メキシカンフード&食文化

メキシコで絶対に食べたい、屋台飯図鑑②(スナック&飲み物)

前回の記事では、メキシコの屋台飯を21種類紹介しました。
メキシコで絶対に食べたい、屋台飯図鑑①(ごはん&ファストフード)

この記事では、そんな屋台飯を食べたあとや小腹がすいた時、また、スッキリしたいときに食べたい食べ物や飲み物を、12種類紹介します。

スナック&スイーツ系

カットフルーツ

スイカ、マンゴー、パパイヤなど、いろんなフルーツがプラスチックカップに入れられて売られています。

メキシコ人は、それにチリパウダーとライムを大量にかけて食べます!

チップス

Chips(チップス)は、ポテトチップスのこと。

公園や競技場などでよく売られている屋台スナックです。

その場で揚げている場合もあれば、市販のポテチをそのまま売っている場合もあります。

メキシコ人は、チップスの上に、チリパウダーやサルサソース、ライム、塩などをかけ、さらに塩分を濃くして食べます。

一度、「なにもかけなくていい、そのままで」といったら、とても怪訝な顔をされました…。

それくらい、みんなかけるのが普通です!

ドーナッツ

日本と同じ、砂糖を振りかけたシンプルなドーナッツで、駅などでよく売られています。

ひとつ5ペソ~(30円~)と、とても安いので、少しおなかが減った時にぴったりです。

チョコレートがかかったものもあります。

チチャロン

Photo by: Russ Bowling CC BY 2.0

Chicharron(チチャロン)とは、メキシコ人が愛してやまない、サックサクに揚げた豚の皮のことです。

スナックとしてだけでなく、料理のトッピングや、煮込んでおかず(タコスの具にも!)など、とても幅広く食べられています。

旨みが凝縮されていて、とても美味しいです!

屋台で売られているチチャロンの中には、豚の皮ではなくただの揚げ菓子のようなバージョンもあります。

カモーテ


Photo by:Dtarazona CC BY-SA 3.0

メキシコシティーなどで道を歩いていると、とつぜん、ビックリするような大きな笛の音とともに現れる、パイプ煙突のついた小さな移動屋台に遭遇することがあります。

「Camote(カモーテ)」とは、サツマイモという意味。ミニミニ焼き芋屋っぽい外見のその移動式屋台では、本当に日本で食べるような「焼きいも」や、焼きバナナが買えます。

ただし、メキシコでは、焼きいもにジャムや練乳をかけます。そのままがいい人は「カモーテだけで。」といいましょう。でも、メキシコ流の焼きいもを一度試してみるのもいいかも?

ちなみに、メキシコの屋台の中でも、最も古い歴史を持つ、伝統的な屋台です。

チュロス

かつてスペインの植民地だったメキシコには、スペインの名残があちらこちらで見られます。

Churros(チュロス)はスペインからやってきたお菓子です。日本で食べられるチュロスと同じものです。

「Relleno(レジェノ)」と呼ばれる、穴の中にジャムや練乳が入ったものと、「Sencillo(センシージョ)」と呼ばれる、日本で良く食べるようなシンプルなものの二種類あります。

基本的に、レジェノはものすごく甘いので注意!

アマラント


Photo by:Adrián Cerón CC BY-SA 4.0

メキシコには、Amaranto(アマラント)と呼ばれる、日本の「おこし」とソックリなお菓子があります。

これを見つけたときは、本当に同じ見た目&味も同じで、ビックリしました!

このアマラントは、なんと古代メキシコ時代からある伝統的なお菓子で、生姜が香るもの、ナッツも一緒にかためたものなど、さまざまです。

ラスパドス

Raspados(ラスパドス)とは、メキシコ流のかき氷のことです。オアハカ州では、「Nieve(ニエベ=雪)」とも呼ばれています。

シロップの種類は、甘酸っぱいタマリンドやマンゴー、いちごなど、さまざま。屋台によって、シロップのクオリティーが全然違います。

高クオリティーな屋台のシロップは、本物のフルーツをたっぷり使った濃厚なフルーツシロップで、感動するほど美味しいです!

(そしてやっぱり、かき氷にもチリパウダーをかける人もいます。)

飲み物系

アトレ


Photo by: Sxmuelfernandez CC BY-SA 3.0

Atole(アトレ)は、トウモロコシ粉で作ったおもゆで、とろとろした熱々の飲み物です。

タマレスと一緒に早朝の時間帯に売られていて、体がとても温まります。

味は、チョコレート、米、いちごなどいろいろあり、「Champurrado(チャンプラード)」と呼ばれる、チョコレート味のアトレをさらに濃くしたものが人気です。

米のアトレは、少し甘酒に似ています!

フレッシュジュース

ジューススタンドは、あらゆるところで見ることができます。Jugo(フゴ)と呼ばれるものは、すべてフルーツ100%です。

その場でフルーツをカットして、100%のジュースを10~15ペソ(60-90円)で作ってくれます。

日本ではフレッシュジュースは高いので、わたしもメキシコに行くたび毎日飲んでいます。

食生活が偏りがちなメキシコ生活の、貴重なビタミン元!ニンジン100%のジュースが特におすすめです。

リクアド

Licuado(リクアド)とは、フルーツ&ミルクシェークのことです。生のフルーツとミルクや練乳をミキサーで混ぜて出してくれます。

おすすめは、「Licuado de Mamey(マメイのリクアド)」。「マメイ」という、オレンジ色のアボガドのようなフルーツで、とても甘くて濃厚です。

ほかにも、バナナチョコレート、いちごミルクなど、さまざまな種類があります。

アグア

Agua(アグア)は、「水」という意味ですが、メキシコでは「味付きの水」、つまりジュースのことです。

フルーツと水を混ぜたものが多く、フレッシュジュースよりもあっさりしたナチュラルジュース、とった感じです。

おすすめは、「Agua de Alfalfa(アグア・デ・アルファルファ)」。

緑色の「アルファルファ」というスプラウトのような野菜を使ったジュースで、栄養たっぷり&とても飲みやすくあっさりしています。

さいごに

以上、「メキシコの屋台飯図鑑」でした。

ここで紹介したのは、屋台でよく見かける食べ物だけで、レストランに行けばさらにたくさんのメキシコ料理があります。

メキシコの屋台は安くて美味しいところがたくさんあるので、ぜひいろいろ試して「お気に入りの屋台」を見つけてください。

屋台飯を楽しめると、メキシコが数倍楽しくなりますよ~!