メキシコの仮面はおもしろい!④ 仮面の「鼻」を見てみよう

仮面を見る時に、注目して見てみたいのが「鼻」です。

鼻は、仮面の中で、もっとも個性が出る部分です。

仮面の中で、目元・口元は、穴を開けなければならないのでデザインが限られます。

しかし、鼻だけはどうなってしまっても大丈夫なので、ここで仮面職人たちの芸術が爆発するのです。

メキシコの仮面の鼻

鼻を見るだけでレア度もわかるので、わたしも仮面を見る時は特に鼻に注目しています。

ではどんな面白い鼻の仮面があるのか見てみましょう。

生き物のおもしろ鼻

この、白い丸で囲ってあるのはすべて鼻部分が特徴的な仮面たちです。

ここからも分かるように、魚、虫、ワニなど、鼻が生きものになっている仮面がとても多いです。

これは、ゲレロ州の典型的な仮面スタイルで、鼻が生きものになっているもの約90%はゲレロ産です。

生きもの鼻のなかにも、いくつか種類があります。

たとえば、こんなかんじ。

右の仮面の鼻からは黒い雄牛が飛びだしていて、

左の仮面の鼻からはヘビの頭が出ています。

こんなふうに、鼻の部分だけ生き物にするスタイル。

 

儀式で使う大きいサイズのものになると、こんなものも。

仮面における動物部分の占める割合が大きくなっています。

左上の仮面は、へびが顔をぐるっと一周してから鼻になっています。

あとは、額も含め顔全体にはりついているようなものもよく見ます。

 

この3つの仮面は、鼻にコウモリがいて、顔全体がコウモリの翼っぽい形になっています。

このように、鼻部分の動物に顔全体が支配されているタイプもあります。

レア度と動物度をあらわすと、こんなかんじです。

生きもの以外のおもしろ鼻

ゲレロ風の鼻を動物にするスタイルではなく、ただ変なかたちにするパターンもあります。

そのほとんどは、ゲレロ州かベラクルス州産です。

たとえば、下の画像の右(→)の仮面。

不思議な鼻の形をしています。

何を表しているのかは不明だけど独創的な鼻」を持つ仮面は、動物鼻よりもめずらしく、レアものです。

こういうタイプの鼻の仮面は、ただおもしろいというだけで特に意味はないです。

ストーリー性のある鼻

わたしが今までで一番おもしろいと思った「鼻」は、あるアメリカ人の個人仮面コレクターの家にお邪魔した時に見た仮面です。

それは、植民地時代のスペイン人による征服を表している仮面でした。

写真を持っていないので、絵で。

仮面を横から見た図です。鼻部分が、こんな風に人間の横顔になっています。

「Danza de Conquista<征服のダンス>」という、ベラクルス州の祭り(踊り)のために作られたものです。

メインの白い肌の人がスペイン人で、鼻部分になっている人がメキシコ先住民です。先住民の方は、頭に派手な装飾をつけているので、アステカ人の可能性が高いです。

この向き合うスペイン人と先住民の仮面が表しているのは、植民地化の初期に起きた、「スペイン人と先住民間の遭遇とぶつかり合い、話し合い」です。

白い肌のスペイン人は舌(赤い部分)を出していて、その上に鼻(先住民)がいます。

これは「スペイン人の口車に乗せられている(説得される)先住民」を表しています。

植民地化するとき、スペイン人は最初、「なんとか話し合いで先住民の行動や考え方を変えられないだろうか」と、平和的な植民地化を目指していました。そして、話し合いや説得によってある程度は植民地化を進め、先住民文化をスペイン風に移行させることにも成功しています。

この仮面を見たとき、当時のスペイン人と先住民の関係性を、この仮面ひとつで、よく表しているなあ~ととても感心しました。

このように、鼻のデザイン次第で、一つの仮面で物語を表現することもできます。

レチューガコレクションの変な鼻の仮面ふたつ

このあいだ、こちらの記事(『メキシコの民芸品コレクターの頂点に立つ、レチューガさんのコレクション』で紹介したレチューガコレクションの中にも、変な鼻の仮面がたくさんありました。

レチューガさんの仮面コレクションは数千個あるので、すべては見きれてないのですが、

その中でも印象に残った、…というか「ほしい!!」と思った仮面をふたつ紹介します。

1.「人間」がはりついてる仮面

鼻に、人間がはりついている仮面です!

これ、レチューガさんのコレクションを見るまで一度も見たことがない「鼻のあり方」でした。

デザイン的にゲレロ州の仮面だと思うのですが、ゲレロ州の仮面では鼻に動物や虫、魚を貼り付けはするものの人間を貼り付けたのを見たのはこれが初めてでした。(征服ダンスの仮面は、ベラクルス産です。)

がんばって、しがみついてる感じもなんだか可愛いです!

2.グルグルノーズ

ぐるぐる!これも、初めて見たタイプの鼻でした。

鼻部分がうずまきソーセージのようになっています。かなり重そうです。

目が青いのと、ヒゲの感じから、これも「日焼けした白人」(参考:メキシコの仮面はおもしろい!② 仮面は優秀なストーリーテラー!を表しているのかもしれません。

まとめ

以上、おもしろい鼻の仮面についてでした。

鼻がおもしろい仮面は、特にゲレロ州やベラクルス州に多いです。

とくに、ゲレロには生産者も多いので、そこまで行けば簡単に見つけることができます!

ゲレロ州の面白い鼻を見つけるのにおすすめの観光地は、「タスコ」という街です。

 

メキシコで仮面を見つけたら、こんな風に「鼻」に注目してみると、面白い掘り出しものが見つかるかもしれません!

次の記事:メキシコの仮面はおもしろい!⑤ 仮面をかぶると何が起こるのか?