素焼きの芸術。メキシコの「アツォンパ村」の陶器が美しい!

メキシコのOaxaca(オアハカ州)、アツォンパ村で作られる素焼きは、まるで砂糖菓子の様な可愛いメキシコ雑貨です。

アツォンパ村の素焼きの概要・特徴

着色せず、土の色を活かしたタイプの素焼きです。

この素焼きが生産されているアツォンパ村では緑色の塗料が塗られたタイプの陶器も生産されており、そちらのタイプの陶器の方が有名で歴史があります。

しかしながら、こちらの素朴な素焼きも土産品として人気が高く、オアハカ市内やメキシコシティーでも見つけることができます。

形状は、花瓶、小物入れ、置物、鉢植え、アクセサリー(ペンダント、ピアスetc)と、様々です。

アツォンパ村の素焼きの写真一覧

素焼きの砂糖入れ。この入れ物自体が砂糖菓子っぽいですね。

細かい装飾のドレスが素晴らしい、陶器の置物。

かわいい鉢植えや、ツボなどもあります。

色付きのものもあります。何とも言えない表情と明るい色付けが魅力的な月の陶器です。

めずらしい、陶器のピアスもあります。花びら一枚一枚、葉っぱの葉脈まで細かく描かれている、ベラスコ氏による作品です。

アツォンパ村の素焼きの産地:オアハカ

村名:Santa María Atzompa(サンタ・マリア・アツォンパ)

このアルテサニアに関する記事