メキシコのアミーゴ

メキシコのアミーゴ① すべてを賄賂で解決する男、ホセ

久しぶりに、メキシコ雑記を。

この前、こんな記事を書きました。
メキシコの警察にワイロを求められた時のはなし

ここで一瞬出てきた、わたしにメキシコ警官への注意喚起をしてくれたメキシコ人の友達、「ホセ(仮)」。

かなりキャラが濃くネタ豊富な人なので、今回は彼の話をしようと思います。

ホセとの出会い

ホセと初めて出会ったのは、実はメキシコではなく、アフリカの「ザンビア」という国でした。


わたしはちょうど4年前にアフリカを旅していて、ホセも同じ時期にアフリカにいました。

わたしたちは、キャンプ場で隣同士でした。

年も近かったことからわたしたちは仲良くなり、同じく隣人キャンパ―の南アフリカ人のおじちゃんと、三人でよく一緒にごはんを食べたりしていました。

天才ホセ

ホセは面白い人でした。とりあえず彼は常にブッ飛んでいました。

 

ある日、私は川のラフティング(激流下り)を楽しみ、クタクタでキャンプ場に帰ってきました。

「やあ、今日は何してたの?」テントから顔を出して、ホセが話しかけてきました。

「今日は、ラフティングに行ってきたよ~!」

「おー!おれも3日前に行ったよ。最高だよね!ピクチャー見せてよ!」

「ああ~ピクチャーはね、50USドル(約6,000円)もしたから買わなかったよ~。高すぎるよねえ。」

「え?ああ…」ホセは、あいまいな返事をした後、

ヘイ、特別にいいことを教えてあげるよ。」とたくらみ顔になり、PCを取り出し彼がラフティングに参加した時の写真を見せてくれました。

うわー、あの高い写真DVD買ったのかあ、と驚いていると、ホセは、とんでもないことを言い出しました。

おれはこれを、30,000クワチャ(約500円)で買ったんだ。

「な、なにい。でも、私の時は、50USドルだったよ!」

「知ってる。おれは、ある技を使った。」

「…技とは?」

「それはな、ワイロだ。」

…え…?

「おれは、このUSBメモリをあらかじめ持っていっておいた。世界中のほとんどの観光地では、写真を高額で売りつけてくるだろ?だけど、そこで働いている現地人は、全然お金をもらっていないんだ。だからおれは、パソコンの管理をしているザンビア人の兄ちゃんにこう言った。『このUSBにデータをコピーしてくれたら、ポケットマネーにコレ(金を見せる)をやるよ』ってな。そしたら、ほら。この通り、写真を格安でゲットできたのさ。俺もハッピー、ザンビア人の兄ちゃんもハッピー。これぞ、Win-Winの関係さ!」

…わたしは、驚きすぎて何も言えませんでした。

「きみも、この技を活用していいよ。」

と言われましたが、絶対活用できそうにないと思いました。

賄賂を積極的に有効活用

ホセの話はあまりに衝撃的でした。

わたしにとっての「賄賂」は、マフィアなどのヤバい世界間で行われている秘密の儀式であって、もしくは、どうしようもなくとんでもない状況に陥ってしまったときの最終手段で、とにかく、こんなにカジュアルに活用されていいものではないはずでした。

「賄賂で解決」という発想すら全くなかったし、とにかくこの時、ホセは「規格外な男」だと思いました。

その後も続くホセの仰天行動

ホセがそのキャンプ場にいたのは一週間ほどでしたが、ホセは毎回面白いことをしていました。

「おれは、とにかくどこでも値切ることにしてんだ。」

と言って、スーパーのレジで値切ろうとしていた時はびっくりしました。

そして、メキシカン・ルール、「マチスモ」について教えてくれました。

「メキシコ人の男には、3つのルールがある。1つ目は、道の道路側を歩く。2つ目は、女性に荷物を持たせない。そして3つ目は、男がすべて支払うんだ!」と、胸を張っていました。

「メキシコ人の男は大変だなあ」と思いながら、当時はまだ行ったことのないその国はどんな場所なんだろう、と、メキシコに思いをはせました。

「メキシコ人は、ワイロを使いこなせないとダメだ」

ホセは自国メキシコでもアフリカでも、今までの数々の困難をワイロによって解決してきた、といいます。

「賄賂がなかったら、おれもこんなに平和に生きられなかった」とまで言います。

ホセに言わせてみれば、ワイロを使いこなせてこそ一人前のメキシコ人の男になれるんだとか。

当時メキシコのことをなにも知らなかった私は、

「そうか、ワイロを使わないとメキシコでは生きられないのか。やっぱりマフィアの国だけあるな。」と偏見全開で理解していました。

自分の国メキシコを愛する男、ホセ

ホセは、ことあるごとに私たちにメキシコのことを教えてくれました。

世界を旅していても、メキシコ人の旅人にはなかなか出会わないので、彼の話はとても新鮮でした。

そして、ホセの話すメキシコがあまりに面白そうなので、わたしはメキシコに行ってみたくなりました。

「賄賂さえ払っていれば、メキシコはとっても安全さ!」という彼の言葉を信じて。

ちょうど、アフリカのあとには中南米を回る予定だったので、「メキシコでまた会おう」と約束して、ホセはナミビアに旅立ちました。

帰ってきたホセ

次の日、ホセはナミビアの国境手前から追い出されて、帰ってきました。

「なんか、メキシコ人は、ナミビアに行くにはビザがいるらしい。」

いや調べとけよ!と心の中で思いましたが、ホセらしいとも思いました。

「かなり賄賂を払うって言ったんだけど、まったく聞いてくれなくて。こんな仕打ち、初めてだ!信じられない。もう俺は一生ナミビアには行けないのか。悲しい。」と、かなり大げさに落ち込んでいました。

いや、ビザ取得したらいいんじゃない?と言おうとしたら、

もう俺は、メキシコに帰る!!」と、その場でチケットを取り、次の日彼はメキシコに帰っていきました。

その後

アフリカを旅し終わったわたしは、ついにメキシコに向かいます!

そして、メキシコに行ってからも、さらなるホセの突拍子もない行動を目の当たりにすることになります。

今ならわかるのですが、ホセは「一般的な感覚のメキシコ人」ではなかったです。

ワイロの払い方を知らなくても、メキシコで全然生きられます。ホセの言うことは7割引で理解してちょうどいいくらいです。

つづく。
次の記事⇒メキシコのアミーゴ② 上位2%のお金持ち、ホセの暮らす家