メキシコの移動情報

オアハカの格安「マエストロバス」には、絶対乗らない方がいい理由。

メキシコシティとオアハカの間には、いくつものバス会社が運航しています。

その中で、最近日本のバックパッカーの間で話題になっている格安バス「マエストロバス」の、裏の顔を知ってほしくて、この記事を書きました。

格安のマエストロバス

最近、「メキシコシティ―オアハカ間の格安の移動方法」として、ほかのウェブサイトやブログなどで「マエストロバス」という格安バスが紹介されています。「Oaxaca Rosa」という名前の、ピンク色のバスです。

たしかに、値段は格安。メキシコシティ―オアハカ間が、たったの片道200ペソ台で移動できるんです。(普通のバスは400~600ペソ台)

ただ、このマエストロバスには裏の顔があります。

ただ安く乗れる便利なバス」という認識だけが広がって日本人旅行者の利用が増えるのが少し残念に感じたので、今回この記事を書くことにしました。

 

実は、このマエストロバス(=教師バス)は、その名の通り教師団体が運営しているバスです。そしてこの「教師」たち、実はただの先生ではなくて、過激なプロテスト団体「CNTE」のメンバーなんです。

CNTEについて

CNTE(Coordinadora Nacional de Trabajadores de la Educación=教育労働者全国協議会)は、メキシコの教員労働組合です。

かなり巨大な組織で、今は8万人以上のメンバー(組合員)がいます。というか、オアハカで先生を職業としてやっている人の95%以上がほぼ強制的に入らされます。このCNTEは、オアハカ州においてとても強い権限を持っていて、今までにも様々なストライキやデモ(というかほぼテロ活動)をしてきました。

たとえば、こんな活動。

  • ADOのバスターミナルを封鎖させて、オアハカ市住民を苦しめる
  • あえて大きな祭りの時期(ゲラゲッツァなど)に、ソカロを占拠してデモ活動
  • まったく関係ない街のお店に放火、強盗、建物ぶち壊し
  • オアハカ市内の学校を燃やす

そう、めちゃくちゃ野蛮で暴力的な団体として知られているんです!しかも、これやってるの先生たちですからね…。つまり、彼らがこれらの行動をしている間、オアハカの学生たちは完全に教育放棄されています。

しかもCNTEの主張も、誰も共感できないものばかり。主な主張を意訳すると、「教師になるための試験をさせるな!!」という。わたしたち日本人的には「え?」ってなる主張をずっとしています。

というのも、オアハカ州では、なんと教師は「世襲制」でした。「親が先生だったら、子供もほぼ自動的に先生になれる。もしならない場合は、多額のお金を受け取って他の人に権利を譲れる。先生の代が増えるごとに、給料も増える。」という完全におかしい状態でした。つまり、ものすごい頭が悪かったとしても親が先生だったら絶対に先生になれるんです。
しかし、「これじゃダメだ」と(やっと)気付いた政府が、「先生になるためには教員試験を受けなければいけない」というルールを課そうとしたところ、それに先生たちが大反発→めっちゃデモ、スト、テロ。それが、CNTEなんです。

日本の外務省の提供している「海外安全情報」では、メキシコのオアハカについてこのような記述があります。

従来よりCNTE(教育労働者全国協議会)が抗議活動として道路封鎖等を行っています。陸路で同州に赴く場合には,有料高速道路を使用するとともに,不用意に山間部に移動することや,夜間の移動は避けてください。

外務省海外安全情報:メキシコの危険情報(2018/8/12確認)

オアハカの治安悪化の主な原因でもあるCNTEは、ほぼすべての公的組織から「野蛮な団体」としてみなされています。一応「教育労働者全国協議会」というそれっぽい仮面はかぶっているものの、その実態はメキシコ中で問題視されている制御不能な団体なんです。(しかもメキシコ政府からはゲリラ扱いされています。)

CNTEについては、こちらの方のブログ『巨大労働組合が暴走するとき~メキシコ教育改革に立ちはだかる壁 SNTEとCNTE~ 2016年10月編 』にとてもわかりやすく書いてあります。

この方のブログを読んでいると、「オアハカは本当に素敵な場所だけど、自分の子どもの教育はここでは受けさせたくない」、と思ってしまいます。教師たちはまともに授業をしないし、まず教員としての能力があるのかどうかも怪しい。その証拠に、オアハカは、子どもの州別学力順位がメキシコの全32州中31位なんだとか…。(そりゃあ、学校燃やされて学ぶ場所なくなったり、すぐ教師ストしていなくなるし…。)

マエストロバスの正体

そしてマエストロバスの話に戻します。

そんな「教師」たちが運営するバス、マエストロバス。

この時点で、避けた方がいい理由が分かると思いますが、実はマエストロバスによる収入は、オアハカでここ10年以上続くストライキやテロのような過激な活動(死者も多数)の資金源になっています。

つまり、このバスに乗る(=お金をおとす)ことで、あなたは彼らのオアハカでのストやテロ活動、教育放棄を支援することになるんです。

CNTEの活動によって、多くの人が巻き込まれて亡くなり、オアハカに住む人達が苦しみ、子供たちの教育がとことん放棄されてきました。

実は、わたしも一度、何も知らずにマエストロバスに乗ってしまったことがあります。

「普通のバス会社ではなさそうだな」と思いつつも、安くてバス自体もボロボロなわけではない。民間バス会社なのかな?と思い、オアハカ⇒メキシコシティをこのバスに乗って移動しました。

あとからこの事実を知り、自分のお金が間接的にでも、オアハカの治安悪化、だれかの悲しみ、オアハカの子供たちがまともな教育を受けられない状態の助長に繋がってしまったと思うと、正直悔しく、とても反省しました…。

そして同時に、「マエストロバスに乗ることの危険性」についても改めて認識することになりました。

マエストロバスは危険?

では、マエストロバスは、危険なのでしょうか?

マエストロバスに乗っている乗客のほとんどは、「CNTE」のメンバーの教師たちです。そして、彼らは別に悪い人達ではありません。むりやりCNTEのメンバーにさせられて、むりやりいろんな活動をさせられているだけなので、むしろ彼らも被害者かもしれません。(実際、CNTEの命令は絶対なので、本当に多くの先生たちが所属しながらもCNTEに困っています。)

なので、基本的に「乗客に悪いことをされる」ということはないと思います。しかし、だからといって、絶対に安全なのかと言うとそうでもありません。

乗る場所・降りる場所が問題

このマエストロバス、普通のバスターミナルを使わず、まず決められた「集合地」に集まって、そこから移動するスタイルです。わたしが何も知らずに乗った時は、荷物が多かった(トランク1個と中サイズのバックパック)ので、この時点で大変でした。

そして、なによりも「問題」だと思ったのがメキシコシティで降りる場所。

なぜかバスは朝4時という超絶早い時間帯(まだ真っ暗)に到着し、バスターミナルではなくメキシコシティの中心地の比較的治安が良くないエリアの道端で降ろされました。そこからタクシーに乗って移動していくのですが、わたしは一人だったので深夜に女一人でタクシーに乗るのにはかなり抵抗感がありました(誘拐やタクシー強盗のリスクもあるので)。かといってそのあたりを荷物大量持ちでウロウロするのは自殺行為だったので、結局乗りましたが。。

まず、朝4時に入らせてくれる宿がどこにあるねん!って感じです。(わたしの使っていた宿はたまたまいけました…。)心細い思いでタクシーに乗りながら、「バスターミナルに着くバスを使ってれば、ベンチに座って時間をやり過ごせるのに…」と思いました。正直、二度と使わないです…。

「CNTEのバス」という危険性

また、CNTEの活動が活発な時期や、緊張が高まっているときにマエストロバスに乗るのは絶対にやめた方がいいと思います。

もしかしたら、バスがCNTEの反対勢力からの襲撃にあうかもしれません。(「マエストロバスに乗っている人=CNTEの教師たち」のはずなので、反対勢力からしたら格好のターゲットです。)CNTEのストライキが始まって10年以上たちますが、さまざまなテロ行為や過激すぎるストライキによって、多くの人の命が奪われています。つまり、CNTEを恨んでいる人はたくさんいるはずなのです。(被害者たちやその家族、CNTEによって被害を被った人達など)彼らが、これからもCNTEに対して何もしないという保証は、正直ないと思います。

もちろん、可能性は限りなく低いし、そんなことは滅多に起こらないかもしれません。が、差額たったの1200円で普通の長距離バスに乗れるなら、「お金を払って安全を買う」という意識で普通のバスを選んだ方がいいと思います!

どれだけ安くても、わたしは友達や家族にはこのバスに乗るのは勧められません。

また、「ADOバスターミナルの封鎖」もCNTEのデモ活動における常套手段です。その場合、ADOバスターミナルからのバスが発車できず、また到着もできずにバスターミナル付近で降ろされることになります。CNTEの活動が活発な時期には、ADOバスターミナルが閉鎖される可能性が高いので、あえて違うターミナル着のバス(AU社のバスなど)を使うといいと思います。そちらのバスターミナルは、基本的にいつも大丈夫なので。

選択は自由。

といっても、やはりマエストロバスを使えば、最安値で「メキシコシティ―オアハカ」間が移動できるという事実は事実です。

バックパッカーの中には、「本当にお金がないので、節約しないといけない」という人もいると思います。

バスの選択は、各旅行者の自由です!

ただ、この記事で書いたような、マエストロバスがただの「安くて便利なバス」ではないということを踏まえた上で、乗るバスの選択してほしい、と思い、この記事を書きました。

 

どの方法で行くにしてもオアハカは本当にとても素敵な街です。CNTEの問題さえなければ、メキシコで最も平和なエリアの一つでもあります。

せっかく行くのであれば、いろんな見所に行って、おいしい食べ物も食べて、オアハカの魅力をたっぷり楽しんできてください^^