カンクン現地オプショナルツアーのおすすめを正直に紹介。

今まで、カンクンには5,6回行ったことがあります。そのたびに誘われるがまま、いろんな現地アクティビティーを経験してきました。

定番のウォータースポーツ、最近話題のピンクラグーン、セノーテでの洞窟ダイビングetc…。

その中でも、個人的に特に楽しかった本当におすすめのオプショナルツアーと、「別にツアーで行く必要なかったかも…」な非おすすめツアーも両方正直に、紹介します!

おすすめの現地オプショナルツアー

わたしが個人的におすすめなスポットの中でも、ツアーに参加して行った方が楽だと思うオプショナルツアーを6つ紹介します。

1.ピンクラグーンのツアー

ここ「ピンクラグーン」は、最近インスタグラムを通して爆発的に人気になり、2016年から突然有名になり始めた超・絶景スポットです。(※ピンクレイク、と呼ばれることもありますが正しくはピンクラグーンです。)

私も、2016年に行ってきました!実際に行くまで、写真を見ても「どうせフォトショップ」と疑いまくっていたのですが(笑)、行ってみてびっくり。本当に信じられないくらい美しいピンク色の湖です。

ココ、個人的に行こうとすると本当にとても大変だったので、「できるかぎり安く抑えたい!」というバックパッカーでない限り、オプショナルツアーに参加するのが賢明です。

いつか、需要が増えて観光用公共バスも出るかもしれませんが…。現時点では、スペイン語力orかなりのガッツがないと自力で辿りつくのは困難です。

ピンクラグーンのある「ラス・コロラダス」という漁村は、まだまだ観光客にはあまり知られていません。「秘境」的スポットなので、現地の人も観光客慣れしてスレていなくて素朴でとっても優しいです。カンクンでは決して見ることのできないメキシコの一面を見られると思いますよ^^

自力で行く!という人はこちらの記事を参考にどうぞ。

せっかくピンクラグーンに行くなら、次に紹介するチチェン・イッツァ遺跡やセノーテと組み合わせたツアーに行くのがおすすめです。
探した結果、一番コスパが良さそうなのがこれ⇒ピンクラグーン、チチェン・イッツァ遺跡、セノーテに行くツアー
icon

これらの観光地は同じ方向(カンクンよりかなり北)で、カンクンのホテルゾーンからはかなり距離があるので、まとめて訪れるのが楽ちんです!

2.チチェン・イッツァ遺跡とセノーテ観光ツアー

チチェン・イッツァ遺跡は、マヤ文明の中で最も重要な遺跡で、遺跡天国のメキシコの中でも最も訪れるべき遺跡3本指に入ります。

チチェン・イッツァ遺跡では、マヤ文明の時代に「頂上で生贄の儀式が行われていた」といわれる巨大ピラミッドを見ることができます。

 

また、「セノーテ(泉)」はマヤ文明の中でとても重要な役割を果たしていました。同遺跡エリア内にある「Cenote sagrado (聖なるセノーテ)」では、実際に生贄にされた人の骨や当時の装飾品が見つかっています。(生贄に使われていたのはごく一部のセノーテです。)

このツアーに含まれるもう一個所の「セノーテ」は、チチェン・イッツァ遺跡周辺(カンクンからかなり北方向)にあるセノーテなので、普通はなかなか行きにくい秘境的セノーテです。(ユカタン半島には合計数千か所のセノーテがあります。)


(↑)バジャドリッドのセノーテ。ほかにも候補があります。

1と2で紹介したスポット(ピンクラグーン、チチェン・イッツァ遺跡、セノーテ)すべてに行けるのが、VELTRAという旅行会社が催行している丸一日のツアーでした。マヤの歴史を感じつつ、ユカタン半島の大自然も満喫できるので、カンクン周辺では一番おすすめのオプショナルツアーです。

さっきピンクラグーンでおすすめしてたツアーと同じものですが、リンク張っておきます。⇒ピンクラグーン&チチェン・イッツァ遺跡&セノーテに行くツアー
icon

250ドル越えと高価ですが、一日で行きにくい場所を一気に効率的に回ってくれるので、私もいつか母をカンクンに連れてくるときはこのツアーに参加しようと思っています。毎週日、月、水、金に催行されているようです。

写真を撮るのが好きな人にとっても、ユカタン半島らしい見どころや写真映えする場所ばかりなので楽しめると思いますよ^^

3.ジャングルツアースピードボート運転&シュノ-ケリング

これは、あまり注目されていない穴場ツアーなのですが、個人的にかなりおすすめ

実はカンクンのビーチエリアは、マングローブが密生したラグーンのジャングルと繋がっています。ビーチだけじゃなく、豊かな自然もユカタン半島の見どころなんです。

このツアーでは、ラグーンのマングローブジャングルの中を探検したり、青く美しいカリブ海を思いっきりスピードボートで走ることができます!

日本では船の免許がないとスピードボートは原則運転できないので、海外限定のマリンスポーツです。といっても、操作はとっても簡単。カンクン以外だと、タイのピピ島なんかが有名みたいですね。隠れ人気のアクティビティーで、リピーターも多いです。

そして、スピードボートを運転して、普通の観光客が決して見ることのできないマングローブジャングルや、全然人のいない最高のシュノーケルポイントに連れていってくれるのもポイント。

ボートの爽快感、迷路のようなマングローブのワクワク感、カリブ海の海中の美しさを一気に堪能できる、隠れたおすすめツアーです!

スピードボート&シュノーケルツアーの現在のツアー価格を見る
icon

しかも、ほかのオプショナルツアーと比べると値段も安いので気軽に楽しむことができます。だいたい一人あたり85ドルほど。

これ、本当に楽しかったです!ターコイズブルーの透き通る海を船で疾走している時は、「カリブ海」を全身で感じられました^^

4.コスメル島のダイビングツアー

カンクンからほど近い場所にある「コスメル島」は、メキシコで最も大きい島で、世界3本指に入るほどの超有名ダイビングスポットでもあります。

世界中のダイバーが、「一生に一度は潜ってみたい」と憧れるコスメル島。グアムやハワイでの体験ダイビングの経験がある人も、ここで潜れば「これが世界レベルの海か!!」と度肝を抜かれること間違いなし。

海はどこまでも青く、魚影も濃く、透明度も抜群!

他の場所では見られない固有種の宝庫でもあるので、お魚好きの人も楽しめます。カメもいっぱいいます。体験ダイビングのスポットは、浅瀬が多いので安全&美しいサンゴ礁と南国のお魚たちを見ることができます。

(↑)こんな感じで実はビーチも美しいです。

というわけで、ここコスメル島でのダイビングは本当におすすめです。こんなに透明度の高い海は、世界を見渡してもなかなかないので、ダイバーにとっても、初心者にとっても、大満足のダイビング体験になると思います^^

コスメル島でのダイビングを催行しているショップはカンクンに沢山あるので、英語の得意な人は自分で探すこともできます。日本語希望の人はオプショナルツアーで行くのが楽で安心かと思います。

ダイビング初心者の人は、こちら(↓)

体験ダイビング1回分のツアーの値段を見る
icon

ダイビング・ライセンスを持っている人は、こちら(↓)

ファン・ダイビング2回分のツアーの値段を見る
icon

どちらも同じ値段で、送迎、ダイビング機材のレンタル、食事など込みです。

5.セノーテのダイビングorシュノーケリングツアー

コスメルでのダイビングに引き続き、セノーテ洞窟でのダイビングやシュノーケリングも、本当におすすめです!せっかくカンクンまで来たら、ぜひ足を延ばしてユカタン半島が数千年かけて生み出した自然を訪れてみてください。


(↑)セノーテの「青のカーテン」のような光

ダイビングやシュノーケリング目的のツアーで行くセノーテは、基本的にチチェン・イッツァ遺跡方面とは逆側(カンクンから南方面)にあるポイントです。なので、チチェン・イッツァ遺跡などのツアーと2日間ツアーを組み合わせても楽しめると思います。

ツアーに組み込まれた様々なセノーテの中でも、「Dos Ojos(ドス・オホス)」と呼ばれる大きな洞窟が繋がっているセノーテは一番おすすめなので、ここが組みこまれたセノーテツアーを選ぶといいです。ここでは、光のカーテンだけでなく、視界いっぱいに広がる鍾乳洞や、洞窟の深部まで冒険できます!

ダイビングはオープンウォーター免許がないと潜れないのですが、シュノーケルは誰でもできます。シュノーケルでも十分光のカーテンの美しい世界を満喫できるので、シュノーケルがおすすめです^^

一番おすすめのDos Ojosと、カンクン周辺で最も大きい洞窟Gran Cenoteという2か所のセノーテが組みこまれたツアーはこちら。

セノーテ2か所シュノーケルツアーの価格を見る
icon

セノーテで見られる絶景は、他の場所では世界中探してものどこにも見つからない、ユカタン半島が作りだした独特なもの。

個人的に、カンクン周辺で一番好きな観光スポットなので、余裕のある人はぜひ行ってみてください^^

おまけ①ウエディングフォト・セッション

これは新婚旅行の人限定になるのですが、カンクンに来たらぜひやってみたいのが「ウエディング・フォトセッション」!

世界最高レベルに美しい真っ青なカリブ海ビーチの前でプロカメラマンに撮ってもらう、という贅沢。新婚でなくても、夫婦で撮る人もいますよ^^

ビーチでの撮影は白砂や雲の影響を受け光の加減が難しいので、プロに撮ってもらえば安心。衣装も貸し出してくれるので、新婚旅行でカンクンを訪れるというカップルは、ぜひ^^

調べたところ、日本語対応でもっともお得なのはここのツアーみたいです。(リンク先から写真も見られます。)

ウェディングフォトの価格を見る
icon

現時点では、自分たちで衣装持ち込みであれば750ドル、カジュアルウェディングドレスのレンタルで850ドルです。それにしても、本当にきれいな写真ですよね。

また、日本人女性カメラマンのAki Demiさんが二人の良さを引きだしてくれる、カンクンのビーチ前での写真撮影も、同じくらいの値段でお願いできるみたいです。

Aki Demiさんによるウェディングフォトの価格を見る
icon

そして、カンクンビーチよりもさらに美しいビーチのある落ち着いた離島「イスラ・ムヘーレス」での撮影も、カンクンよりも高価になりますが頼むことができます。

イスラムヘーレスでのウェディングフォトの価格を見る
icon

もし、予算に余裕があれば、イスラムヘーレスでの撮影が一番おすすめです!本当に美しいカリブビーチの、素敵な島ですよ~。ターコイズブルーが一層濃いんです。 このツアーでは、メキシコ人のプロカメラマン撮影に、日本人アシスタントが同行してくれるようです。

カリブ海とウェディングドレスは本当に合います。きっと、二人に撮って最高のウェディングフォトが撮れると思います^^

おまけ②セノーテで芸術的な水中写真を撮ってもらう

これはわたしもお金に余裕があればぜひとも参加したい!!とてもユニークなツアーです。

透明度100mを超えるといわれる奇跡の泉セノーテでしかできない体験「水中フォト」。本当に幻想的で素敵な写真を撮ってもらえます。

参考までに、こんな写真が撮ってもらえるそうです。


VELTRAオプショナルツアーサイトより

セノーテ水中フォトセッションの予約
icon

リンク先からさらにたくさんの水中写真を見ることができます。このツアーの価格は、、まさかの1,200ドル(12万円越え)。それでも、その価値は十分あると思います。

わたしが今ひそかに、一番注目しているオプショナルツアーでもあります^^

ちなみに、衣装の貸し出しは、基本的にウェディングドレスで撮影してくれるようです。贅沢な女子会や、ハネムーンで特別な体験がしたい人、もしくはサプライズにいかがでしょうか^^

非・おすすめな現地オプショナルツアー

さて、ここからは「カンクンの非・おすすめなオプショナルツアー」を正直に告白します。

ここで紹介する場所は、「見る価値がない」というわけでは決してなく、素晴らしいスポットだけどコスパを考えるとわざわざツアーで行く必要はない、という場所です。

まだオプショナル・ツアーの予約をしていない人は、これらのツアーは避けておくといいと思います。自力で行く方法や、より良い選択肢も紹介しますね。

1.トゥルム遺跡ツアー

トゥルム遺跡の特徴は、「美しい海と遺跡が両方見られる」という点です。

そんな場所は世界を見渡しても例がなく、トゥルム遺跡自体は本当に素晴らしい観光スポットなんです。…が。これにツアーで行く必要はない!

直通のバスがたくさん出ているので、それで行けばいいと思います。

さらにもったいないのが、ツアーだとトゥルム遺跡の隣にある「パライソ・ビーチ」に寄る時間がない、という点です。パライソ・ビーチとは、こちらの記事カンクン周辺で最も美しい「パライソビーチ」に行ってみよう!でも紹介している通り、トリップアドバイザーという旅行サイトでも「メキシコで最も美しいビーチ」にも選ばれた、カンクン周辺で最高のビーチです。

せっかくトゥルム遺跡まで行くなら、そのビーチに寄っていくべき!

ツアーでは、絶対に寄らせてくれないので、ぜトゥルム遺跡へは個人で行き、ついでに寄ってきてください。(パライソビーチまでは、トゥルム遺跡から歩いてすぐです。)

2.イスラ・ムヘーレスのツアー

イスラ・ムヘーレス(ムヘーレス島)も、基本的にはツアーを利用せず個人で行った方がいいと思います。

ツアーで行くと、1万円以上かかるところ、個人で行けばたったの1,000円以下で行けます。

しかも、イスラムヘーレスのメインアクティビティーは、ただただビーチでだらだらすること。だらだらするのにガイドはいらない…。ほかの見どころも、自力でササッと行くことができますよ。

見どころとフェリーの乗り方については、こちらの記事(↓)で詳しく紹介しているので、イスラムヘーレス行きを考えている人はぜひ参考にしてください^^

3.ドルフィン・スウィム

ドルフィンスウィム=イルカと一緒に泳げるアクティビティー。

一見「ザ・南国アクティビティー」な響きにときめきますが、これは…正直、特にカンクンでやる意味がないと思います^^;

世界的に見れば、「イルカと泳げる場所」としては日本の御蔵島の方が圧倒的に有名です!日本ではあまり知名度ありませんが…「野生のイルカと泳げる奇跡の島」として、世界中のイルカ好きにとって垂涎スポットです。

日本でより高クオリティーでできることを、わざわざ遠いカンクンにまで来て(しかも高いお金を払って)やる必要はないと思います。

4.グランセノーテのシュノーケリングツアー(午後)

グランセノーテは、セノーテの中でも最大の洞窟で、観光客にも大人気のスポットなのですが、観光客が来すぎて、水がすぐに濁ると有名なポイントでもあります^^;

by dronepicr CC BY 2.0

セノーテは、水の透明度が命。透明度がないと、有名な「青い光のカーテン」も見ることができません。

もし、「グランセノーテのシュノーケリングツアー(午後)」に参加してしまった日には、「観光客居すぎだし、水が濁ってて全然楽しめなかった」なんて残念なことになる可能性も(-_-;)

グランセノーテには、絶対早朝行くのに限ります!!というわけで、最高の状態のグランセノーテにツアーで行きたい人は、必ず「早朝に行く」ことが明記されているツアーを選ぶようにしましょう!

観光客が到着するのは9~11時頃なので、できれば8時~9時までには到着しておきたいところ。

早朝の、観光客が到着する前のグランセノーテは、とても神秘的な雰囲気で、泉の透明度と光のカーテンもバッチリ楽しめます^^

こちら(↓)のツアーは、ツアー名が『グランセノーテシュノーケリング半日観光ツアー 朝一番でセノーテを独り占め!』なので、必ず早朝のグランセノーテに連れていってくれます。

早朝グランセノーテツアーの予約先
icon

5.シルク・ドゥ・ソレイユ「JOYA」(ホヤ)

これも、素晴らしいショーなのですが、せっかくカンクンで夜をすごすのならば、違う楽しみ方もあります。

たとえば、

  • 超有名クラブ「ココ・ボンゴ」でナイトライフを楽しむ
  • 船上でサンセット&ディナークルーズ
  • 夜のビーチでのんびり
  • ライトアップされたオーシャンフロント・プールバーでのんびり
  • 最高の星空を見に、トゥルムへ

など…。

より「カンクンでしか味わえない」「カンクンらしい」アクティビティーが沢山ある中で、わざわざカンクンでシルク・ドゥ・ソレイユを見る必要はないかな?と思います。

ただし、「もうカンクンは見尽くした」というカンクン・マスターにとっては、良い選択肢だと思います^^

カンクン現地ツアー:おすすめ&非おすすめまとめ

おすすめ一覧

  1. ピンクラグーンのツアー
  2. チチェン・イッツァ遺跡とセノーテ観光ツアー
  3. ジャングルツアースピードボート運転&シュノ-ケリング
  4. コスメル島のダイビングツアー
  5. セノーテのダイビングorシュノーケリングツアー
  6. おまけ①ウエディングフォト・セッション
  7. おまけ②セノーテで芸術的な水中写真を撮ってもらう

非おすすめ一覧

  1. トゥルム遺跡ツアー
  2. イスラ・ムヘーレスのツアー
  3. ドルフィン・スウィム
  4. グランセノーテのシュノーケリングツアー(午後)
  5. シルク・ドゥ・ソレイユ「JOYA」(ホヤ)

以上、カンクンからの現地オプショナルツアーのおすすめと非おすすめを正直に紹介する記事でした。

これから行くみなさんが、カンクンをより一層楽しめますように!