虹を凝縮したようにカラフル!ウイチョール族のビーズアート

メキシコの中で「最もカラフルなアルテサニア(民芸品・民族アート)」と言われているのが、ウイチョール族のビーズアート。

幻覚で生み出される独特なデザインが大人気です。

ウイチョール族とは

ウイチョール族は、ナヤリット州、ハリスコ州、サカテカス州、ドゥランゴ州に住んでいるメキシコ先住民です。

彼らは、主に「Sierra Madre Occidental(直訳:西部母山)」という、メキシコ西部と米国南西部を覆う山にある村々に住んでいます。

ウイチョール族は、自分たちのことを「Wixáritari(ウィラリタリ)」(ウイチョールの言葉で「人々」という意味)と呼びます。

メキシコに住む中では、自分たちの伝統的な暮らしと文化を守って暮らしている、数少ない先住民族のひとつです。

ウイチョール族のビーズアート

虹を凝縮したようなカラフルさ

ウイチョール族によるビーズアートは、とにかくカラフルです。

さまざまな色のビーズを使用し、動物や人間、太陽などのモチーフや、幾何学模様を描きます。

色の組み合わせ方も、ただ無鉄砲な色使いではなくどこかセンスを感じる様なもの。人々の目を惹くアートです。

ビーズアートの種類

ウイチョール族のビーズアートには、さまざまな形のものがあります。

しかし、やはりビーズが取れてしまったりするので、置物や装飾品が多く、実用性のあるものは少ないです。

実用的な物としては、ペン立て、写真立て、小物入れなどがあります。

ウイチョール族のビーズへのこだわり

メキシコでビーズを使ったアートが制作される際には、ほとんどの場合、中国産の安いビーズが使われています。

しかし、ウイチョール族のアートには、特別なビーズが使われています。

ウイチョール族の作るビーズアートは、ビーズの大きさや厚み・穴の大きさが全て均一でなければならないので、「より質がいい」とされるチェコ産のビーズが使用されます。

デザインの変化

かつては、ウイチョール族のアートには木の実や動物の骨が材料として使われていたのですが、100年ほど前からチェコ産のビーズが使われるようになり、彼らのアートは一気にカラフルになりました。

数十年前は、控えめにビーズが貼り付けられたもっとシンプルなものだったのですが、
現在は、全体にビーズがびっしりと貼り付けられた派手なものが主流です。

「ペヨーテ」からデザインのインスピレーションを得る

ウイチョール族は、儀式の際に「ペヨーテ」という幻覚作用のあるサボテンを摂取します。

ペヨーテは彼らが「神」として崇める対象でもあり、アートのデザインにもよく出てきます。

ペヨーテは目に強く作用し、すべてのものがより色鮮やかに見えるといいます。さらに、大量摂取によってトリップ状態になると、様々な幻覚を見ます。

ウイチョール族の人々は、ペヨーテを見たときに見た幻覚を自分たちのアートで表現しているのだそうです。

上の作品の、中心の緑色の部分がペヨーテです。

ウイチョール族のビーズアートの産地

エリア:西部

ウイチョール族のビーズアートは、ウイチョール族の住んでいる土地であれば、どこでも見つけることができます。

かつては山にこもっていることが多かったウイチョール族ですが、最近は自分たちのアートを売り安定した収入を得るため、メキシコシティーなどの都市に出てくる人も多くなっています。

メキシコシティーでウイチョール族のビーズアートを見たい人は、シウダデラ市場がおすすめです。
メキシコらしいお土産探しならシウダデラ市場!魅力と行き方も紹介

 

ウイチョール族のアートに関するほかの記事

目がおかしくなる?!ウイチョール族の毛糸アートNiérikaの世界