メキシカンフード&食文化

お土産におすすめ!メキシコのスーパーで買える食べ物BEST6



メキシコから日本に帰るたびに、悩むのが「お土産」です。

メキシコのお土産は何がおすすめ?

メキシコ旅行に行ったら悩むのが、お土産問題。

メキシコといえば〇〇!」というイメージも、お土産を受け取る側にはたぶんあまりないし、知名度は高いけどタコスを持ち変えるわけにもいかないし…テキーラなどのお酒は、数量制限(一人3本まで)があるし…

というわけで、メキシコのお土産はなかなかいいモノが思いつきません。

雑貨・モノ系は好みが分かれる

メキシコには、可愛い雑貨やモノもたくさんあるのですが、デザインが独特だったりとてもカラフルだったりするので、結構好みが分かれます。

わたしも、最初にメキシコに行った時のお土産はほぼ全部メキシコ雑貨にしたのですが、めちゃくちゃ気に入って大喜びしてくれる人と、「そこまで…」な反応の人との差が激しく。笑 家族や仲のいい友達にはメキシコ雑貨がおすすめだけど、バラマキにはやっぱり安定の「食べ物」がおすすめです。

これまでのわたしのメキシコでの経験から、手軽にスーパーなどで買えて、しかも(たぶん)万人ウケする食べ物をいくつか見つけたので、紹介します。

スーパーで買えるおすすめのお土産

それでは、どんどん紹介していきます!

1.スーパーフード系

メキシコは、スーパーフードのメッカ!!!というほど、いわゆる「スーパーフード」と呼ばれて日本でも話題になるような食材・健康食品がたくさんあります。

日本で買うと高価で手が出ないようなスーパーフードでも、メキシコでは驚くほど安く手に入る「庶民の食べ物」。その多くは、植民地化される前のアステカ文明やマヤ文明などの「メソアメリカの時代」から人々に愛されてきた、古代から引き継いだ知恵でもあります^^

お土産におすすめなスーパーフードをいくつか紹介します!

チアシード

チアシードとは、ゴマの様な小さな種で、最近全世界で話題になっているスーパーフードでもあります。これ、実は現時点で一番おすすめのメキシコ土産でもあります。チアシードはほぼ100%メキシコ産なので、日本の5分の1~3分の1の値段で、上質なチアシードをとってもお得に買うことができます。

「スーパーフード」と呼ばれるだけあり、ものすごく栄養価が高く健康やダイエットにもいいとのことで、女性には最も喜ばれるお土産。健康志向の人はもちろん、雑誌などでもかなり紹介されているので、知っている人も多いと思います。

しかも、実は古代メソアメリカの時代から食べられていたんですよ。テオティワカン遺跡からも、発掘されています!

↑ わたしが実際にスーパーで買ったチアシードです。パッケージがなんだかおしゃれ。こんな風に小分けになっているタイプが、バラまき土産に最適です。日本で買うと高いものでも、原産国で買うと驚くほど安い、という原理を最大限活用します!

ちなみに、この小分けタイプの他にわたしは、自分用に2㎏の大量パックを購入しました。スムージーやヨーグルトに混ぜて飲んだり、料理に入れてみたり。癖のない味で、日持ちもするので自分用としてもおすすめです。

アガベシロップ

砂糖の代わりになる「アガベシロップ」も、メキシコで買うと驚くほど安い!「アガベ」とは、リュウゼツランのことで、実は「テキーラの元」になっている植物でもあり、メキシコにたくさん生えています。

というか、世界のリュウゼツランのほとんどはここメキシコにあるので、必然的にアガベシロップのほとんどが、チアシードと同じようにメキシコ産なんです!

スーパーに行くと、様々なアガベシロップがたくさん並んでいます。アガベシロップの中でも、一番クオリティの高い高級品でもとても安く(日本で販売されているアガベシロップの1/5くらいの値段)で買うことができます^^

2.タキス

メキシコには、「Takis(タキス)」というスナック菓子があります。ルマンドのように、生地がクルクル筒状に巻かれたお菓子で、味は塩辛い系です。

生地はトウモロコシなので、ちょうどドリトスを筒状にしてさらに味を濃くした感じです。

いろんな味があるのですが、酸味と辛みが強いので、ビールのつまみにぴったり!

他のスナックよりも硬めなので、つぶれてボロボロになるリスクも低めです。メキシコ人ならみんな知っている、みんな大好きな国民的お菓子なのですが、他の国ではなかなか手に入らないので、ぜひメキシコに行ったら食べてみて、お気に入りのフレーバーを見つけたらお土産にもどうぞ。

スーパーだけでなく、街中にあるコンビニ(OXXOやセブンイレブン)でもほぼ100%の店が取り扱っているので、安定して手に入ります。

3.ハラペーニョ味のポテチ

メキシコで最も食べられている「ハラペーニョ」とう緑色の唐辛子味のホテトチップスも、メキシコの隠れた名物です。

ハラペーニョは、数ある唐辛子の中でも風味が良く、旨みが強く、そして辛すぎないので、だれでも気軽に「メキシコ気分」を味わえます。

といっても、ハラペーニョ・ポテチにはものすごくたくさんの種類があります。

わたしが、個人的に一番おいしいとおもうのは、「Barcel Chips」というメキシコ・ブランドのハラペーニョ・ポテチです。

いろいろ試してみて、自分のお気に入りを見つけるのも楽しいです!

少しかさばるので、トランクにスペースがある人向けですが、衝撃吸収材としても使えますよ~。

4.ドライフルーツ

定番外れナシの「ドライフルーツ」も、人気のお土産です。

あまり奇抜なモノが好きではない人には、マンゴーなどトロピカルフルーツのドライフルーツがおすすめです。メキシコのドライフルーツは、安くて美味しいです。

メキシコっぽいものに挑戦したい人には、「チリパウダー付きのドライフルーツ」などもあります。

味は…食べてみばわかります。(笑)

5.テキーラ

やっぱり、酒好きにとってのメキシコ土産の定番は、テキーラでしょうか。

「バラマキ土産」というよりも、「大勢のいる場に持っていってみんなで楽しめるお土産」という位置づけですね。

日本では5000円超えなど、かなり値が張るものも、メキシコでは破格で手に入ります。せっかくわざわざ持ち帰るなら、高級品がおすすめです。

好みにもよりますが、Especial(エスペシアル、スペシャルの意)や、Anejo(アネホ、年代もの)は、日本ではものすごく高かったり、手に入らなかったりするので、ぜひその辺を狙ってください。

おすすめの銘柄は、日本では手が出せない、「Don Julio(ドン・フリオ)」、「Patron(パトロン)」、「Porfidio(ポルフィディオ)」あたりです。

ちなみに「Don Julio(ドン・フリオ)」は、あまりお酒が得意ではないわたしでも、「おいしい」と思えたテキーラです!


Photo by:WestportWiki CC BY-SA 3.0

トランクに入れて持って帰れるお酒の量は決まっているので、確かめてから買いましょう。

6.ドゥルセ・デ・レチェ(キャラメルペースト)

Dulce de Leche(ドゥルセ・デ・レチェ)は、スペイン語で「ミルクを甘くしたもの」という意味の、メキシコ人が大好きな瓶入りの「キャラメル・ペースト」です。

実は、もともとはアルゼンチン発祥なのですが、メキシコでも広く愛され、スーパーには必ず置いてあります。

ジャムのようにパンに塗ったり、クッキーに挟んで食べたりします。

ものすご~く濃厚で甘いのですが、癖がなく万人受けする味です。

「ヤギ乳バージョン」もあるのですが、少し癖があり好みが分かれるので、お土産には牛乳で作った一般的なものがおすすめです。

まとめ

以上、メキシコのスーパーで買える、おすすめのバラまき土産一覧でした!

今回紹介したお土産はすべて、

  • メキシコ人も大好きなもの
  • 味の癖が強くなくて日本人にもウケるもの
  • お手軽価格
  • スーパーでほぼ確実に手に入るもの

という、4つの条件を満たした優秀なお土産たちです。

あ、明日帰るのにお土産買うの忘れてた」という人でも、紹介した商品を探せば、ほぼ確実に見つかるので大丈夫です。

そしてこのリストは、わたしの数々の失敗から導き出されたメキシコ土産の答えでもあります。

メキシコから日本に帰る時には、もう何も考えず、「」になってこれらを一気買いしてます。

「メキシコのお土産をどうしよう」と悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください!