絶対に行ってはいけない!メキシコ「テピト地区」の様子



メキシコには、「絶対に行ってはいけないエリア」があります。

首都・メキシコシティーの中心部にある「テピト地区」は、そのうちのひとつです。

「テピト地区」とは

現地のメキシコ人も近づかない場所

メキシコシティーの中には、いくつか「行ってはいけない危険エリア」があるのですが、テピト地区はその中で最も危険な場所といわれています。
メキシコシティーで絶対に行ってはいけない「危険エリア」5選

メキシコ人でも近づかず、タクシードライバーもこのエリアは避けて運転します。それほどこのエリアが危険だということです。

テピトの概要

首都メキシコシティーの中心部にある、地下鉄「テピト駅」周辺の地域です。「Barrio Bravo(バリオ・ブラボ)=気性の激しい/険しい地域」という呼び名もあります。

現在は、はっきりとはわかっていないのですが、3万8,000人~12万人の低所得層の人々が住んでいると推測されています。

大通りは一般のメキシコの市場のように活気があるのですが、奥にはブラックマーケットが広がっているといわれ、メキシコシティーの中でも犯罪発生数が極端に高い場所として知られています。

テピトの歴史

テピトは、昔から「低所得者の住む地域」といわれてきました。

その歴史はプレ・ヒスパニック時代(アメリカ大陸発見以前)、なんと500年以上前にまでさかのぼります。その時代から、この地域の治安は悪かったのだそうです。

「テピト」という名前の由来

この場所の名前の由来には、二つ説があります。

一つ目は、「Nahuatl teocali-tepiton(アステカ語で小さな教会・チャペルという意味)」から来たとする説。

もう一つの説には、面白いストーリーがあります。

昔から治安の悪かったテピト地区。ある日、警察グループが潜入捜査に入る際、仲間にこう言いました。

「Si veo a un ratero te pito.(もし盗人を発見したら、お前に笛で知らせるよ。)」

このセリフの最後の2単語「te pito(お前に笛で知らせるよ。)」の部分を取って、「Tepito」になった、という説です。

テピトでは、警察が笛を吹かなければいけない緊急事態がとても頻繁に起こるため、このような説もまことしやかに噂されています。しかし、由来として信憑性が高いのは、一つ目の説の方だそうです。

国内最大のコピー品マーケット

テピト地区では、海賊版のCDやDVDから、服、靴、カバンなど、あらゆるコピー品が売られています。

なんと、メキシコで消費される約70%もの違法コピー品が、ここで売買されているのだそうです。また、PROFECO(消費者センター)の調べによると、ここで販売されている酒類を数十本選んで調査した結果、100%の確立で中身が違うものだったという結果も出ています。

それほどまでに、ここで販売されるものは何もかもが「コピー」なのです。コピー製品のほとんどは、中国製です。

そして、このコピー品の売買は、「他の重犯罪と比べるとそこまで酷い犯罪ではない」と思われがちですが、これこそがテピトが危険地区になる原因だったのです。

ブラックマーケット

ブラックマーケットとは、違法物(主に武器やドラッグ類)が売り買いされている市場のことです。テピトは、メキシコの中でも最も多くの違法物取引が行われている「ブラックマーケット」のひとつだと言われています。

テピトで主に販売されているのは、ドラッグ類です。

1970年代から、大型貨物トラックによる運搬が活発になり、コピー品の販売のために、各港やアメリカ国境からテピトに向けてたくさんのコピー製品が送られてくるようになりました。

コピー品を送り届けたあと空で帰るトラックに目を付けた密売人は、テピトの商人たちに交渉を持ちかけ、トラックを空で返す代わりに、周辺で精製されたドラッグを詰め込んで送るようになりました。これが、メキシコのドラッグが有名になったきっかけです。

テピト内でもドラッグや武器は売買されており、この地域の若者のドラッグ中毒率の高さは問題になっています。それほどまでに、ここテピトではドラッグが簡単に手に入ってしまうのです。

この問題はあまりに根深く、警察もテピト地域の犯罪はコントロールしきれないほどです。

ジャックされたバスの終点地

運送バスジャックは、メキシコで頻繁に起こる犯罪のひとつです。ジャックされたバスの多くは、ここテピトに連れてこられ、荷台の荷物や商品を根こそぎ盗まれてしまうのだそうです。

しかも恐ろしいのが、テピトではこのような事件が週に何十件も起きているという点です。

テピトの様子が分かる動画

テピトの様子が分かる動画を二つ紹介します。

Tepito one of Mexico’s most dangerous black markets

(訳:「メキシコで最も危険なブラックマーケットのひとつ、テピト」)

Tepito, Barrio Bravo from Adriana Zehbrauskas


以上、メキシコで最も危険なエリア、「テピト地区」についてでした。

注意

この記事は、本サイト内の「メキシコシティー周辺の見どころ」カテゴリー内の記事ですが、決して見どころではありません

現地のメキシコ人ですら絶対に行かないエリアです。興味本位や遊び半分では絶対に行かないでください。