メキシカンフード&食文化

ケッサディーヤはタコスに並ぶ、チーズ好きのためのファストフード!

メキシコの料理の中でも、チーズ好きに猛烈におすすめしたいのが、「Quesadilla(ケッサディーヤ)」というメキシカン・ファストフードです。

ケッサディーヤとは?

ケッサディーヤとは、タコスに使われるトウモロコシのパン「トルティーヤ」に、チキンやきのこなどの具をたっぷり挟んで鉄板で焼いたメキシコ流ファストフードです。

「Quesadilla」とは、「小さなチーズのもの」という意味。

「Queso」が「チーズ」という意味なので、そこから名付けられています。

その名の通り、チーズを挟むことが多いです。

ケッサディーヤの見た目はタコスに似ていて、タコス屋台などでもたまに見かけます。

チーズが名前に入っているのにも関わらず、チーズを挟まないケッサディーヤもあります。

はじめてのメキシコ料理

わたしがはじめてメキシコに行った時、初めて食べたのが、シンプルな具がチーズのみの「ケッサディーヤ」でした。

ホームステイしていたのでそこの家庭の味ですが、これがめちゃくちゃ美味しかった!!!

そこのケッサディーヤは、具はチーズだけのシンプルなものだったのですが、とにかくびっくりするくらい美味しくて、「なにか食べたい?」と聞かれるたびに「チーズのヤツ」と即答し続け、数えきれないほど食べました。

(あのホセの家です。)

味は、例えるならトーストの上にチーズを乗せてとろけさせたハイジのチーズパンっぽいかんじでした。

おいしいケッサディーヤ=おいしいチーズ

美味しいケッサディーヤには、やっぱりおいしいチーズが使われています。

ケッサディーヤに使われるチーズは、基本的にあっさりとしたミルキーな味のチーズが多く、よく使われるのは「オアハカチーズ」と呼ばれるのび~るチーズです。

オアハカチーズにも、美味しいものと微妙なものがあり、そのチーズの味こそがケッサディーヤの決め手になります。

おいしいケッサディーヤは、具なし(チーズのみ)でもとても美味しいです!

具を入れると、「タコスwithチーズ」という感じになります。

タコスとケッサディーヤの違い

チーズの入ったタコスと、具入りのケッサディーヤは、一見ほぼ同じですが、微妙に調理方法が違います。

タコスの場合は、鉄板などで調理した具材をトルティーヤに挟んで完成ですが、

ケッサディーヤは、具材を挟んでから鉄板で焼きます。

ケッサディーヤの種類

ケッサディーヤには、トウモロコシ粉のトルティーヤを使う場合と、小麦粉のトルティーヤを使う場合があります。

より癖がないのは小麦粉のトルティーヤのものです。

また、ケッサディーヤには、焼くタイプと揚げるタイプがあります。

焼いたケッサディーヤ

最もオーソドックスなタイプで、屋台などでも多く見ます。

鉄板の上などでケッサディーヤを温め、その上にチーズを乗せてとろけてきたら挟んで出されます。

揚げたケッサディーヤ

揚げたタイプは、あまり屋台ではみることがありませんが、ケッサディーヤの専門店などでたまに見かけます。

この揚げたケッサディーヤも、とてもおいしいです!

サクサクの記事の中にとろ~りチーズが入っていて、ちょうどチーズパイのような味わいです。

メキシコ人に人気のお弁当

メキシコ人とピクニックに行くと、高確率でチーズのみのケッサディーヤを持ってきます。

というのも、ケッサディーヤはどこの家庭でも簡単に作れるお手軽料理だからです。

ケッサディーヤは、できたては中のチーズがトロトロですが、しばらくするとチーズが固まるので、たくさん持っていくことができます。

↑こんなふうにペッタンコに作ればかさばらず、タコスよりもさらに持ち運びやすいファストフードです。

さいごに

ケッサディーヤは、チーズ好きには特に食べてみてほしい、メキシコを代表するファストフードです。

持ち運びもしやすく、長距離移動時のおやつにも最適です。

屋台やレストランでも、簡単に見つけることができるはずなので、メキシコに行ったら、ぜひ挑戦してみてください!