メキシコ時事ネタ

サッカーメキシコ代表オソリオ監督がついに退任…。新監督は?

昨日(8月27日)、メキシコサッカー連盟は、サッカーメキシコ代表を率いてきたフアン・カルロス・オソリオ監督の退任を、公式に発表しました。

オソリオ監督の退任、メキシコサッカー連盟が公式発表

公式発表後のSelección Nacional(メキシコサッカー連盟)の公式アカウント( @miseleccionmx)によるツイートが、こちら。

訳:フアン・カルロス・オソリオ(監督)との契約更新を取りやめました。私たちは、彼のすべての試合での献身と、コミットメントに感謝します。

とツイート。

今年のロシアでのワールドカップで、メキシコは予選の韓国勝利の影響でグループFで2位を獲得し、なんとか決勝トーナメントまでは駒を進めたものの、1回戦でブラジル代表に敗れ、16位敗退で残念ながら8強入りは叶いませんでした。

また、メキシコがワールドカップ・決勝トーナメントで負けるのは、7回連続でした。

発表の内容

Twitterでは、わりとあっさりと事実のみ発表されていますが、公式発表のページの方では決定までに慎重な話し合いがあったことが説明されると同時に、オソリオ監督への感謝の意が述べられていました。

Después de un periodo de reflexión, de profundo análisis y diversas conversaciones entre Juan Carlos Osorio y la Federación Mexicana de Fútbol, el Profesor Osorio ha decidido no ser considerado como posible candidato a Director Técnico de la Selección Nacional de México para el ciclo 2018-2022.

by「Se descarta la renovación con Juan Carlos Osorio

訳:フアン・カルロス・オソリオ監督とメキシコサッカー連盟の間での度重なる対話と分析の結果、2018年から2022年のシーズンのメキシコ代表チーム監督候補からオソリオ氏を除外することを決定しました。

 

El Profesor Osorio se convirtió en el Director Técnico de la Selección Nacional de México con el mejor porcentaje de efectividad en los últimos 28 años, dirigiendo un total de 52 partidos con 33 victorias, 9 empates y 10 derrotas.

by「Se descarta la renovación con Juan Carlos Osorio

訳:オソリオ監督が在任中指揮した52試合の成績は「33勝9分け10敗」で、過去28年間のメキシコ監督の中では最高の勝率でした。

公式発表のページ【Se descarta la renovación con Juan Carlos Osorio(https://miseleccion.mx/se-descarta-la-renovacion-juan-carlos-osorio/)】(スペイン語サイト)

結果が何より大切な世界

ところで、以下のツイートによると、、

どうやらオソリオ監督は、メキシコ代表を2018年ワールドカップ・決勝トーナメント出場に導いたあと、今後のワールドカップの契約更新をオファーされたのですが、それを断ったようなのです。

つまり、契約を更新しなかったのはオソリオ監督の意思でした。

過去28年間のメキシコ監督の中で最高の勝率だったのにも関わらず、オファーを蹴って退任するとはなかなかシビアな世界ですね。

しかし、あれだけ国民がサッカーを愛する国だからこそ、やはり何よりも「結果」が求められたし、オソリオ監督自身も覚悟を決めたのでしょう。

コロンビア出身の監督が認められた瞬間

実は、オソリオ監督はメキシコではなくコロンビアの出身です。

その影響でメキシコのファンたちの中には彼に対して疑心暗鬼な人も多く、試合で勝った時にすら「オソリオ、出ていけ!」と観客席から大声で叫ぶようなアンチサポーターも絶えませんでした。

その流れが変わったのが強豪ドイツに勝利した瞬間であり、あれから多くのアンチサポーターがオソリオ監督への見方を改めたのです。

だからこそ、ワールドカップ直後の退任は残念でなりませんが、オソリオ監督の退任が発表されたツイッターのコメント欄では、2018年ワールドカップでドイツに勝利したことをはじめ、数々の勝利について取り上げつつ、多くのファンがオソリオ監督への感謝の意を示していました。

ESPNはツイッターで、

フアン・カルロス・オソリオはメキシコ代表のボスとしてチームを率いるにあたって数多くの批判に晒されてきたが、数字は嘘をつかない。

という言葉と共に、彼のメキシコチームへの貢献を画像にして、ツイートしていました。

オソリオ監督の今後

優秀な監督なので、おそらく代表退任後も多くのオファーを受けることと思います。

本人は、今後はヨーロッパのチームでの監督を希望しているようです。まだどうなるかわかりませんが…。

オソリオ監督が退任されるのは残念ですが、2022年のワールドカップでは、次の新しい監督がメキシコをベスト8入りまで導いてくれることを願います!

最後に:次の監督は?

次のメキシコ代表監督は、現時点(2018年7月28日)ではまだ発表されていません。

 

訳:さて、彼(オソリオ監督)も行ってしまった。メキシコはこの先、オソリオ監督なしで良くなるか悪くなるか、どうなるだろうか?!

 

オソリオ監督、2015~2018年の4年間、おつかれさまでした。だいぶ先ですが、2022のワールドカップと新監督に注目です!