美食の地、オアハカで食べたい名物グルメ3つ&おすすめレストランを紹介。

最近は地震の話題が多かったのですが、無事活動を終え、帰国しました。支援に協力していただいたみなさん、本当にありがとうございましたm(_ _)m

これからはまた、メキシコの魅力を紹介する記事を書いていこうと思います♪

 

今回は、メキシコ・オアハカに来る人に、ぜひ食べてもらいたいオアハカ名物と、おすすめのレストランを紹介します!

オアハカは美食の地

オアハカは、メキシコでも有数の「美食の地」として知られています。

オアハカ州は、メキシコの中でも最も多様な気候や生態系を含んでいるうえに、さまざまな先住民文化が残っている伝統色の濃い地域です。

なので、各地方の様々な材料や調理方法、昔ながらの先住民の料理とスペインからの調理方法などが組み合わさり、多種多様な料理が生まれました。

「メキシコ料理はタコスだけ」と思っている人も多いのですが、実はオアハカ市内にはタコス屋台もほとんどありません。

オアハカで食べたいのはタコスよりも郷土料理。今回は、そんなオアハカの郷土料理含め、オアハカに来たらぜひ食べておきたい食べ物を紹介します!

オアハカで絶対に食べたいもの3つ

それでは、それぞれ紹介していきます!

1.モーレ料理

モーレとは、さまざまなスパイス、ナッツ類、野菜を複雑に調合して作ったソースのことです。

このモーレ・ソースを、鶏肉のローストなどにかけて食べるのがオアハカはじめメキシコ全土で主流の食べ方です。

有名なのは「モーレ・ネグロ(黒モーレ)」と呼ばれるチョコレートを使ったモーレですが、オアハカにはモーレネグロ以外にも沢山の種類のモーレがあります。

オアハカはモーレの聖地!

オアハカは、「七つのモーレの地」とも言われていてモーレが最も美味しいといわれているモーレの聖地です。

ちなみに”七つのモーレ”とは、「ネグロ(黒)」、「コロラド(色付き)」、「アマリージョ(黄)」、「ベルデ(緑)」、「チチロ」、「コロラディート(色付き)」、「マンチャ・マンテレス」のこと。(なぜか、あまり作られないものもありますが…。)

各家庭・各人それぞれに独自のレシピがあり、同じモーレでも食べる場所によって全然味が違います。

オアハカに来たからにはぜひいろんな種類のモーレに挑戦して、自分好みのモーレを探してみてください♪

それでは、オアハカでよく食べられる主なモーレ6種類の特徴について紹介します。

1.モーレ・ネグロ(黒モーレ)

最も有名な、チョコレートを沢山使った真っ黒なモーレです。メキシカンペッパーリーフが加えられている点も特徴。

味は甘みの強い甘辛系で、チョコレートの風味の強いバージョンの名古屋のみそだれのような味です。

材料の分量や作る工程によって味が大きく変化するので作るのが最も難しく、実力がモロに出ます。(まずいものは、まずい…^^;)

好き嫌いの分かれる味ですが、オアハカのモーレ・ネグロは総じて美味しいので、モーレ・ネグロを食べたい人はぜひオアハカで!

2.モーレ・ロホ(コロラド、コロラディート含む)(赤モーレ)

「日本人の口に合う」ということで人気なのが、「モーレ・ロホ(赤モーレ)」。

チョコレートも材料に入っていますが、モーレネグロほどではなくコクを出す程度。スパイス、ナッツ類、野菜のうまみがしっかり混ざりあい、複雑な味わいながらとても美味しいモーレです。

モーレ・ロホは、コロラドやコロラディートとほとんどレシピは同じ。どれも良く見るメジャーなモーレです。

3.モーレ・アマリージョ(黄モーレ)

モーレ・アマリージョは、その名の通り黄色味が強い見た目のモーレ。これも食べやすく、日本人の口に合います。

乾燥カスカベルという「黄チレ」という種類の唐辛子を用いて作られ、カレー風味のものも多いです。

さらにサフランや、マリーゴールドの花びらが使われていることもあります。

マリーゴールドの花びらが入ったものは、特に有名な「死者の日」のあたりになると作られます。

モーレは普通、鶏肉と合わせて出されますが、モーレ・アマリージョは牛肉ともとても良く合います!

4.モーレ・ベルデ(緑モーレ)

地域のフレッシュなハーブや、野菜もりだくさんで作るモーレ・ベルデは、野菜が材料の中心になるので他のモーレと比べて爽やかな味わいです。

かぼちゃの種と緑チリ(ほぼ辛みのないピーマンの様なものが主)たっぷりで作られ、緑色。酸味のきいたものも多く、他のモーレと比べて簡単&短時間でささっと作られます。

5.モーレ・デ・オジャ(鍋モーレ)

これは、メキシコ全土で作られているメキシコの郷土料理で、私も大好きなモーレです。

鍋で煮込んで作られ、他のモーレがペーストのような状態なのに対してこちらはスープの様な感じでサラサラしています。

たまねぎやにんにく、トマト、チリの旨みに加え、ゴロゴロ入った具も楽しむことができます。カットしたトウモロコシややわらかく煮込んだ牛肉が入っていることが多いです。

6.モーレ・アルメンドラ(アーモンド・モレ)

アーモンドのコクとまろやかな風味が特徴的なモーレ・アルマンドーラには、その名の通りたっぷりのアーモンドが使用されています。

オアハカのレストランでもたまに見かけます。モーレの中でも食べやすく、ナッツの風味とチリ、香辛料のうまみがほどよく混ざっていて、チキンによく合います。

2.オアハカチーズ

モーレに続く、二つ目の名物オアハカフードは「オアハカチーズ」。

オアハカチーズは繊維に沿ってさけるのが特徴で、「さけるチーズのよう」、「たんぱくな味わい」と言われています。

メキシコ全土で売られていますが、やはりオリジナルの産地であるオアハカのものは別格。

「ケシージョ」とも呼ばれていて、国民的ファストフード「ケッサディーヤ」にもよく使われています。生乳のミルキーな香りと塩味が程よく効いていて、とても美味しいです♪

そのままスナックにしても、温めて料理に使っても美味しい、万能チーズです。(温めると伸び~~るチーズに。)

だいたい、毛糸のようにぐるぐる巻きにしてビニール袋に入って売られています。

お店によって作り方が異なるので、生乳の風味が強いもの、塩味が強いもの、柔らかいもの・硬いものなど、様々。市場に行ってもたくさんのお店が出ているので、いろいろ試してお気に入りを探すのも楽しいです!

伝統料理にも使われているので、オアハカに来たらぜひぜひ食べてみてください。

3.トラジューダ

これは、一言で言えば「オアハカ流・ピザ」!

トウモロコシで作った生地をパリッとするまで炭火で焼き、その上にたっぷりの千切りぎゃべつ、さいたオアハカチーズ、フリーホーレス(豆)のペーストを乗せます。

そして、さらにお好みのお肉(焼いたあばら肉、干し肉など、さまざま)を乗せて、アツアツのチーズを伸ば~~しながら食べます。

これ、本当に絶品です!!そして、メキシコの他の地域でもたまに見かけますが、オアハカで食べるのがやっぱり一番おいしい。

お店によっては、チキンバージョン、ベジタリアンバージョン、珍味の「チャプリネス」というオアハカ名物の食用バッタを乗せたものなど、さまざまな種類があります。

ぜひ、炭火焼きをしている本格的な専門店で食べてください。

炭火の香ばしさと合いまり、さらに美味しくなります♪

オアハカでおすすめのレストラン4選

ここで、オアハカ料理を楽しむのにうってつけの、おすすめのレストランを紹介します!

1.高級感のある本格オアハカ料理なら「Casa Oaxaca」

「少し値段が張ってもいいから本格的なオアハカ料理を食べたい!」という人に一番おすすめなのが、「Casa Oaxaca(カサ・オアハカ)」。

オアハカの人に、「本物の美味しいオアハカ料理が食べたいんだけど…」と相談すると、よくここの名前が出てきます。

ここのモーレは最高レベル。


モーレベルデの料理:Yelpより

盛りつけも美しい!オアハカ料理とミックスさせたフュージョン料理もあります。

「高級」といっても、メキシコ物価なので、一人あたり3,000円ほどで大満足の食事ができます。


デザート:Yelpより

オアハカ名物のチョコレートを使ったデザートも人気です♪

住所:Constitucion 104-A Col. Centro Oaxaca

2.品のいいカジュアルなオアハカ料理を出す「La Olla」

Casa Oaxacaよりもカジュアルに、でもこだわられたオアハカ料理を楽しむことのできるのが、カジュアル・レストランの「La Olla(ラ・オジャ)」です。

外見もポップでカラフルな印象。オアハカ出身の壁画家による壁画も描いてあります。

ランチタイムには、200ペソ(約1200円)以下でドリンク、前菜、メイン、デザートが付いた超お得な日替わりランチメニューもあります。

もちろん、メニューから単品を頼むことも可能。ここのモーレもとても美味しいですよ。


モーレ・ロホの料理:Yelpより

何を食べても美味しいと評判で、こだわって選ばれた食材によって作られた、洗練されたオアハカ料理を楽しむことができます。

住所:Reforma 402, Col. Centro Oaxaca

3.お手軽に伝統料理を楽しめる「Comedor Chabelita」

ここは、オアハカ中心部にある食べ物&食堂市場「Mercado 20 de Noviembre(11月20日市場)」の中にあるお店で、超低価格でオアハカ料理を楽しむことができます。

地元の人にも大人気で、いつでも客が絶えないここComedor Chabelita(コメドール・チャベリータ)の名物は、モーレとトラジューダ。

ここのトラジューダは、具が盛りだくさんで食べ応え満点なうえ、とても美味しいです!

一番のおすすめは、「Trayuda Vegetariana(トラジューダ・ベヘタリアーナ)」。

ベジタリアン向けのトラジューダなので、肉の代わりに大量のマッシュルーム、かぼちゃの花(オアハカ名物!)、アボカドがたっぷり乗っています。

しかも、このボリュームで50ペソというお手軽さ!

住所:Miguel Cabrera 120(Local:97,98,99), Col. Centro Oaxaca

4.トラジューダが美味しい「Tlayudas El Negro」

ここは、わたしがオアハカに行くたびに絶対に行く、絶品トラジューダの専門店です!

オアハカ市民全員が知っているほど有名なトラジューダの名店で、入り口では炭火焼き隊が待機しています。

注文してから生地を炭火であぶり、肉を焼いてアツアツのトラジューダを折りたたんだ状態で出してくれます。オアハカ・チーズもたっぷりで、一人前でも食べきれなくなるくらいの巨大さ。

夜はいつも地元民でにぎわっていて、9時からはライブ・ミュージックもあります。オアハカに行く人は、ぜひここで絶品トラジューダを食べてきてください!!

ちなみに、おすすめは「Costilla(コスティージャ)=ジューシーなあばら肉」のトラジューダです。(写真はTasajo(干し肉)のトラジューダ。)

住所:Vicente Guerrero 1029, Col. Centro Oaxaca

オアハカは美食の地(まとめ)

せっかくメキシコNo.1の美食の地・オアハカに来たからには、「最高の食」を体験していってほしいです!

星の数ほどあるオアハカ料理の中でも、今回紹介した3つ、

  1. モーレ
  2. オアハカチーズ
  3. トラジューダ

には、ぜひ!挑戦してきてください。

どれも、材料入手困難&作り方が難しいため、日本のメキシコ料理屋に行っても食べることのできない「本物のメキシコ郷土料理」です。

そして、メキシコの他の地域でもおいしいものを見つけるのは難しい…。=オアハカでしか食べられないものです。

わたし(筆者)もたまに、「あそこのトラジューダを食べるために、オアハカに帰りたい…」と思うこともあるほど。

また、オアハカチーズにしても、日本で売られている「さけるチーズ」とは全く違うレベルの、できたてチーズならではの風味の良さ・フレッシュさには、感動するはず。

ぜひ、美食の地・オアハカを全力で楽しんできてください♪

オアハカは「珍味の地」?

オアハカは、美食の地であり、さらに「珍味の地」でもあります。

というのも、オアハカが美食の地といわれるのは食にいろんなバラエティーがあるからであって、やはりそこには「珍味」も含まれているからです。

その珍味については、こちらの記事挑戦してみる?メキシコの信じられない「変な食べ物」6選で紹介していますので、勇気のある人はオアハカの珍味にもぜひ挑戦してみてください^^(さっき少し紹介した食用バッタ(チャプリネス)も、珍味のひとつです!)