メキシコのオアハカでは、手仕事の一村一品運動が盛ん!

メキシコのオアハカ州は、「一村一品運動」が盛んなアルテサニア(民芸品)の宝庫。村では、沢山の職人の作品の中から、お気に入りを探すことができます。

村の名産品を知り、少し足を延ばして買い物を楽しみましょう♪

「一村一品運動」とは?

「一村一品運動」は、ある地域を、「○○といえば、ココ!」というように、なにかひとつの製品の名産地にすることを目的とした、地域を活性化するための運動です。

日本の大分県で始まった運動ですが、遠く離れたメキシコのオアハカ州でも同じアイデアの地域振興運動が取り組まれています。

オアハカではモノ作り分野での一村一品運動が盛ん

日本では、基本的に食べ物(ブランド牛、果物など)が主な一村一品運動の目玉製品ですが、ここオアハカでは「アルテサニア」と呼ばれるメキシコの民芸品が名物として推されています。

たとえば、「コヨテペック村=黒い陶器の村」、「アツォンパ村=焼きものの村」など、ひとつの村がある分野の民芸品に特化していて、各村には専門の職人さんがたくさん住んでいるのです。

オアハカで村巡りをしてみよう!

一村一品運動は、オアハカにある多くの村で行われています。

だからこそ、オアハカに来た人にぜひおすすめしたいのが「オアハカの村めぐり」!

オアハカシティーから日帰りで訪れることができる村を巡り、様々な職人による手作りのアルテサニア(民芸品)の中からお気に入りの一品を見つけに行く!という、買い物好きや、かわいいもの・雑貨好きは絶対に楽しいアクティビティーです。

オアハカの一村一品が盛んな村6選

オアハカシティーから日帰りで行ける村の中から、一村一品運動が特に盛んな村を6か所紹介します。

オアハカシティーで時間に余裕がある人は、ぜひ少し足を延ばして行ってみてください!

木彫り部門

1.San Antonio Arrazola(アラソラ村)

アラソラ村では、オアハカの誇るカラフルな動物の木彫り「アレブリヘ」が作られます。

アレブリヘは、メキシコを代表する大人気のアルテサニア(民芸品)です。村のメインストリートには、アレブリヘの専門店がずらっと並んでいます。

2.San Martín Tilcajete(ティルカヘテ村)

ティルカヘテ村でも、アラソラ村と同じように木彫りのアレブリヘの生産が活発です。

アラソラ村よりも規模が大きく、たくさんの職人が家族ぐるみでアレブリヘを作っています。

お店の裏に工房があるところが多く、アレブリヘを作っている工程も気軽に見ることができます!

オアハカの村へ、メキシコが誇る手仕事「アレブリヘ」を見に行こう!

陶器部門

3.San Bartolo Coyotepec(コヨテペク村)

コヨテペク村では、真っ黒に輝く陶器「バロネグロ」が生産されています。

この村の近くでとれる土を特別な方法で焼き、磨くことで、黒光りする美しい焼きものが生まれました。

村には、何十件ものバロネグロ専門店が連なっています。

検索 真っ黒に輝く陶器「バロ・ネグロ」:オコトラン村

4.Santa María Atzompa(アツォンパ村)

アツォンパ村では、かつては緑色の陶器が作られていたのですが、その生産は縮小し、現在は素焼きの村として知られています。

土の色味を活かした、素朴で美しい焼きものが作られます。

土の色を活かしたデザインが美しい、素焼き:アツォンパ村

刺繍・織物部門

5.San Antonino Castillo Velasco(サン・アントニーノ村)

サンアントニーノ村では、花の刺繍がぎっしり入った美しい伝統衣装が作られています。

ここの村の花刺繍のデザインは、特に女性の間で人気があり、海外でも高く評価されているアルテサニアです。

また、サンアントニーノ村からほど近い「San Juan Chilateca(チラテカ村)」でも、花の刺繍をほどこしたよく似た伝統衣装が作られています。

サンアントニーノ村のパンジー刺繍の伝統衣装

6.Teotitlán del Valle(テオティトラン村)

テオティトラン村では、羊毛のラグ「タペテ」が作られています。

羊毛を紡ぐところからはじまり、自然染料で染め、織り機で織るところまで、すべて人の手で丁寧に作られます。

また、この村ではタペテだけでなく鮮やかな装飾ロウソクも生産されています。


以上、オアハカの一村一品運動についてでした。

それぞれの村の名産について調べてから行けば、メキシコの村巡りも楽しくなりますよ♪