銀の街・タスコの職人が作る、繊細な銀細工

概要・特徴

「タスコの銀」が人気な理由

メキシコは、世界最大の銀の生産国として有名です。銀の採掘で栄えたタスコでも、たくさんの銀が掘り出され、国中から銀細工職人が集まってきました。

すでにタスコでは銀は取れなくなり、かつての賑わいもなくなりました。しかし現在でも、タスコは、「銀の街」と呼ばれ、メキシコで掘り出される銀の多くが、腕のいいタスコの職人によって加工されています。メキシコ人にとっても、「銀といえばタスコ」というほど名が知られています。

タスコの銀細工


(Public Domain Photo)

タスコには、様々な種類・形の銀細工があります。銀メッキのものは「アルパカ」と呼ばれ、純銀製のもの(925,950など)とは区別されています。

銀細工工房では、非常に細かく繊細な模様のペンダントトップやチェーンから、大ぶりな銀の食器まで、様々な銀製品が生産されています。

お土産物として人気なのは純銀のアクセサリー類です。タスコの街を歩くと銀のアクセサリー専門店をたくさん見つけることができます。さすが銀の生産国なだけあり、質が良く細工のクオリティーも高い銀細工がとても安く手に入ります。

既製品の買い物以外にも、壊れたチェーンなどを持参して直してもらったり、部品を交換してもらったり、持っている素材(石など)でオーダーメイドの銀製品を作ってもらうこともできます。

写真一覧

日本では1万円を超えることがほとんどのフレンチロール・チェーンも、タスコであれば2,000円ほどで購入できる。繊細な加工で、クオリティーも高い。

産地

エリア

タスコは、ゲレロ州にあります。

街名

Taxco de Alarcón(タスコ・デ・アラルコン)-通称「タスコ」

このアルテサニアに関する記事

なし