メキシコのグルメ

タコスに合う!美味しいサルサソース3種の作り方(レシピ)

ゴロゴロ系のサルサ

タコスに欠かせないのが、サルサ。

(「サルサ」とはスペイン語で「ソース」という意味なので、この記事ではシンプルに「サルサ」と呼びます。)

いろんな種類の野菜で作るので、野菜の旨みたっぷりのソースです!

サルサの材料は夏野菜

ホームパーティー向け手作りタコスの作り方を紹介した時にも書きましたが、この記事では「サルサ」を特集して、メキシコ流の美味しい作り方を紹介します!

日本のスーパーで簡単に手に入る食材だけで、本場メキシコに近いサルサができます!

わたしもいつもタコスを食べるときには作っています。ぜひ挑戦してみてください♪

タコス用・基本のサルサソースのレシピ

赤いサルサソース(タコスにぴったり)

タコス向けの、トマトベースのサルサを紹介します。

「基本のサルサ」とあるように、タコスを作る時にとりあえず用意しておきたいサルサです!

材料(2人前)

  • トマト:2個
  • 玉ねぎ:1/2個
  • 生の青唐辛子:2,3本(好みで)
  • にんにく:2かけ(orにんにくチューブでもOK)
  • ライム:1個

辛いのが苦手な人は、唐辛子を抜いてしまってもいいのですが、唐辛子の旨み成分がタコスを劇的に美味しくしてくれるので、できれば入れた方がいいです!

生の青唐辛子は、近所のスーパーに売っていなかったらウェブで取り寄せることもできます。

乾燥唐辛子よりも風味豊かで、とてもフレッシュなサルサができます。

作り方

下準備

  • 生の唐辛子→適当にきるか、そのままでもOK。
  • たまねぎ→4等分くらいにくし切り
  • トマト→くし切り
  • にんにく→みじん切り
  1. 下準備で切った材料を全て、強火で焦げ目がつくまで焼く
  2. 焼いた野菜をすべて、ミキサーやみじん切り器に入れて混ぜる
  3. 途中で、水を足して滑らかに
  4. ライムを絞り入れて、塩で味を整える

    出来上がり!

簡単に、絶品サルサができあがります!

強火で焼くことで、唐辛子や野菜の旨みがしっかり出ます!(辛さが苦手な人は、唐辛子を減らして作ります。)

トマトの代わりにミニトマトを使うと、トマトの味わいがぎゅっと濃くなり、さらに美味しいです!

メキシコだったら、このサルサには「トマティージャ」という緑色のトマトを使い「サルサ・ベルデ(緑サルサ)」と呼ばれます。

市場で売られるトマティージャ(緑トマト)
(↑)トマティージャ。ほうずきのような皮で覆われたトマトです。

しかし、日本ではトマティージャを手に入れるのが難しいので、赤いトマトを使った「赤いサルサ」になります。

 

アボカドベースのサルサソース・レシピ

アボカドベースのサルサ(タコス用)

次に、マイルドな味わいのアボカドをたっぷり使ったサルサを紹介します!

材料(2人前)

  • アボカド(大):2個
  • トマト:1個
  • 玉ねぎ:1/2個
  • 酢漬のハラペーニョ 2本分
  • パクチー3本
  • にんにく:2かけ(orにんにくチューブでもOK)
  • ライム:1個
  • 塩少し
基本的には、さっきのトマトベースのサルサレシピにアボカドとパクチーを足して、トマトを半分にしただけです。

あと、こちら生唐辛子ではなくて「酢漬けのハラペーニョ」を使います。ハラペーニョはウェブで簡単に手に入ります!

アマゾンが特に安いです!

作り方

  1. トマト全部と、用意したにんにくの半分を、焦げ目がつくまで焼く
  2. ミキサーに、アボカド(中身)、生玉ねぎ、ハラペーニョ、生にんにく、焼いたトマトとにんにくを入れて、ライムを搾りいれ、混ぜる
  3. 滑らかさが足りない場合、水も加える
  4. 味見をしながら塩で味を整える

出来上がり!

材料や味だけ見ると「ワカモレ」と限りなく似ていますが、「サルサ」なのでもう少し滑らかです。

また、以前紹介したワカモレのレシピ通りにワカモレを作って、それからそれに水とハラペーニョを加えてミキサーにかければ、ワカモレとアボカドサルサが同時にできます。

ワカモレ・ディップの作り方2
辛いものが苦手な人は、ハラペーニョ抜きで作っても大丈夫です!

トルティーヤチップスにも合う、素材ゴロゴロ角切りサルサ

ゴロゴロ系のサルサ

さて、ここまでは「タコスにかける用のどろっと系サルサ」を紹介してきましたが、

ここからは、チップスと合わせてもOK、そのままサラダとして食べてもOKの「何にでも使える万能ゴロゴロ系サルサ」を紹介します。

もちろん、タコスにあわせても美味しいです!

材料(2人前)

  • トマト:2個
  • 玉ねぎ:1/2個
  • パクチー3本
  • にんにく:2かけ(orにんにくチューブでもOK)
  • ライム:1個
  • 塩・コショウ

特に特殊な材料はありません。

辛いものが好きな人は、ここにハラペーニョを入れるのもアリ!

生玉ねぎの「辛み」が苦手・胸焼けする、という人は「紫玉ねぎ」で作ってみてください!

新玉ねぎのように甘みが強く、辛みも少ないので胸焼けしにくいです!

作り方

  1. トマトと玉ねぎを角切りにする
  2. にんにくとパクチーはみじん切りにする
  3. 全部ボウルに入れて混ぜ、ライムを搾りいれる
  4. 塩コショウで好みの味に仕上げる

出来上がり!
みじん切りにしたサルサ

ちなみに、ここにオリーブオイルを加えて、さらにオリーブを刻んだものを加えると、突如めっちゃおしゃれなフランス風?サルサになります。(↓)

このオリーブ入りのサルサは、タコスには微妙ですが、トルティーヤチップスととても合います!

まとめ:いろんなサルサを作ってみよう!

タコス用のサルサ

メキシコには、他にもいろんな種類のサルサがあります。

唐辛子のを変えるだけでも、サルサ全体の味はぜんぜん違います。また、同じ種類の唐辛子でも、乾燥したものと生でも風味が変わります!

唐辛子の世界は奥深く、味のバリエーションは無限大。

ぜひ自分の好みのサルサを作ってタコスを楽しんでください♪

タコスの作り方は、こちらの記事で詳しく紹介しているので、興味のある人はぜひ見てみてください^^(↓)

タコス作り(トルティーヤ)
本場メキシコの屋台風!絶品タコスのレシピ(ホームパーティにも。)タコスが食べたい。ものすごく食べたい。それも、アメリカナイズされたやつじゃなくて、メキシコシティの屋台で食べるような庶民派のタコスが食べ...