基本情報・治安

女性必見!メキシコシティーで絶対に着てはいけない服とは

メキシコシティーを歩いていると、気になることがあります。

それは、地元女性のファッションに偏りがあるということです。彼女たちは、頑なにあるファッションを避けています。

メキシコシティーの女性のファッション

メキシコシティーの女性のファッションは、基本的にパンツスタイルです。

メトロを待っている時などに注意して観察すると、99%の人がジーンズや長ズボンを履いています。夏でも、基本的にパンツスタイルなので、いくら暑くても足を見せることはほとんどありません。

そして、ミニスカートはもちろん、ロングスカートをはいているところも滅多に見ません。

彼女たちがかたくなにパンツにこだわる理由は、何なのでしょうか?

メキシコシティーの女性がパンツしか履かない理由

メキシコシティーに住む女性になぜパンツしか履かないのか理由を訪ねると、「そういうものだから」、「ほかに着るものがない」という返事が帰ってきました。

つまり、彼女たちにとってはパンツスタイル以外には選択肢がなく、スカートはありえないようなのです。

スカートは履かないのか?と聞くと、「快適じゃないから、履かない」と。メキシコシティーの女性は、どんなにスタイルが良くても、彼氏とのデートでも、スカートをはかないのです。

聞いてみると、彼女たちにとって、スカートをはくことにはデメリットしかないことがわかりました。

 

それでは、彼女たちがスカートを頑なに避ける理由を説明します。

メキシコシティーで絶対に着てはいけない服

メキシコ(特にメキシコシティー)では、ミニスカートは絶対にNGです!

なぜなら、メキシコ人の間では「ミニスカート=売春婦」という暗黙のルールがあるからです。

メキシコシティーの売春婦

メキシコシティーには、売春婦がたくさんいます。

彼女らは基本的に「立ちんぼ」スタイルで、街角やメトロの改札近くで客から声がかかるのを待っています。

彼女らは、客に自分から営業をかけに行きません。声をかけに行くと「明らかに売春を行っている」ということで捕まってしまうのですが、向こう(客)から声をかけてくる分には、「自由恋愛の範囲内」となるのだそうです。

つまり、「たまたま立っていたところ、ナンパされ、ホテルに行くことになった。料金ではなく気持ち(チップ)としてお金をもらう」ということにしているのです。

ミニスカートは、売春婦と認識してもらうためのツール

しかし、黙っていても客に「売春婦」だと認識してもらえるよう、「売春婦」であることをアピールする必要があります。そのアピールとして、彼女たちはミニスカートをはくのです。

なので、メキシコシティーの中ではミニスカートをはいていると「売春婦」として見られてしまい、男たちに気持ち悪い声をかけられる羽目になります。

また、外国人なので売春婦とは思われないにしても、一目で「メキシコシティーの暗黙のルールをよくわかっていない人」として見られてしまいます。それも、なにか犯罪者に目を付けられるきっかけになります。

メキシコシティーでミニスカートをはくのは、絶対にやめておきましょう。

ショートパンツ、普通のスカートもアウト

また、ショートパンツや普通丈のスカートもアウトです。とにかく、足を露出する格好は避けましょう。

売春婦とは見られないにしても、男性からの強い視線を感じることになります。

ちなみに、タイツをはいてその上からショートパンツ、というスタイルも避けた方が無難です。ショートパンツは一見ミニスカートに見えます。タイツ+ミニスカートは、まさに王道の売春婦ルックスになってしまいます。

まったく足の色が透けない、100デニールくらいのタイツでギリギリOKです。

ロングスカートはセーフ!だけど…

くるぶしくらいまであるロングスカートであれば、大丈夫です。しかし、ロングスカートをはいているメキシコシティーの女性はめったにいません。

いた!と思ったら、民族衣装に身を包んだおばあさんだったり。しかし、ここにヒントがあります。

メキシコにおいて、ロングスカートは田舎に住む先住民女性を象徴する服でもあるのです。

メキシコシティーの女性は、差別的な意味ではなく、アイデンティティ的な意味で「自分たちは着ないもの」と認識しているようです。

痴漢対策にも

メキシコシティーのメトロには、よく痴漢が出ます。

肌が出ていると、格好のターゲットになってしまいます。身を守るためにも、肌を覆っていてスキのないパンツスタイル方がいいのです。

パーティーの時やクラブに遊びに行くときの格好

かといって、メキシコシティーの女性がまったくスカートをはかないというわけではありません。

メキシコ女性も、おしゃれする場ではとことんおしゃれをします!それが、パーティーやクラブに遊びに行くとき。特に、お金持ちの若い女性は、とても派出な格好で繰り出します。

しかし、彼女たちは行き帰りともに絶対にタクシーを使います。なので、公共の場にその姿で繰り出すことはないのです。

まとめ

メキシコシティーにすむ女性は、変な勘違いを防ぐため、自分の身を守るため、余計な視線を感じず快適に過ごすために、パンツスタイルでいます。

そして、メキシコシティーの女性が着ない服、メキシコシティーで観光するとき避けた方がいい服とは、こんな服装です。

  • ミニスカート、スカート
  • ショートパンツ
  • 肌が透けて見えるタイツ

この服装の暗黙のルールを知っておくだけで、自分の身を守ることにも繋がります。

特に女性は、ファッションに気を付けて、メキシコシティーを楽しんでください。