メキシコ人も唸らせる、最高に美味しいテキーラ3選(お土産にも!)

友達に「メキシコに行く」と言うと、高確率で「テキーラ買ってきて!」と言われます。

メキシコ旅行のお土産に、テキーラは常連。しかもメキシコでは、日本では滅多に手に入らないような「本当に美味しいテキーラ」が簡単に手に入り、種類も豊富なので、ぜひお土産に探してみてください。

本記事の内容のまとめ

  • テキーラはそもそもどんなお酒なのか?メキシコ人が愛するテキーラというお酒の正体と「本物のテキーラ」の基準
  • 日本のオンラインショップでも手に入る、メキシコ産の最高レベルテキーラ&おすすめショップ
  • メキシコ旅行で買いたい、日本では手に入らないテキーラのリストと、メキシコでテキーラを買う時の注意点

テキーラについて

テキーラとは、メキシコのハリスコ州州辺で生産されている蒸留酒です。
原材料は「アガベ」や「マゲイ」と呼ばれている植物。日本語では「リュウゼツラン」と呼ばれています。


(↑)リュウゼツラン

リュウゼツランには全部で150種類くらいありますが、そのほとんど(約140種類)がメキシコにあります。そして、このリュウゼツランから作られたお酒は一般的に「Mezcal(メスカル)」と呼ばれていて、おそらくメキシコ人が一番好きなお酒です!

そして、様々なメスカルの中でも、以下の基準を満たすものだけが「テキーラ」と名乗ることができるんです。

  • 特定の地域で育った「ブルーアガベ」という種類のリュウゼツランから作られる
  • 「テキーラ村」周辺で、最低でも2回以上蒸留される
  • 原材料のアガベ率が51%以上
  • CRT(テキーラ規制委員会)の認証を受け、NOM(メキシコのテキーラ公式規格)

こんな、厳しい規格をクリアしたものだけが「テキーラ」と名乗ることができるんです。テキーラと名乗るだけでも、大変なんですね~…!

図で表すと、こんなかんじです。(↓)


このように、テキーラは「メスカルの中の1種類」ってイメージなんです。ちなみに、ハリスコ州にある「テキーラ村」は、世界中の観光客に大人気の「テキーラ飲み放題ツアー」のある大人のメキシコ観光スポットです。

メキシコの「本物のテキーラ」とは

「テキーラ=罰ゲームドリンク」と思っている人も多いかもしれません。しかし、メキシコ人にとってテキーラは、お祭りには欠かせない大好きなお酒。

特にメキシコの「本物のテキーラ」として愛されている「100%アガベ」のテキーラは、日本ではなかなか手に入らないレアものです。 

「テキーラ」と名乗るには《最低アガベ51%以上》であればいいので、テキーラの多くはアガベのほかに副原料を使っています。その副原料とは、ほとんどの場合「砂糖」で、49%までは使っていいことになっています。

これを読んでいるみなさんが体験したことのある、クラブとかで出される罰ゲーム用のテキーラは、100発100中「アガベ半分、砂糖半分のテキーラ」だと思ってください。

100%のアガベは、全然味が違います!

そして、ボトルに必ず「100% de Agave」と書いてあるので、すぐに分かります。メキシコのテキーラは、罰ゲームになり得ないほど美味しいものが多いのです。お酒好きの人はぜひ味わってみてほしいです。今までの「テキーラの概念」が、根本的に変わるかも。

メキシコへの旅行がきっかけでテキーラに目覚める(?)人も多いんです^^せっかくなら、「100%アガベのテキーラ」を手に入れましょう!

…というわけで、かなり前置きが長くなりましたが、ここからメキシコでぜひ試してみたいアガベ100%のテキーラを紹介します。

おすすめのテキーラのブランド3つ

これから紹介するのは、現在約1,400品も登録されている様々なテキーラの中でも、「最高レベル」といわれている3つのブランドです。一つ一つのブランドに、熟成度などの違いで数種類バラエティがありますが、基本的に熟成度が高いものほど高価で珍しく、日本ではなかなか手に入らないので、メキシコのお土産にとってもおすすめです。

※日本の楽天で手に入るものはリンクを張っておきます。=リンクのないものは、現時点では基本的にメキシコ以外では手に入りにくいものです。ちなみに、Amazonで売られているものは偽物の可能性があるらしいので、楽天の酒類専門店のものだけ紹介してます。

1.Don Julio(ドン・フリオ)

ドン・フリオは、個人的に一番おすすめのテキーラです!

またメキシコ国内・テキーラ界でも高く評価され、こんな風に説明されています(↓)

ドン・フリオは、テキーラ界において「伝説の男」「本物のテキレーロ(テキーラ職人)」と呼ばれるドン・フリオ・ゴンザレス・エストラーダ氏が生んだブランドです。60年以上の歴史を持ち、メキシコにおけるスーパープレミアムテキーラのナンバー1ブランドとして確固たる地位を築いています。

引用:ドンフリオ・ブランコ

説明にある通り、メキシコの「プレミアムテキーラ」を代表するブランドです。

このテキーラをお土産にメキシコのホームパーティに行くと、渡した瞬間に「おお~!!お前、わかってんじゃないか~!!」と大喜びされ、即VIP対応になります。(笑)

種類は、主に以下の6種類。

①Blanco – ブランコ

ブランコは、スペイン語で「白」という意味。無色透明で一番ベーシックなフレッシュなアガベの味わい。軽く癖がないので、カクテルにするのがおすすめです。

②Reoisado レポサド(8か月以上熟成)

美しい琥珀色。やわらかな口当たりで、シナモンやダークチョコレートのような味わいがあります。常温で味わうのがおすすめです。

②Anejo アネホ(18か月以上熟成)

レポサドよりもさらに深みのある琥珀色。とてもまろやかでこくがあり、天然蜂蜜のような味わいに微かに柑橘系の爽やかさを感じます。ロックで味わうのがおすすめです。

④70 Anejo Claro – 70アネホ・クラロ(18か月熟成+フィルター)

18か月熟成した「アネホ」をフィルターにかけ、ブランコのような無色透明のテキーラにしたもの。アネホのコクと風味のしっかり残しながらもホワイトの特徴も兼ねそろえた、不思議な味わいです。

アメリカとメキシコの限定販売なので、日本では手に入りません…。

⑤1942(30か月以上熟成)

2年半以上もの間熟成させた、特別なテキーラ。バニラやオーク(ナラの樹)のような香りがあり、ブランデーグラスで味わうのがおすすめです。

  • ドンフリオ 1942(楽天)
    まさか販売されていたとは…。レアさのわりには意外とお値打ちです。

⑥Real – レアル(3~5年熟成)

「real=本物」の名にふさわしく、「ドンフリオの最高傑作」といわれるテキーラです。アーモンドやバニラの深い味わいに、爽やかな香りが鼻に抜けます。ここまでのクオリティのものはいくつも存在しない、メキシコ人にとっての憧れのテキーラです。

  • ドンフリオ レアル(楽天)
    まさか楽天で手に入るとは…。伝説のテキーラ、目玉が飛び出るほど高いですが、テキーラマニアの人は挑戦してみてください。(そして感想を教えてください。笑)

以上、6種類です。

さて、①、②、③のテキーラ(ブランコ、レポサド、アネホ)は、日本の楽天などで簡単に手に入ります。特に「アネホ」の味わいは素晴らしいと絶賛されています。

④70アネホ・クラロ、⑤1942、⑥レアルの3種類は、かなりのレアものです!日本だとなかなか手に入らないか、もしくはめちゃくちゃ高いです。

Don Julioはメキシコ人もみんな知っている有名テキーラブランドで、高価なのでなかなか味わえない「憧れのブランド」。日本に持って帰るなら、迷わずレアもののDon Julio(なるべくレアもの)を買うのがおすすめです^^

2.Cuervo 1800(クエルボ 1800)

クエルボ1800も、メキシコを代表するプレミアムテキーラの超有名ブランド。「1800」とは、初めてテキーラがオーク樽で作られた年にちなんで名付けられたのだそうです。「クエルボ」とは、カラスという意味。カラスのロゴがトレードマークです。

①Silver – シルバー

爽やかさの中にフレッシュなフルーツやペッパーの風味があり、ほかのテキーラと一味違います。ストレートやロック、カクテルとも相性がいいです。

②Reposado – レポサド(6か月以上熟成)

キャラメルとほのかなスパイスの香りに、スモーキーな味わいがあります。カクテルやロックで。

③Añejo – アネホ(14か月以上熟成)

スパイシーな風味を持ちながらも、バニラやバタースコッチのような豊かな味わいがあります。ストレートで味わうのがおすすめ。

④Milenio – ミレニオ

クエルボ1800シリーズの中でも最高傑作。口当たりがとても柔らかく、シナモンやバニラのような風味があり、後にはスパイスとオーク樽が香ります。

現時点で、日本でミレニオを取り扱っているお店はないようです。

 

クエルボ 1800は、シルバーやレポサドは日本でも簡単に手に入るので、メキシコでお土産として買うなら「アネホ(日本だと高い)」や「ミレニオ」がおすすめです。

特にミレニオは日本ではほとんど手に入らないので…。「自分用」として購入するのもいいと思います^^ アネホは、メキシコで買う方がお得です!

3.Herradura(エラドゥーラ

エラドゥーラは、150年の歴史を持つ老舗のテキーラメーカー。メキシコで販売数量がNo.1のブランドです。

①Plata – プラタ

まずはベーシックな「シルバー」。フレッシュなアガベとフルーティーな香りが爽やかな、ベーシックな味わい。カクテルに合います。

  • エラドゥーラ シルバー(楽天)
    アガベ100%なのに、超お手軽な価格。同値段の適当なテキーラを買うくらいなら、絶対コレにしてください!

②Reposado – レポサド(11か月熟成)

美しい琥珀色。バニラやバターのような深い味わいに、アガベの風味が鼻に抜けます。アニスやフルーツのような爽やかさも。

③Añejo – アネホ(2年熟成)

とてもまろやかでソフトな口当たりで、スパイシーかつフルーティーな香りと、オークやドライフルーツのような濃厚でリッチな味わいです。

④Ultra – ウルトラ

「アネホ」をフィルターしたもので、無色透明ながらも深い味わいです。バニラやキャラメルのような豊かなフレーバーに、素晴らしい口当たりの柔らかさが特徴的。

超絶レアで、日本ではまず手に入りません。

⑤Seleccion Suprema – セレクシオン・スプレマ(4年以上熟成)

4年以上もの長期間熟成させた、エラドゥーラの最高傑作。バニラやオーク樽、そしてドライフルーツのような濃厚な香りで、長く余韻が残るまろやかな後味です。

こちらも、日本では手に入りません。

 

エラドゥーラの場合も、①プラタや②レポサドは日本でも簡単に手に入ります。なので、お土産に買うなら③アネホ、④ウルトラ、⑤セレクシオン・スプレマがおすすめ。

特に④ウルトラや⑤セレクシオン・スプレマは、日本では滅多に見かけません。ぜひ、メキシコの地で味わってきてください!

メキシコで買いたい、おすすめのテキーラまとめ

やっぱり、お土産で買うのであれば、日本ではなかなか手に入らなかったり、高価過ぎて手が届かないようなテキーラがおすすめです。

今までに紹介したものだと、このあたり。

  • ドン・フリオシリーズ
    アネホ
    ②70アネホ・クラロ
    1942
    レアル
  • クエルボ 1800シリーズ
    アネホ
    ②ミレニオ
  • エラドゥーラシリーズ
    アネホ
    ②ウルトラ
    ③セレクシオン・スプレマ

※マーク:日本で取り扱いなし

やっぱり、アネホ以上のテキーラか、レアな限定ものがいいと思います。レアものは、メキシコですら手に入りづらいものもあるのですが、それでもメキシコシティやカンクンなどの大型のスーパーであれば普通に棚に並べられて売っていたりします。

さすが、テキーラの国!やっぱり最高レベルのものはメキシコで手に入れるのが一番です^^

重要!メキシコでテキーラを買う時の注意点

メキシコでテキーラを買う際に注意するべき点をまとめました。お土産に購入を考えている人は要チェック!

偽物ブランドに注意

なんと、メキシコではブランドテキーラの偽物が大量に流通しています。

わたしも、メキシコで何度も偽物のブランドテキーラを見たことがあります。
ラベルやボトルは巧妙に作られていますが、味は底辺レベル。というか、飲み終わった本物のボトルをどこからか集めてきて、安物のメルカスをいれているだけ、というパターンが多いです。

こんな偽物テキーラにあたってしまうとものすごくガッカリしますし、「これが、テキーラの味なのか…」とテキーラ自体の評価がものすごく下がってしまうのがもったいないので、絶対に本物を買ってほしいです!

というわけで、注意すべき点は

  • 露店や小さい商店(八百屋のような)、小規模なお土産屋のテキーラは買わない
    こちらの記事(『絶対に行ってはいけない!メキシコ「テピト地区」の様子』)でも紹介していますが、なんと「メキシコシティの露店で売られるテキーラは100%偽物だった」という調査結果もあります!
  • 蓋がきちんと閉まっているかどうかを確認する
  • メキシコ国内のネット通販・海外通販も避ける
    メキシコおよび海外の通販(とくに食料品)は、結構な無法地帯です。

という3点。テキーラを買うのにおすすめの場所は、

  • しっかりした免税店(カンクンエリアのものは基本大丈夫。)
  • OXXO、セブンイレブンなどのコンビニ(高級な物は売っていませんが、偽物はまずありません。)
  • 空港の免税店
  • 大型スーパーや、大型のお土産屋

そして、できるだけ「直接」買うようにしましょう。カンクン・エリアは基本的に大丈夫ですが、高価なテキーラを買う時にはなるべく安心できる場所で買うように気を付けましょう。

日本に持ち帰ることのできるアルコールの量

素晴らしいテキーラがたくさんあるものの、持ち帰れる量には限りがあります。日本に持ち込める免税範囲(制限)は、以下の通り。

  • ボトル3本まで
  • 1本あたり最大760mlまで
    お酒のボトルは、だいたい750mlのものが多いので、それを3本までなら日本に持ち帰ることができる、ということです。

こんな感じでしょうか。少しだけ役立つ情報メモをしておくと(↓)

  • 4本目からは、税金(関税)がかかってきます。といっても、750mlのテキーラボトルであれば一本あたり400~500円くらいなので、「それぐらいなら払う!!」という人は、しっかり申請してください。メキシコの高級テキーラは、日本で買うよりもずっと安い(下手すると倍以上、、)ので、それもアリかもしれないですね^^
  • また、空港では「預け荷物(トランクなど)」と「持ち込み荷物(手荷物)」がありますが、かならず預け荷物の方にいれるようにしましょう。持ち込もうとしても、税関で没収されてしまいます( ノД`)メキシコ及び海外の通販(特に食料品)は、結構な無法地もしくは、空港の中(税関を通ったゲート側)にある免税店で購入するという手もあります。

以上、メキシコから日本にお酒を持ち帰る際の注意点でした。

まとめ

メキシコは、間違いなく「テキーラ天国」です!

お酒が好きな人も、そうでない人もぜひ本場の「本物」のテキーラに挑戦してみてください。テキーラのイメージが変わるかもしれません^^