わたしがメキシコにハマったきっかけ① ドラえもんの世界が実在した…!

わたしが、メキシコにハマった最初のきっかけは、ドラえもんの映画でした。

小さいころ見ていたドラえもんが、自分の人生にこんなにも多大な影響を与えることになるとは。

ドラえもんに出てきた「世界」

わたし(筆者)は小さいころ、VHSビデオ(懐かしい…)で毎日のようにドラえもんを見ていました。

夜はサンタさんにもらったドラえもんのぬいぐるみと眠り、将来の夢はドラえもん。

三度の飯よりドラえもん。

とにかくドラえもんが大好きでした!

特に、劇場版のドラえもんは外国をテーマにしたストーリーもあり、小さいころのわたしにとってドラえもんに出てくる場所はいつも、「本当に存在するのかもしれないワクワクする世界」でした。

わたしが一番好きだったドラえもんの映画

わたしがその中で一番好きだったのが、「劇場版ドラえもん のび太の太陽王伝説」という長編の物語でした。

当時は知らなかったのですが、この話は昔のメキシコが舞台でした。

ウィキペディアにもこんな記述が。

「太陽の国」と呼ばれる古代文明の王国。作中の描写を見る限りアステカ文明、マヤ文明などをモチーフにしている可能性があり、漫画版ではドラえもんやスネ夫もそのことについて言及している。

Wikipedia:ドラえもん のび太の太陽王伝説(2017年5月12日閲覧)

ちなみに、これが、予告編です。

具体的に、いつ、どこなのかは言及されていないようですがこの話の舞台は確実にメキシコです。

「太陽の国」に憧れた時期

しかし当然、幼いわたしは「太陽の国」が、メキシコをモデルにしているとはまったく気づきませんでした。

というかたぶん、「メキシコ」という国の存在すら知らなかったと思います。

当時のわたしにとって、海外はすべて「アメリカ or 中国」の二択でしたから…。

映画を見るたび、

「太陽の国はカッコいいなあ。面白いなあ。いいなあ、ドラえもんたちはあんな面白いところに行けて。」

と思っていました。

本物の「太陽の国」との出会い

はじめてのメキシコ

メキシコがあの「太陽の国」のモデルだとは知らぬまま、わたしは20歳の時初めてメキシコを訪れます。

メキシコのことはなにひとつわからなかったので、とりあえず首都・メキシコシティーに到着してから、インターネットで見どころを探していました。

すると、「国立人類学博物館」というところが、人気ナンバーワンの見どころだということがわかりました。

見どころのたくさんある巨大な街で、「博物館」が1位なのは珍しかったので、「どんなにすごい博物館なんだろう」とワクワクしながら出かけました。

国立人類学博物館にいたそいつら

国立人類学博物館に入って、巨大な館内をウロウロしていたところ、

衝撃的なものを見つけました。

なんと、ドラえもん映画の中で登場した石像と、まったく同じものが展示されていたのです!

わたしの頭の中で、忘れかけていた「ドラえもん のび太の太陽王伝説」が一気によみがえりました。

さらに…

映画のラストシーンに登場した、「生贄の儀式」に使われた石台も見つけました!!

 

わたしにとって、この石像たちとの出会いは革命的なできごとでした。

ドラえもんで見た「太陽の国」が、あの、ずっと行きたかった場所が、本当に実在していたことがわかったのです!

…というか、いままさに自分がそこにいることが!

「太陽の国」=メキシコ!

博物館の目玉は「アステカカレンダー」という巨大な石板で、他にも素晴らしい展示品がたくさんありました。

しかし、わたしにとっては発見した2体の石像の方が100倍輝いて見えました。

博物館から帰ってから、わたしはドラえもんの映画を見なおしました。

そして、やっぱり「太陽の国」はメキシコだと確信しました!

メキシコへの愛が自分の中で勝手に倍、いや10倍になりました。

さらには、メキシコに関するありとあらゆるものがまるで、昔からよく知っている幼馴染のように感じられました。

メキシコを好きになったきっかけは、ドラえもん

というわけで、まずこれが、わたしがメキシコを好きになった最初の「きっかけ」でした。

とくに、「メキシコの何かに感動した」わけではないんです。

ドラえもんの影響で、自分の中で勝手にメキシコが特別な場所になりました。

…でも、そういうことってありますよね。

「映画の舞台になった街」とか、「好きな漫画・アニメのキャラクターの出身地」とか、そういうところって、実際に行ったことがなくても自分の中で「知っている場所」、「特別な場所」になります。

やっぱり、「きっかけ」ってとても大切です!

「きっかけ」をつくる

それにしても、アニメや漫画、映画などの影響力って大きいなあと思います。

「メキシコの魅力を知ってほしい!」と思いながらわたしもこの記事を書いているけど、

まずは「知りたい」と思ってもらうことが一番大切で、そのきっかけは、もしかしたら全然違うところに転がっているのかもしれないなあ、と思うのです。

わたしも、すでに「知りたい」人に知ってもらうための記事だけでなく、知りたいと思う「きっかけ」も作りだせるようになりたいな、と思います!

「きっかけ」からその先

わたしの場合、ドラえもんをきっかけに、当時メキシコへの愛が1だったのが10になりました。

そして今は、100くらいあります!

もちろん、きっかけはドラえもんでしたが、知れば知るほどメキシコは面白く、大好きな国になりました。ドラえもん抜きに。(笑)

そんなわけで、また今度は「太陽の国」としてのメキシコではなく、「メキシコ」という国の魅力にハマり始めたときの話をしようと思います!