコ流の「1...

 

本場メキシコ流タコスのレシピは、こちらです!↓

タコス作り(トルティーヤ)
本場メキシコの屋台風!絶品タコスのレシピ(ホームパーティにも。)タコスが食べたい。ものすごく食べたい。それも、アメリカナイズされたやつじゃなくて、メキシコシティの屋台で食べるような庶民派のタコスが食べ...
こちらの記事もおすすめ