メキシコシティ旅行

メキシコシティでルチャリブレ観戦!【チケットの買い方、注意点5つ】

ルチャ・リブレ(クライマックス)アレナメヒコ

メキシコといえば??サボテン、タコス、テキーラ…そんな「メキシコらしい」ものの一つに、メキシコの庶民が愛する格闘技「ルチャ・リブレ」があります。

興奮と熱狂が渦巻く会場に一度足を踏み込めば、ハマってしまうこと間違いなし!今回は、そんなメキシコ人最愛の娯楽「ルチャ・リブレ」について紹介します!

「 “ルチャ・リブレ”? 聞いたことないなあ。日本でもプロレスは見ないし。」…という人でも、メキシコに来たなら絶対にルチャ観戦してほしい!

わたしも日本では一切プロレスを見ないけど、メキシコに来るたびに必ず一度はルチャ・リブレを見てます!「メキシコらしさ」が詰まっていて、とっても面白いんです!

ルチャ・リブレ(Lucha Libre)とは?

カリスティコのアクロバティックな技(ルチャドール)3

「ルチャ・リブレ(Lucha Libre)」とは、スペイン語で「自由な戦い」と言う意味。

エンターテイメント性のとっても高いスポーツで、「メキシコ独自のスポーツ」として、そして「昔ながらの庶民の娯楽」として、大衆から愛され続けているメキシコ流プロレスです!!

ド派手なマスクと衣装を身につけたレスラーたちが、あっと息を飲むような身のこなしでアクロバティックな空中技を見せてくれます!!

ルチャ・リブレのアクロバティックな動き3

レスラーのことは、男性は「ルチャドール」、女性は「ルチャドーラ」と呼びます。

やってくる観客たちはみんなそれぞれ「お気に入り」や「ファン」のルチャドールやルチャドーラがいて、彼らが登場すると声の限りを尽くして熱狂的な声援を送ります!

ルチャ・リブレのルール

ルチャ・リブレの試合

試合は、だいたいいつも3本勝負

1対1だけでなくタッグマッチも行われ、「3対3」の6人タッグや8人タッグもたくさん行われる上に、メキシコの独自ルールもけっこう多いです。

ルチャリブレの戦い(ヒーローvsヒール)6
(↑)もう誰もリングの中におらんやん!状態。笑

ルチャ・リブレでは、戦う者同士が「善玉レスラー(ヒーロー)」と「悪玉レスラー(ヒール=悪役)」ははっきり分かれているのが特徴。観客は、どちらを応援するかを決めて声援を送ります!

ルールは…初心者から見ると「何でもアリ」状態!!(一応ちゃんとルールは守ってます)ヒーローはやっぱり正統派で、正々堂々と戦うのですが、悪役はときには超卑劣な手も使って、ヒーローを組み伏せようとします。。そんな時には、観客も大声で反応!

  • 「おいー!!!それはズルいだろ!!!このやろう、お前のお母ちゃんはXXXXか〜!!!」
  • 「くそやろう〜〜!!XXXしてやる〜!!」
  • 「やっちまえ〜!お前ならそのXX野郎をやっつけられるはずだー!!!!」

などなど、、、日本で言ったら一発アウト+強制退場を食らいそうなレベルの言葉が飛び交います!「声援」というよりも本当にみんな「ルチャの物語に入り込んでいる」感じです!

「熱狂的な声援」も含めて、ルチャリブレの魅力!

ルチャ・リブレの最後の戦いの場面2

小さい会場の観客席では、お客側も「ヒーローを応援する側」と「悪役を応援する側」に分けられ、フェンスで仕切られていることもあります。

観客たちはフェンス越しに「相手レスラー」だけでなく、敵対する観客すらも罵倒しあいます。(喧嘩に発展することもしばしば。笑)

もちろん、レスラーにも盛大に野次を飛ばし、それに対して反応するレスラーとのやりとりも楽しみの一つ。しかも、ノリのいいルチャドールたちは結構反応してくれるので、みんな言いたい放題!笑

メキシコで最も「スペイン語のNGワード」を聞く機会が多いのは、ここルチャ・リブレの会場かもしれません。。

メキシコシティの「ルチャ・リブレ」の楽しみ方

ここからは、ルチャ・リブレをどんな風に楽しむのかを紹介します!

1. 晩ご飯を食べてから、会場へ

メキシコシティのタコス屋台3

ルチャ・リブレの試合は、夕方〜夜にかけて開催されます。なので、とりあえず会場時間になる前に適当にお腹を満たしておきましょう。

会場の開場前になると人がたくさん集まるのですが、人が集まるところにはタコス屋がやってきます。屋台飯に不安がなければ、これからルチャ・リブレを一緒に見る観客と一緒に、賑わっているタコス屋台でタコスを食べるのがおすすめ!

「屋台飯が嫌」な人は、こちらの記事(↓)の「ディナーにおすすめなレストラン」で紹介しているところをチェック。

メキシコシティのソカロ
メキシコシティ1日観光プラン!【見所6つ+おすすめグルメも。】 というお急ぎモードの人向けに、1日でメキシコシティを満喫できる「見所巡り観光プラン」を考えてみました。 メキシコシ...

2. 会場の周りの出店で、ルチャリブレ・グッズの買い物も楽しもう

メキシコシティのアレナメヒコ(ルチャリブレ会場)マスクの販売2

アレナメヒコに行く場合、会場の周りにはルチャ・リブレ関連のグッズ専門の露店がたくさん出ています!

もしルチャ・リブレグッズが欲しいなら、ここがチャンス!他の市場(シウダデラ市場やメルセー市場)よりも安くゲットできます。

マスクをかぶってルチャ・リブレを応援する観客

好きなルチャドール(レスラー)のマスクを購入して、マスクをかぶって応援するのもメキシコ流。

「どれを買えばいいのがわからないけど、マスク被って応援したい!」

ということであれば、「ヒーロー役」や「有名なルチャドール」のマスクがおすすめです。

「一番人気のマスクはどれ?」と屋台のおじちゃんに聞いたところ、「ミスティコ、カリスティコ(同じ)の白いキラキラのマスク」って言ってました。
カリスティコのマスク©️ eBay

みんな大好きなレスラーで、圧倒的な「正義の味方感」があります✨

 

ルチャ・リブレグッズの値段(2019年春時点)

高級マスク(プロ仕様)
ルチャ・リブレのマスク
250〜300ペソ
丈夫で伸びる柔らかい生地で、光沢があり、ラメが入っているものも。
マスク(ノーマル仕様) 150〜200ペソ
分厚く、伸びない素材
キッズ用マスク(ノーマル仕様) 120ペソ〜
女性はこれでもいいかも。
ルチャTシャツ 120〜150ペソ
デザインも色々。お土産にとても喜ばれる!
ルチャドールのフィギュア
ルチャ・リブレのレスラーのフィギュア
20ペソ〜
人気のルチャドールは40ペソなどちょっと高め。

※ここでは基本的にボッタクリはなく、正規値段で売ってます。まとめてたくさん購入するときは、値引きをお願いしてみるといいかも。

ルチャグッズ専門店も近くにある

確実に「質のいいマスク」を手に入れたい人は、アレナメヒコのすぐ近くに専門店もあります。一番質のいいマスクだと、450ペソくらいから。露天より高いけど、品質は保証されてます!

店名 Deportes Martinez(デポルテス・マルティネス)
営業時間 月〜金:10:00〜20:00
土:10:00〜18:30
日:休み
場所 アレナメヒコの裏側の道にある小さい店。アレナメヒコの前から歩いて1分。入り口の謎のマネキンが目印
メキシコシティのルチャ・リブレのマスクを買う「Deportes Martinez」の店の見た目
住所 Av. Dr. Río de la Loza 229-B, Doctores, 06720 Ciudad de México, CDMX, Mexico
地図
店の公式サイト http://www.mtzwear.com/esp/art_catalogo.php?id=423

また、会場周辺には「お菓子屋台」も出ていて、豆菓子などちょっとしたスナックも買うことができます。(ただ、会場内への持ち込みは原則禁止なので、食べ物は「観戦後」に買いましょう)

メキシコシティのアレナメヒコ(ルチャリブレ会場)6アレナメヒコ会場の前は、かなり混み合っているので、スリには注意!

3. チケットを見せて入場

ルチャ・リブレのチケット

事前に買っておいたチケットを見せて、入場します。(買い方は後ほど紹介)

この時、結構厳重にボディーチェックと荷物検査を受けます。(男性は男性の係員に、女性は女性の係員に。)

メキシコシティのアレナメヒコ(ルチャリブレ会場)入り口の壁画2
会場に入ると、目の前に「CMLL80年記念」に描かれた壁画がお出迎え。80年間の歴史を彩った選手たちで、日本人選手もいます!

青い服の人が席に案内してくれるので、10ペソ(約60円)くらいチップをあげましょう。(ここではケチらないで!)

あと、試合が始まるまではお菓子売りやドリンク売りの人がウロウロしているので、欲しいひとは頼みましょう。(そこまで割高でもないです)ビールも飲めます!

4. 開幕+ルチャドールの紹介

BRAZO DE PLATAの登場シーン

開幕は、ものすごく派手です。超大音量の音楽が流れ、露出度の高い美女たち(Dansing Girls)が踊り出します。(↑)の写真は、有名おデブレスラー「BRAZO DE PLATA」の登場シーン。

そして、ルチャドールたちが次々と呼ばれ、花火や紙吹雪、ネオンライトとともにド派手に登場!なんやかんや言っても、選手の登場シーンが一番盛り上がるかも。

観客たちはもうこの時点でもテンションかなり上がってます!!

この「盛り上がってる空気」にはテンションが上がります!

あと、基本的にはすべてスペイン語オンリーで進められます。何もわからなくても楽しいので心配なく。笑

5. 試合

ルチャドールの試合

開幕が終わると、試合が始まります。最初の方の試合はあまり有名じゃないレスラーたちが登場するので、盛り上がりはそこそこ。(2〜3時間の観戦なので、ここでは割と盛り上がらない。笑)

後半になるにつれて、だんだん上手い選手が出てきて、有名なレスラーやエストレージャス(スター選手)がどんどん登場し、会場は盛り上がっていきます!

ルチャ・リブレのアクロバティックな動き2

あと、難しい技が美しく決まった瞬間や、ヒーローが悪役を次々になぎ倒していった時には、会場は湧きに湧きます!!!

ルチャドールたちも、会場を盛り上げるのが本当に上手なんですよね〜。

ヒーロー役のルチャドールたち1

悪役がリングの隅に立ち上がって観客を煽ったり、ヒーローが「応援してくれ!みんなの力が必要だ!!」と助けを求めたりして、観客もどんどんノッてきます!

悪役が卑劣な方法でヒーローを倒すと、会場全体が揺れるほどの全力のブーイングの嵐。そこから劣勢になっていたヒーローが復活して悪役に正々堂々打ち勝つと、リングが割れんほどの歓声が響きます!

ルチャ・リブレの最後の戦いの場面3
やっぱり、適当に見ているよりも、「応援しながら観る」方がずっと楽しいです!

レスラーが登場したらとりあえずどっちを応援するか決めて、それから彼らが生み出すリング上の物語に自分も入り込んで、楽しみましょう!!!

6. 試合が終わったら

試合がすべて終わったら会場をさっさと出るのもいいのですが、ルチャドールの中には観客サービスで写真を一緒に撮ってくれる場合もあるので、ちょっと「出待ち」をするのもあり。(大きい会場では難しいですが。。)

また、試合中に気に入った選手がいれば、その選手のマスクを露店で買うのもおすすめです!

ルチャ・リブレが終わるのは夜で、会場はそこまで治安のいいエリアにあるわけでもないので、なるべく人が多いうちに帰りましょう。

ルチャを観るならここ!メキシコシティにある「ルチャ・リブレ2大聖地」

メキシコシティでルチャ・リブレを見たい人は、おすすめの会場が2つあります。

ルチャリブレ2大聖地」と呼ばれています。

1. アレナメヒコ(Arena Mexico)

ルチャ・リブレのリング

ここアレナ・メヒコは、メキシコシティーで1番巨大&有名なルチャリブレの会場です

MAX18,500人の客が入れるほどの巨大な箱で、照明や音響、スクリーンなどの設備もバッチリ。現在はメキシコ有数のルチャリブレ団体「CMLL」が所有しています。(1968年に開催されたメキシコシティーオリンピックではボクシング競技の会場となったこともあるそうです。)

ルチャ・リブレの最後の戦いの場面1

アレナ・メヒコで見られるルチャ・リブレは格段にショーアップされているので、演出もド派手で、見応えがあります!!プロレスがわからない人でもめちゃくちゃ面白い!!また、箱が大きい分観客も多いのでルチャ・リブレの盛大な盛り上がりを感じることができます♪

メキシコで初めてルチャ・リブレを見る人にはアレナ・メヒコのいい席で観るのが一番おすすめです!

メキシコシティーに修行に来る日本人レスラーも結構多いので、何回か試合を見ていれば1回位は日本人ルチャドールにも出会えるかもしれません!

アレナメヒコ(Arena Mexico)の基本情報

試合の開催日 週に2回〜
火曜日…19:30スタート
金曜日…20:30スタート
(その他不定期に開催)
試合の所要時間 2〜3時間
公式サイト http://cmll.com/
次の試合の詳細がわかります!
住所 Dr. Lavista 189, Doctores, 06720 Cuauhtémoc, CDMX, Mexico
地図

チケットの買い方

買い方 ・オンラインで買う
・当日、窓口で直接買う
オンラインで買う Ticket Masterのページから購入可能
窓口で買う 当日、会場まで行って窓口で購入
窓口の営業時間 試合のある日の、11:00〜試合開始時間まで
値段 100〜600ペソ(約600〜3,600円)
せっかくなら一番いい席がおすすめ!
ネット予約だと、いい席が予約できないことも…。(席が制限されてるのかも?)

一番いい席を狙うなら、当日窓口で「El Mejor asiento, por favor(エル・メホール・アシエント・ポルファボール=一番いい席をお願いします)」と頼むのが一番おすすめです。いい席だと本当に目の前で試合を見れて、めちゃ楽しいです!

2. アレナ・コリセオ(Arena Coliseo)

「アレナ・コリセオ」は、アレナメヒコと並ぶルチャリブレの聖地です。ルチャリブレの父と呼ばれるサルバドール・ルッテロス氏によって、1943年に設立されました。

会場の規模はアレナメヒコの半分以下で、収容人数はマックスで7000人程度。しかし、客席とリングがとても近いのでどこの席からでもかなり臨場感あふれる試合を見ることができます!「昔ながらの雰囲気で、安くルチャ・リブレが楽しめる」ということで、ローカルにも人気。

もともとプロレスを観ることが好きな人で「技やルチャドールたちの表情も見たい!」という人は、アレナメヒコと合わせて行ってみるといいかも!

アレナ・コリセオ(Arena Coliseo)の基本情報

試合の開催日 週に1回〜
土曜日…19:30スタート
(その他不定期に開催)
試合の所要時間 2〜3時間
公式サイト http://cmll.com/
(アレナメヒコと同じCMLLが催行主)
住所 República de Perú 77, Centro Histórico de la Cdad. de México, Centro, 06000 Ciudad de México, CDMX
地図

チケットの買い方

買い方 ・オンラインで買う
・当日、窓口で直接買う
オンラインで買う Ticket MasterのArena Coliseoのページから購入可能
↑ここで、直近の試合日程もチェックできます
窓口で買う 当日、会場まで行って窓口で購入
窓口の営業時間 試合がある日の、11:00〜14:00
値段 60〜300ペソ(約360〜1,800円)
せっかくなら一番いい席がおすすめ!

 

初心者は、まずは「アレナ・メヒコ」がおすすめ

わたしのおすすめは、まずは「アレナ・メヒコ」に行って、ルチャ・リブレをもっと見たい!と思ったら「アレナ・コリセオ」に行く、という流れ。

メキシコ国内にルチャの会場は数あれど、アレナ・メヒコほど巨大でショーアップされたルチャ・リブレは他にないので、ぜひ「都市型ルチャ・リブレ観戦」を体験してきてください♪

ルチャ・リブレ観戦時の、5つの注意点

ルチャ・リブレを観戦するときに注意したい点をまとめました。

1. ルチャ・リブレの会場周辺の治安について

メキシコシティのアレナメヒコ(ルチャリブレ会場)5

ルチャ・リブレの会場は、さっきも少し話しましたが「あまり治安はよくない」です。(アレナメヒコも、アレナコリセオも両方。)

なので、不安な人は行きは「タクシーかUber」、帰りは「Uber」を利用しましょう!

(※帰りは、この辺りに観客目当てのタクシーがたくさん集まるのですが、たまにぼったくられた、などの話を聞きます。ちょっと不安なので、Uberがおすすめです。)

ただ、人が多い分変な事件が起こる可能性は低く、地下鉄でも大丈夫です。(わたしは毎回地下鉄で行ってますが、問題なし。ただし、夜になるのでホテルは必ず治安のいいエリアにしましょう)

2. コスパのいい席がいいなら、チケットは事前に買おう

ルチャのチケットは、開場前に行って買うこともできますが、それだと「しょぼいチケット」しか残っていない可能性も。

「一番安いチケットでいい」という人はそれでもOKですが、「なるべくコスパのいいチケットが欲しい」「いい席で観たい」という人は、ウェブ予約したり、当日のお昼に一度会場に行って買ったりして、事前にチケットをゲットしておきましょう!

メキシコシティのアレナメヒコ(ルチャリブレ会場)チケット売り場
(↑)会場のチケット売り場。建物の外にあります。

ダフ屋から購入は基本NG!

ルチャ初心者であれば、会場周辺で声をかけてくるダフ屋からチケットは購入しないように。

高いチケット 同じような席を窓口で買ったほうが安い。
席が一つも空いていない場合のみダフ屋頼み。
安いチケット 安いチケットであれば、絶対に席は残っているから窓口で購入しよう。

相当話題の試合でない限り、席は普通に空いていますし、チケットも開演直前まで買えます。

いい席をとれば、

カリスティコのアクロバティックな技(ルチャドール)2
こんな最高のシーンも間近で見られる上に、、

ルチャの試合:リングに近い席
リング外に出たルチャドールたちが話しかけてきたり、ぶっ飛んでくることもあります。(一回、本当に、隣の人のところに突っ込んできました笑)

3. スリも出るので荷物には注意

スリにあいそうなポケットの財布
人が多いところには、スリも出ます。

油断していると「携帯が無くなってた」「カメラが消えてた」なんて事になりかねないので、持ち物には注意。

「夜であること+治安があまり良くないこと」を考えると、観戦前に一度ホテルに戻って荷物を置いて、「最低限のお金とスマホ」だけ持って行けばいいと思います!

ただし、マスクやプロレスのフィギュアなど買い物したい人は、その分の現金は用意しておきましょー。(「お金がなくて買えない」と悲しいので…)

4. カメラは持ち込み禁止!(スマホ撮影はOK)

カメラは持ち込み禁止

会場内には、カメラは持ち込み禁止です。(荷物チェックを受けるので100%バレます)

カメラを持ってきた場合は、会場のクロークに預けなければいけません。一応預ける分には安全ですが、帰りに忘れて帰らないように注意。会場は、毎日開いているわけじゃないので忘れたらしばらく取り返せないですよ〜。

スマホで撮影
ただし、スマホでの動画や写真の撮影はOKなので、撮影したいときはスマホを用意していきましょー!

5. 「正義が勝つ」とは限らない…?

ルチャ・リブレのアクロバティックな動き1

あと、全ての試合は「やらせ」ではありません。なので、最近のショーでは悪役が勝つこともありえます。

わたしも今でなんども試合を見に行ってますが、一度だけ「悪役側の完全勝利」で終了したことがありました。(しかも5分くらいであっという間に…)

その時の、会場の盛り下がりっぷりったら…。わたしの隣の家族づれの女の子なんて、ガチ号泣&息ができないほど嗚咽してて、可哀想でした…。

ただ、試合後に悪役が「やっぱり、正義が勝つわけないんだ!!!ワハハハハ」と声高らかに笑うと、、

うずくまっていた正義のヒーローが体を引き摺りながらマイクを受け取り(悪役、マイク渡すの優しい)、

「みんな…応援してくれたのにゴメン。今度は…今度こそは、絶対に勝ってみせる!!こんな卑怯な奴らが勝つなんて、ありえないだろ?!

だから…次の試合には絶対に来てくれ!みんなの応援が必要なんだ!」

的なセリフで、みんなの涙を誘ってました…つまり、「来週に続く!」的な感じです。笑

ルチャは、映画のようなストーリー。なので、その場で「毎回勝つ」とは限らないんです。

ただ、こんな負け方ではスッキリしないので、「絶対また次の試合(3日後)に来なきゃ!!!」って感じですよね。きっと、本当の最後の最後には、ヒーローが勝つんだと思いますが。

まとめ:メキシコに来たら、ルチャリブレは必見!

ルチャの戦い

「プロレスには、今までの人生で一回も縁がなかった」

…というわたしのような人でも、メキシコのルチャ・リブレは本当にエンターテイメントとして楽しいので、メキシコに来たらぜひ一度は観てみて欲しいです!!

日本でもプロレスを観るのが好きという人は、メキシコの有名なルチャドールや得意技を調べてから行くのも楽しいかも。(ちなみに、日本でも人気のプロレス「ラ・ウルティモ・ドラゴン」は、メキシコでも有名人です!)

メキシコシティ以外にも会場はありますが、初心者が一番観戦しやすいのがメキシコシティの会場です。

ぜひ、ルチャ・リブレの熱狂的な盛り上がりを体験してきてください♪

ルチャ・リブレがどうしてこんなにメキシコ人に愛されるのか?(↓)歴史を振り返ると、わかってきます!

ヒーロー役のルチャドールたち2
ルチャ・リブレは、なぜメキシコ人に愛される?【理由と歴史。】ルチャ・リブレは、メキシコを代表する格闘技。 最近では、メキシコだけでなく世界中にファンがいて、ライブ配信で全世界に試合が届けられ...
こちらの記事もおすすめ